2015年10月16日

韓国の米軍慰安婦はなぜ生まれたのか (7)第六章 『朝鮮戦争と韓国社会の変化』

「史実を世界に発信する会」から拡散要請があったので転載します。
当ブログは、「史実を世界に発信する会」の活動を支援します。

………………………………………………………………

韓国の米軍慰安婦はなぜ生まれたのか(ハート出版)

崔 吉城(広島大学名誉教授・東亜大学教授)

(7)第六章 『朝鮮戦争と韓国社会の変化』

 

  朝鮮戦争が韓国の社会に様々な面で大きな変化を起こしたことが本章で語られています。

戦争では勇士も現れるが、その一方で犠牲者もでる。そこから英雄や愛国者うまれる。韓国の場合は、女性の犠牲者が「烈女」されるケースも多い。

 日本軍に貞操を奪われることを最大の侮辱と考え、その怒りが慰安婦を愛国者へと昇華させる。最近の日韓関係において、慰安婦が愛国者として英雄視されるまでになったのも、その脈絡から理解できるだろう、といいます。

 しかし、慰安婦をこのように捉えるのは、そもそも慰安婦を日本軍が強制連行または暴行したという全くの虚構を前提にして始まったことです。慰安婦は自ら高収入を「求めて」慰安所へ働きに行ったのであり、日本軍への「抵抗」とは無関係なはずです。

 米兵の婦女暴行多発に耐えられなかった村が売春婦が現れることにより救われ、基地村=売春村となったのとことなり、日本の慰安所はこうした暴行によりやむなく設けられたものではなく、兵士の起こりうる暴行をあらかじめ防ぐために、当時合法的であった売春施設として設けられたものです。そこで働く慰安婦は、仕事として働きに行ったものです。

 このことをもっとしっかり述べて欲しかったというのが偽らざる感想です。

 

 第六章日本語:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/usco7.pdf

 

 六章で完了、次回には全文をまとめて掲載します。

 

平成27年10月15日 「史実を世界に発信する会」茂木弘道

 

The Origins of the US Army's Korean Comfort Women (HEART PRESS) 

By Choi Kilsung,

Professor at University of East-Asia, Professor Emeritus at Hiroshima University

(7) Chapter 6   The Korean War and Changes in South Korean Society  

 

The Korean War brought about great changes to many aspects of Korean Society.

Brave warriors and victims emerge from every war, and from them heroes and patriots are born. In Korea, female victims were often called "heroic women". The theft by Japanese soldiers of the chastity of Korean women was seen as the ultimate humiliation, and the anger of the nation would elevate the comfort women to the status of patriots. In this context, it is understandable how the comfort women came to be regarded as heroes in Korea-Japan relations.

However, I would say that viewing the comfort women in this manner assumes that they were forcibly recruited and coerced to provide sexual services to soldiers. This is completely fictitious. The fact is that the comfort women went to work at a “comfort station” seeking high pay. There was nothing “patriotic” about their services.

   The “prostitution village” in Korea emerged, after UN soldiers inflicted sexual violence and rape, as a way to protect the villagers. In contrast, Japanese comfort stations were regally established in order to prevent the potential for sexual violence by soldiers. The comfort women were not coerced to work.

I sincerely hope that the author goes into this point in greater detail.

      

*Chapter 6 content;  http://www.sdh-fact.com/CL/Chapter-6.pdf

*Author profile:  http://www.sdh-fact.com/auther/choi-kilsung

 

This is the last chapter, In the next issue, the whole contents will be presented in a single file.

 

Questions are welcome.

   

MOTEKI Hiromichi, Secretary General

for KASE Hideaki, Chairman

Society for the Dissemination of Historical Fact

Phone: 03-3519-4366

Fax: 03-3519-4367

Email moteki@sdh-fact.com

URL http://www.sdh-fact.com

 

Note: Japanese names are rendered surname first in accordance with Japanese custom.



waninoosewa at 06:52│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote ◆ 推薦図書、動画等 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔