recruit_card




こんにちは、ヴァンダーです。

QUICPay



2019年 8月 16 日(金)〜 2019年 12月 15 日(日)の期間、JCB社では「JCBでスマホ決済!全員に20%キャッシュバックキャンペーン!」を実施中です。キャンペーンにエントリーしたJCBカード1枚あたり、1万円がキャッシュバックの上限金額。ということは5万円の利用で1万円のキャッシュバックとなります。

JCB社発行のJCBカードで「Apple Pay」「Google Pay」を利用する場合、QUICPay加盟店で利用することになるわけですが、ややこしいのが、QUICPay加盟店には2種類あること(QUICPay+加盟店とQUICPay加盟店)、そして「Apple Pay」と「Google Pay」で利用上限金額が異なるということです。

そこでJCB社のインフォメーションセンターにヒアリングした結果を表にまとめてみました。

QUICPay_limit




「QUICPay+加盟店」で「Apple Pay」に設定したカードで支払う場合は、カードの限度額が上限金額となるので、高額商品の決済の場合も安心です。

ところが、「QUICPay+加盟店」で「Google Pay」に設定したカードで支払う場合は、3万円が上限になってしまいます。

これはおそらく「Apple Pay」の場合は利用の都度、スマホでの認証が必要となるのに対して、「Google Pay」ではスマホをかざすだけで決済できてしまうことから、セキュリティのために差をつけているのではないかと推測しています。

また「+」マークがない「QUICPay加盟店」では、いずれのOS端末・専用カードなどでもでも2万円が上限となります。「+」マークがない「QUICPay加盟店」はクレジットカード紐づけの支払いを前提としているのに対して、「+」マークがある「QUICPay+加盟店」では、オンライン認証が毎回必要なプリペイドカードやデビットカードの利用もできるようにしているにしているという背景があります。


JCB社のキャンペーンで家電量販店などで高額商品を決済しようとする場合、「Apple Pay」か「Google Pay」のどちらにカードを設定しているかによって、決済ができるかどうかが変わってきますので、注意が必要ですね。



■■■関連記事■■■

JCBのGoogle Payキャンペーンに参加するために「ANA JCBプリペイドカード」はいかが?

JCBが「Apple Pay」と「Google Pay」で20%キャッシュバックキャンペーンを実施




▼【クーパービジョンが超特価!】





↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村