トップページ » やっぱりものづくりが好き

やっぱりものづくりが好き

ファインダー

このタイトル前使った気がする。
ま、いいか。

前にチラッとお見せしましたが、光学ファインダーです。
手作り…というか、他のカメラからぶった切って
プラ板で周りを囲っただけなんですが、
一応28mm単焦点のカメラから取ってきた専用ファインダーです。
カルディアミニ
生贄はコレ。

「カメラはファインダーでのぞいて撮る!」
写真を撮ることに嵌まりだしていた自分は
IXY600でもそれを実践していました。
(IXYでファインダーを使うようになってわずか1ヵ月半でGRを買うことになるのですが)

ですのでGRを購入した当初は
GR専用光学ファインダーも買う予定だったのですが、
あの逆アルバダ式?ファインダーの周りの妙な明るさがイヤなのと、
あのでかさが携帯性を損なうので実物を見て買う気が失せていました。

で、GRを買って2週間は液晶モニターで見ながら撮影するスタイルにしていたのですがどうも楽しくないのです。
それをウチの会社のカメラマンに相談すると、
「じゃぁ、広角の使い捨てカメラ買ってきたらそれぶった切ってファインダー作ってやるよ。」
と、言われ自作という道にたどり着きました。
(ちなみにこのカメラマンはなんでも自作する人間で、この前はデジタルのCCDの小ささを解消する為に、一眼二つを使った自作カメラシステムを構築しようとしてました。実験段階で実現不可となったらしいですが。)

自作をするからには拘りたいので
そのカメラマンの申し出はアイデアだけいただいて断り、
その設計図を頭に描きはじめました。

自作ならGR純正のようなデカイものではなく
コンパクトになりそうですし、あのギラギラ光る
ファインダー枠もなさそうです。

ただ問題はGRは28mm単焦点。
ファインダーを持ってくるカメラも28mm単焦点が良いに決まっています。
真っ先に浮かんだのが
「銀塩GRから持ってこればいいじゃない!」
答え:銀塩GRはジャンクでさえ数万する。

撃沈。

他に28mmのコンパクトカメラなんて知りません。
とりあえず近くのカメラ屋のジャンク漁りを開始しました。

そんな中で「フジ・カルディアミニ」に出会ったのは上野のカメラ屋でした。
もちろんジャンク籠の中。
ただそいつのファインダーは黄色く濁っていたのと
28mm〜45mmのズームタイプだったので、

(この濁りは洗浄すればなおるものか?)
(ファインダーもズーム対応ということはモーターが仕込んであるのと
中間レンズがシフトするからそれを固定しなきゃいけないなぁ…。)

と700円のジャンクカメラを買おうかしばらく悩んでいると、

平日の真昼間にジャンク籠の前で唸っている青年(僕ですよ)を
珍しく思ったのか、そのカメラ屋の常連客らしき初老の男性が、

「そのカメラ買うの?」

いえ、迷ってるんですよねー。

「だったらそれは止めといた方が良いよ」

え?そりゃまたなんで?

「いやね、こいつの一つ前の型はね、ズーム無しの28mm単焦点だし
写りが良いんだよね。買うならそっちの方が良いし、他の店でもっと安く買えるよ。」

店の前でそれを平然と言ってのける男性にちょっと引きましたが、
聞いても無いのに28mm単焦点カメラ情報が入ってきたのです。
有り難くお礼を言って、早速社に戻り(サボりかよ!)、
その日のうちにヤフオクで例の28mmカルディアを落としていました。

で、結局毎日帰ってから寝るまでの1時間、
ファインダーをコツコツ削ったり、プラ板の形を整えたりして
2週間かけて作りました。

工夫としては
●アクセサリーシュー取り付け部側は楔をうってずれないように
●ファインダーがレンズの真上になるように取り付け部をちょっとずらしている
●接眼部は黒のビニールテープでメガネ保護

としています。

本当は塗装するつもりでしたが、着けてみると非常にコンパクトで
使い勝手が良いのでこのままで良くなってしまいました。
胸ポケットにも入りますし、パララックスも自作にしては少ないです。
また、28mm枠が意外と正確でマクロでも使わない限りは狙った構図を
切り取ることが出来ます。
手間を抜きにすればコスト的には2000円以内で出来ています。


やっぱりこういうチマチマした作業が自分は好きなようです。
完成形に持っていかないのが欠点ですが。


と、このブログを見ている方々に得にもならないことを
長々と書いてみました。おまけに眠いので若干乱文。

仕事の文章が思いつかないので現実逃避です。

wandpwandp  at 02:41
トラックバックURL
コメント
1. Posted by mit   2007年08月10日 12:10
5 グッジョブです!
やってみようかな〜。
晴天の屋外ってモニタが見えなくて困っているのです。
2. Posted by wa_ko@会社   2007年08月10日 12:40
>mitさん
これ、おススメですよ。フレームも28mmのしかないのですっきりですし、高さも1.5cm程度なので非常にコンパクトです。

問題はカルディアミニの調達くらいでしょうか。実働品(≒ファインダーの状態良し)のものは未だに狙う人が多いみたいです。
3. Posted by marts   2007年08月11日 18:35
カメラの事は詳しくないですが、こう言った創意工夫は素晴らしい!
愛着がわくし、勉強にもなり一石二鳥ですね。
だから物イジリは止められない!!
4. Posted by wa_ko@会社   2007年08月13日 22:30
>martsさん
GBがやめられないのも「でっかいプラモデル」な感覚でいれるからでしょうね。
既に完成されているようなレーサーレプリカに食指が動かないのもこんなとこに理由があるのかも。
5. Posted by senna   2007年08月18日 20:57
カルディア・・・懐かしいなぁ。
初代カルディアは奥田瑛二と喜多嶋舞がCMを・・ってすでに30年前の話。。。
で、28mmの単焦点機でいいのはカルディアよりもティアラだ!
アルミボディだからたぶんファインダーも外しやすいと思うし。
ジャンク品なら500円程度で中古屋さんで籠の中・・(--;
6. Posted by wa_ko@会社   2007年08月18日 21:22
>sennaさん
カルディアってそんな昔のカメラなんですねー。
ティアラも最初は生贄候補だったのですが、ファインダーがかなり小さいように見えたのでやめにしました。

うー、そういえば最近全然お店に遊びに行ってませんね。行きたいし、やりたいことも山ほどあるのですが、仕事量もやまほど…。
7. Posted by senna   2007年08月18日 22:08
そうそう、初代カルディアはHiteとQuteで・・・ってそんな話はだれも聞いてない!?
失敬・・・

1型エンジンそろそろやります。
でも暑いから9月になってからかな?
9月に美人林に行こうと思ってるけどどう?
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星