こんにちは、ヴァンダーです。

クアラルンプールに行くと、よくチャイナタウンのホテルに泊まっていましたが、今回は初マレーシアの友人と一緒ということもあり、KLCCに近く、プールのあるホテルということで選びました。一緒に行った友人は「部屋のインテリア」もホテル選びの観点ということで、そのポイントも勘案しました。


●立地
KLCCとパビリオンの中間地点にあります。モノレールのRaja Chulan駅から歩いてホテルへ行ったのですが、LRTのブキッ・ビンタン駅で降りて、パビリオンの吹き抜けを突っ切り、歩いても同じだったかもしれません。モノレールは移動に不便だったので、2回目からは後者の方法で移動しました。


●外観
名前の通り、ホテルとレジデンスが一体となっている高層ビルです。

202002_KUL (88)




●部屋
広くて落ち着く部屋でした。窓のブラインドの向こうのカーテンはスイッチで操作するようになっていました。

202002_KUL (91)



●バスルーム
広いバスルームにはバスタブとシャワーエリアがありました。日本人としては、体をバスタブの外で洗って、バスタブにゆっくりつかるということができるのでうれしかったです。バスソルトも備えてありました。


202002_KUL (92)

202002_KUL (97)



●アメニティ
このホテルを選んだポイントの一つに「ミニバーの中のドリンク飲み放題」がありました。ビールやソフトドリンク、ジュースがあり、毎日補充。他にもフリーのミネラルウオーターもあり。夜のターンダウンサービスの際、ミネラルウォーターのボトルがベッド脇に新しく置いてあるという気配りはありがたかったです。
他にも歯ブラシ、スリッパ、バスローブなどももちろん備えてありました。


202002_KUL (99)

202002_KUL (100)




●プール・ジム
6階にあります。プールサイドは屋内エリアと屋外エリアがあり、屋内エリアにいれば「日焼けしすぎずにプールサイドで寛ぐ」ということができます。プールサイドにバーがあるのですが、周りを観察していたら、部屋のミニバーから飲み物を持って来ている人が多かったです。


202002_KUL (128)




●朝食レストラン
M階にあり、優雅な雰囲気のレストランです。ホットミールはメニューから選んでテーブルで注文。サラダやパン、デザートなどはブッフェ形式になっています。メニューから選ぶホットミールはいくつでもいいようで、卵料理を頼む際は中に入れる具材の好みも聞いてくれました。

202002_KUL (117)

202002_KUL (116)



●サービス
チェックインの際はドリンクと冷たいおしぼりのサービスがあり、暑い中歩いてきた自分にはありがたいサービスでした。スタッフはみなさん笑顔で対応してくれ、印象はグッドです。


202002_KUL (89)




●総評
Booking.comの返金不可料金で予約。ジーニアス特典で割引になったこともあり、1泊約13,500円/部屋とこのサービスにしてはかなり安く満足の行く滞在となりました。場所がやや不便でしたが、慣れればパビリオンの裏口まで散歩気分で行けるため、特段面倒には感じませんでした。実はこのホテル、The Leading Hotels of the Worldに加盟していて、加盟ホテルとしてはクアラルンプール唯一。この価格で泊まれたのは、ホテル代が安いクアラルンプールならではかもしれません。









↓年会費無料&ショッピング利用で1%自動キャッシュバック。海外旅行傷害保険も自動付帯!




↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村