2014年07月28日

ハーバート・ノーマンが共産主義者だったことが確定したことに伴い見直すべき歴史書

産経報道によると、GHQ幹部ハーバート・ノーマンが共産主義者であると英国情報局が1935年に断定していたそうである。

………………………………………………………………

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140727/amr14072711000003-n1.htm

「ノーマンは共産主義者」英断定 GHQ幹部 MI5、35年の留学時
2014.7.27 11:00
日本占領政策に影響

 カナダの外交官でGHQ(連合国軍総司令部)幹部だったハーバート・ノーマンが英ケンブリッジ大に留学していた1935年、英MI5(情報局保安部)がノーマンを共産主義者だと断定し、第二次大戦後の51年にカナダ政府に通報していたことが26日、英国立公文書館所蔵の秘密文書で明らかになった。ノーマンは50年代にソ連のスパイ疑惑が持ち上がったが、MI5が既に戦前から共産主義者と断定していたことで、ノーマンが関わり、左翼的傾向が強かった初期のGHQの日本占領政策の再検証が求められそうだ。(編集委員 岡部伸)

 ノーマンはカナダ人宣教師の息子として長野県軽井沢町に生まれ、日本語も堪能で、GHQ内で強い発言力を持っていた。

 秘密文書「ノーマン・ファイル」(分類番号KV2/3261)は、英国内のスパイ摘発や国家機密漏洩(ろうえい)阻止などの防諜を担うMI5などの文書のうち、「共産主義者とその共感者」と名付けられたカテゴリーに含められていた。

 MI5のガイ・リッデル副長官がカナダ連邦騎馬警察(RCMP)のニコルソン長官にあてた51年10月9日付の書簡では、33〜35年にノーマンがケンブリッジ大学に留学中の共産主義活動に言及。「インド学生秘密共産主義グループを代表してインド人学生の共産主義への勧誘の責任者を務めていたノーマンが35年にイギリス共産党に深く関係していたことは疑いようがない」と記されている。この時期のノーマンは、33年にケンブリッジ大学トリニティ・カレッジに入学して急進的な雰囲気に染まり、社会主義者クラブに参加していたことが知られている。

 文書によると、MI5の断定の根拠となったのは、インド国外のインド人を監視するインドの情報機関「IPI」の調査だった。同機関は35年4月、卒業直前のノーマンがインド人学生を共産主義グループに勧誘する責任者を務めたことが断定できる複数の証拠や証言を入手し、MI5に提供。MI5は同年7月、ノーマンを共産主義者と見なしたが、この事実はカナダや米国政府には伏せられた。

ところが、50年に米上院でノーマンがソ連のスパイだという疑惑が浮上。さらに51年5月には、ノーマンと同じケンブリッジ大トリニティ・カレッジを同じころに卒業した英外務省高官のバージェンスとマクリーンが失踪し、同大在学中に共産主義に傾倒した5人によるソ連のスパイ網「ケンブリッジ5」の疑惑が浮上。MI5は、ノーマンはそこにつながる「ケンブリッジ・リング」の1人だという疑いを強め、51年10月に急遽(きゅうきょ)、RCMPに通報した。

 カナダ外務省は50年10月24日に同省高官だったノーマンを尋問したが、ノーマンは「共産党員だったことはなかった」と答え、その後も否定を繰り返した。

 作家の工藤美代子氏は「世界有数の情報機関、MI5がケンブリッジ時代のノーマンを共産主義者と判断してカナダ政府に情報提供していた意義は大きい。冷戦時代に『赤狩り』といわれて不当な弾圧として非難されたマッカーシー上院議員の主張は、一般論としては正しかったことが裏付けられる」と語っている。

………………………………

こういうことは、新聞社では、産経ぐらいしか報道しない。
敗戦利得者、在日朝鮮人だらけの他の新聞社にとっては、この情報は相当都合が悪いようであり、不報道とするのであろう。

だから、私は、テレビニュースは100%見ないし、産経以外の新聞も見ても見出し程度とするのだ。社説、コラムはまったく社会的に無用だとさえ思っている。

産経のこの記事は、史料価値があると思う。本来なら、国家として、当該文書の写しを外務省が取り寄せ、保管する価値があるくらいの文書だと思う。外務省や東大史料編纂所、ブリテイッシュカウンシル(東京にある英国政府広報機関)がどう扱うか、問い合わせ、確認すべきかもしれない。

いろいろ問題ばかり山積していることを指摘したが、今回の英国での文書公開に伴い、近現代史の歴史書の中で、GHQ幹部・スタッフの中に、相当数の共産主義者がいたことが確定した前提において、私が実際に手にとって読んだ範囲の本の中で書き換えする必要ありと判断する、歴史書を以下にリストアップする。

………………………………

・ヴェノナ ジョン・アール・ヘインズ、ハーヴェイ・クレア、中西輝政、 佐々木太郎
・悲劇の外交官 ハーバート・ノーマンの生涯 工藤美代子
・戦後日本を狂わせたOSS「日本計画」  二段階革命理論と憲法 田中英道
・コミンテルンとルーズヴェルトの時限爆弾―迫り来る反日包囲網の正体を暴く 江崎道朗

・赤旗とGHQ 大森実
・さらば吉田茂 片岡鉄哉(日本永久占領―日米関係、隠された真実)

・GHQ知られざる諜報戦 新版・ウィロビー回顧録 C.A. ウィロビー、延 禎、 平塚 柾緒
・アメリカの鏡・日本 ヘレン・ミラーズ、伊藤 延司

・共産中国はアメリカがつくった G・マーシャルの背信外交 ジョゼフ・マッカーシー

………………………………

これらの本を執筆、翻訳、監修に係わったのは、知っている人なら知っていることだが、実は近現代史の歴史学者ではない。実務に係わった方か、在野の人たちなのだ。

今回の歴史的に意味ある秘密文書公開に伴い、近現代史専門の公務員歴史学者たちが例によってダンマリを決め込んだ場合は(たぶん公務員歴史学者たちはダンマリするだろう)、近現代史の歴史学者について、博士号、名誉博士号授与、科研費支出するのを納税者としてやめさせ、在野の研究者に博士号、名誉博士号授与、科研費を支出すべく、陳情することになる。

なお、上記で紹介した文献の他に、書き換えが必要となるかもしれない歴史書があると思われるため、読者の皆様にご指摘いただければ幸いである。




waninoosewa at 08:34│Comments(2)TrackBack(1) ◆◆ 歴史の検証、見直し 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ★今の「日本国憲法」は、共産主義者によって作られた  [ 草莽崛起 ★日本の学校で教えられる近代史は嘘です★ ]   2014年07月28日 15:37
↓先ずはクリックして下さい^^↓ ココをクリック(o^∇^o)ノ 人気ブログランキングへ

この記事へのコメント

2. Posted by 一斎   2014年07月28日 16:55
> 現日本国憲法は、ノーマンも加担して作られた!
> http://soumoukukki.at.webry.info/200802/article_5.html

情報ありがとうございます。
条文ベースでのGHQの担務がわかれば、立証しやすくなると考えます。
1. Posted by 十津川 昭和   2014年07月28日 15:33
現日本国憲法は、ノーマンも加担して作られた!
http://soumoukukki.at.webry.info/200802/article_5.html

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔