2012年02月20日

南京虐殺問題に関する「ある議論」

名古屋の河村市長が、記者会見にて、南京虐殺はなかったと発言した。

――――――――――――――――――――――――――――
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120220/lcl12022011410001-n1.htm

「南京事件なかった」と河村名古屋市長 中国共産党の市常務委員に「互いに言うべきこと言おう」
2012.2.20 11:35 [中国]
 名古屋市の河村たかし市長は20日、同市役所を表敬訪問した中国共産党南京市委員会の劉志偉常務委員らとの会談で、旧日本軍による「南京大虐殺」について「通常の戦闘行為はあったが、南京事件はなかったと思っている」と発言した。

 河村氏は、終戦時に父親が南京市にいたことを挙げて「事件から8年しかたってないのに、南京の人は父に優しくしていただいた」と指摘。「南京で歴史に関する討論会をしてもいい。互いに言うべきことを言って仲良くしていきたい」とも述べた。

――――――――――――――――――――――――――――

河村市長は、言いにくいことを言ってくれたと思う。

本来は、自民党総裁、幹事長、派閥の長が発言すべきことだが、彼らは逃げていた。
たぶん、シナに政治的謀略を起こされるので躊躇ったのだろう。
その点において、河村市長の今回の発言の意義はある。

さて、私も南京虐殺について、「かなりの読書家の有名帝大卒の方」と議論になった。

以下は、私と先方との議論の一部始終である。

――――――――――――――――――――――――――――

先方:日本軍が南京虐殺したんだから、日本という国はなくなってかまわない。

私:私は、最近の調査文献などから、南京虐殺はなかったという説を支持する。

先方:私は、実際に南京を訪問し、南京記念館で謝罪し、署名してこの目で南京を見てきた。南京に行ったことがないお前が何を言うか?

私:私は南京に行ったことはない。そしてあなたも南京虐殺を実際に目撃した訳ではない。

先方:お前ごときに言われることではない。南京虐殺はあったんだ。

私:お互いにその事件を目撃していないのであるから、調査文献によって、証明されている事実とそうでない事実を区別して判断するしかないですね。

先方:(腕を振り回し始める)

私:あなたは、1980年頃の朝日新聞の新聞記事によって南京虐殺があったとする説を信じてしまったのだろうが、その時点以降、それに反論する調査文献は発行され、毎年更新されており出版されている。あなたは1980年頃の朝日新聞の論調に騙されたに過ぎない。

先方:日本は悪い国だ。シナを占領して侵略した。

私:では、いつから日本は悪い国なのですか?どの事件から日本が悪いことをしたと言うのですか?

先方:すべてが悪い。

私:シナが日本軍を戦争に巻き込もうとした説があり、私はその説を支持している。黒幕はソ連のコミンテルンである。最近出版された本において、コミンテルンによる謀略説が発表されている。従って、日本だけが悪いわけではない。

先方:日本がシナを侵略した事実に変わりがなく、日本人はすべてシナに謝罪すべきだ。
その罪は重い。

私:ソビエトコミンテルンが、日中戦争に引きずりこむための謀略は、田母神俊雄氏が講演で語り、当時の英国情報部の情報などですでに判明している事実である。また、開戦当時のアメリカルーズベルト政権中枢に、ソビエトコミンテルンスパイが大量に潜入された事実は、1980年代以降に公開されたアメリカ公文書にて確認された事実である。従って、終戦後、来日したGHQ職員の中に大量のソビエトコミンテルンスパイがいたことは容易に推定される。

先方:見てきたようなことを言うな!あんな右翼の田母神の言うことなど、信用できない。

私:田母神俊雄氏の講演は、恣意的なものではなく、ほとんどが、出所を明らかにしながら確認された事実をよどみなく喋っているだけである。彼は確認されていないことは語っていない。確認された事実を語ることが右翼なのか?

先方:日本はシナに謝罪し賠償すべきだ。賠償してないのが問題だ。

私:あなたは、サンフランシスコ講和条約の賠償条項を読んだのか?日本は賠償している。こういう事実があるにもかかわらず、シナに謝罪したいということは、あなたの財産すべてシナに寄付したいということですか?いや、あなたは、すべての財産をシナに寄贈すべきだ。

先方:日本は謝罪していない。

私:私もあなたも南京占領に立ち会っていない。そして戦闘行為を見ていない。だから、記録されている文献で確認するのが妥当な判断だ。日本政府は南京虐殺を認めていないし、シナ政府は、現在、チベットで大量の殺戮を行っている。数十年前に起きていないことの話よりも、シナがチベットで行っている大量虐殺を問題にすべきだ。あなたは、シナがチベットで行っていることを何とも思わないのか?

先方:日本は悪い国だからどうなってもかまわない。チベットには関心がない。(腕を振り回し始める)

私:あなたは、調査文献を読まず、比較検証せず、朝日の論調とシナのプロパガンダに引っかかってしまっただけだ。あなたは、専門の分野では専門家かもしれないが、この分野では、文献を読まずに発言している。
確かに1980年頃は、一時的に南京虐殺説が支配した時期があったが、その後の調査文献を読めば、調査文献の主張の方が妥当な指摘であることぐらいはわかるだろう。
歴史的事件について、それがあったかなかったかを立証するのは歴史家の仕事である。
その点において、朝日新聞の記事もシナの主張も反論の余地は十分にある。

先方:(顔が真っ赤になって腕を振り回す)

私:私は、調査文献を読み、そのうえで判断し、確からしい説に賛同したに過ぎない。
あなたは、当事者としてその現場にいないのだから、この件に関する調査文献を読んでから判断すべきだ…………………

――――――――――――――――――――――――――――

その後の経過はご想像にお任せする。

そして、読者の皆さんにお考えいただきたい。あなたなら、どう議論されるか?

最後に、私は、先方は、シナの工作員ではないかと思っている。シナに数回業務出張しており、なんらかの供与を受けている可能性が高いからだ。

 

 

 



waninoosewa at 13:41│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote ◆◆ 健全な愛国教育 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔