こんにちは、ヴァンダーです。

自分はタイに住んでいるわけではありませんが、非居住者用口座をバンコク銀行に持っています。レートのいいときに預金をして、日本円が弱くなったら、口座からバーツで引き出して利用できればと思ったからです。それと、海外で銀行口座を持つということに興味をもったこともあります。

IMG_20180413_143708



口座を開くにあったって自宅住所として登録したのはタイ人の友人の自宅住所。バンコク郊外に一戸建ての家を買ったのでずっとそこに住むんだろうと思っていたら、なんとタイ北部のチェンライに引っ越してしまいました。バンコクの家は、庭にウッドデッキを作ったり、いろいろ手をかけていたのに、あっさりと売って、引越ししたのにはびっくり。

そこで困ったのが自分がバンコク銀行に登録している住所をどうするかということ。友人に相談したら「チェンライの住所に変えればいいよ」とのこと。非居住者用の口座なのに、チェンライに変えられるのか、という疑問もありましたが、ひとまずバンコク銀行の本店に行ってみることにしました。非居住者用口座は特殊なので本店のジャパンデスクに行かないといけないのです。

201904 BKK (19)



バンコク銀行本店のジャパンデスクで番号カードを取って呼ばれるのを待つこと約5分。カウンターでは日本語が話せるタイ人男性スタッフが対応してくれた。

201904 BKK (17)

201904 BKK (18)



事情を話すと住所の変更手続きはできるとのこと。パスポートと通帳、デビットカードを出して、口座とデビットカードの両方の変更手続きが必要なため書類を2枚書いて提出。どうやら書き方が間違っていた部分があったようで、訂正するように指示されて、言われるがまま書類に記入してサイン。

パスポートのコピーや書類のコピーなどを取って、マネージャーらしき人のチェックも受けて手続き完了。ダメもとでネットバンキングが使えないか聞いてみたところ、非居住者口座ではやはりダメだと言われてしまいました。

デビットカードはICチップのない古いタイプなのですが、特段変更するようには言われませんでした。たしか政府からはICチップ付きのカードに置き換えるように通達が出されているはずですが、このままでいいようです。ICチップ付きにすると国際ブランドが現在のVisaから銀聯に変わってしまうので、今のままの方が自分にとっては都合がいいのです。

少しばかりキャッシングをして口座に預金、記帳をして銀行をあとにしました。

現在は非居住者用口座は旅行者は開設できなくなったというネットの情報もありますが、既存口座保有者の自分には特に何もスタッフからは言われませんでした。ただ、法律が厳しくなれば、口座を維持できなくなる可能性もありそうなので、情報はチェックしておく必要がありそうです。


■■■関連記事■■■






↓100以上の世界主要予約サイトの料金を一括比較! 最安値を簡単検索! ※会員登録なしでも利用可能




↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村