2015年11月19日

山本五十六とキリスト教の係わりについて

実は、山本五十六がクリスチャンであるという趣旨の情報が存在する。

文献的にははっきりしない部分はあるものの、ネット情報で確認できるので紹介させていただく。。

実兄と孫がクリスチャンなのだそうだ。

山本五十六の実兄は、「13歳の時に戦場で置き去りにされた体験から、戦場で一番犠牲になる「民」を救うことを考え、それはキチンとした教育を教えることが大切だと考えるに至り、キリスト教の牧師になった」のだそうだ。

http://homepage3.nifty.com/k-haruaki/nagaoka-ojiya2.htm

山本五十六のお孫さんは洗礼を受けたのだそうだ。

縁といえば、山本五十六の孫と僕と笹川良一会長
http://blog.livedoor.jp/michael4649/archives/50922464.html


山本五十六記念館では、山本五十六が保持していた聖書の現物が展示されているのだそうだ。

………………………………

山本五十六の「聖書」 (中田安彦 / ジャパン・ハンドラーズと国際金融情報)
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/489.html

記念館で販売している資料集から引用する。

(引用開始)

幼少の頃、キリスト教の牧師ニューエルから感化を受けている。ニューエルは長岡高校で英語を教え、ベースボールの指導もした。この聖書は山本五十六がアメリカ駐在時代に求めたもの。神道、仏教書なども読んでいた。

「山本五十六記念館展示図録」
(引用終わり)

………………………………

また、山本五十六は、カトリック信者で昭和15年ローマ法王に謁見したしたとの情報がある。

太平洋戦争と戦後を作ったフリーメイソンの走狗たち
http://www.millnm.net/qanda3/752KhxiDDRuYI44573.htm

これらの情報については、裏付けはないが、山本五十六とキリスト教は無縁ではないようである。

山本五十六フリーメーソン説は、どうやらこの辺の情報を起源としているのであろう。




waninoosewa at 18:00│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote ◆◆ 歴史の検証、見直し 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔