以前、東京の結婚式に行った際に、友人宅に一泊させていただきました。
激しく酔って久しぶりにゆっくりと朝寝をし、迎えた朝、友人の奥方が大変に美味しい食パンをご馳走してくれたのです。何でも最近ホームベーカリーを買ったとのことで、自分でよく作るのだそうです。

世間に疎い私には、自分でパンが焼けるということも、またホームベーカリーの値段が随分と安いことも驚きだったわけなのです。
何より、焼きたてのパンの豊かな風味と柔らかな食感に魅せられて、近々に私もホームベーカリーを買うことを決意したのです。


それから数ヶ月後、ついに私の家にもホームベーカリーがAmazon先生から到着したのです。
KIMG2772

最初はごく普通の食パンを何度も何度も作りました。本当に感動のうまさです。
そして少し慣れてきたところで、レーズンパンやらチョコレートパンなどなど試行錯誤しながら、時に細かい失敗も重ねつつパン作りに挑戦をしています。



さて、今収穫のピークに向かいつつあるパッションフルーツなのですが、思いの外ハネ品がたくさん出るのです。
それらの殆どは、表皮が一部柔らかくなってしまって、傷んだもの。勿論出荷は出来ないので、私が喜んで自宅に持ち帰り食べています。
実はコレ、見た目は非常に悪いのですが、割って食べてみると実にうまいんです。
綺麗な色に完熟したモノ並みに風味もよく、甘味酸味のバランスも悪くありません。


そこで、思ったわけなのです。
これ、パン生地に練り込んで焼いたら美味しいパンになるのではないかなあ、と。

ちょっとだけ入れてもつまらないと思い、酔っ払った勢いで、どこどこと入れまくります。

タイマーで翌朝に焼き上がるようセットして、パッションフルーツ独特の南国の香りで目覚めた朝。
ワクワクしながらホームベーカリーを開けたのですが…。
KIMG2823

まず驚くほど膨らみませんでした。イーストの働きをパッションの酸味だか酵素だかが完全に阻害したようで、ビタイチ膨らみませんでした。言わば小麦粉とパッションの塊が焼き上がりました。

次に、種の食感プチプチ感が非常に邪魔です。柔らかいパンに硬い種。相性良くないです。寧ろ悪いです。

何より致命的なのが、このパン酸っぱいんです。
酸っぱいパン、全然美味しくないです。

ホームベーカリーを買って以来の大失敗。完敗でした。