こんにちは、ヴァンダーです。


台風19号が迫る中、フライトの状況が心配。出発前日にフライト情報をチェックすると、出発日11日のフライトは予定通り運行しそうでしたが、12日のフライトは早々に欠航が決まっていました。

【10月11日のフライト情報】
20191011HNDTSA



【10月12日のフライト情報】
20191012HNDTSA



台風は12日に首都圏を通過してしていく模様なので、14日の帰国も問題なさそう。「旅行運だけ」は良いのだと改めて思いました(台風19号の被害に遭われた方にはお見舞いみ申し上げます)。

出発日当時の朝、台風が近づいているものの雨は降っておらず、空港まで濡れずに行けました。羽田空港国際線ターミナルに着いてみると、その混雑にびっくり。おそらく翌日のフライトの利用客が前日に振り替えたりしているのでしょうか。

JALabcカウンターで荷物を受け取るまで10分待ち、そしてANAのカウンターも大行列。

201910 TPE (1)



セルフチェックイン機で手続きをして、バッゲージドロップに並ぼうとしましたがそこも長蛇の列。

201910 TPE (2)



どうやら向こうのアシアナ航空のチェックインカウンター側でもANAの手続きを受け付けているようだったので、そちらに回って並びました。そして並ぶこと30分、ようやく手続き完了。事前の座席指定でも13Gを指定して、セルフチェックイン機でもディスプレイに13Gが出てきたのに、なぜか搭乗券には20Gと印字されていました。スタッフに確認すると、直前で機材変更があったからだという。それならばセルフチェックイン機での表示が変わるのではと問いかけるも、スタッフは「分かりません」とのこと。正直な回答ですが、乗客としては腑に落ちないものがあります。

セキュリティチェックや出国審査では人は順調に流れていて難なく通過。TIAT DUTY FREEで事前予約していた商品受け取り、代金は日本空港ビルデング社の株主優待券と支払い足りない分をクレジットカード払い。事前に予約しておくと、商品を探して店内を歩き回る必要がなくてラクチンです。

いつものようにTIAT LOUNGE ANNEXに向かうとさすがここも利用客が多かったです。チェックインで想定外に時間がかかったので、ラウンジに滞在できる時間が30分ぐらいしかありません。さっと朝食をいただいて、ラウンジをあとにして110番ゲートへ向かいました。

201910 TPE (13)



ゲートでは使用機材の到着遅れで、搭乗開始が30分遅れるとアナウンス。もっと早くにディスプレイに「遅延」の表示を出してくれればラウンジでゆっくりできたのにとチェックイン時の行列・座席変更に続いて(自分勝手ですが)ANAに不満が溜まっていきました。

NH851便の機材はボーイング787で座席配列は3-3-3の詰め込み仕様。

機内食はビーフシチューのご飯がけを美味しくいただきました。

201910 TPE (18)



機内映画は「アナイアレイション-全滅領域-」を観ていました。地球への侵入者ものでしたが、エイリアンとも違って面白かったです。

201910 TPE (17)



台北松山空港には予定の20分遅れぐらいで到着、途中、台風の縁を通過したはずですが、特に大きく揺れることなく順調な飛行でした。





↓100以上の世界主要予約サイトの料金を一括比較! 最安値を簡単検索! ※会員登録なしでも利用可能




↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村