2015年11月24日

GHQが狙った洗脳のルーツ

倉山満が書いた「嘘だらけの日米近現代史」によれば、アメリカという国は、南北戦争時代から、戦勝側の立場で歴史を塗り替える習性があると指摘している。

さて、渡部昇一の本ばかり読み親しんでいた人の場合、「マッカーサーは、議会証言で日本が自衛戦争を余儀なくされたという発言」の記述によって、マッカーサーが、さも親日家であるかのような印象を持ってしまう。

私は、マッカーサー議会証言については、マッカーサーは、日本を数年占領統治した末にやっと、自分たちの外交政策の過ちに気づいて発言した程度の事だろうという認識である。

このブログにおいては、マッカーサーは油断ならない人物であろうとの視点から分析を試みてきた。

・議会証言したからという理由でマッカーサーが親日派だと思い込んではいけない
http://blog.livedoor.jp/waninoosewa/archives/1456755.html

・マッカーサーの正体
http://blog.livedoor.jp/waninoosewa/archives/1457030.html

また、ブログ「しばやんの日々」にては、ニューズウイーク紙を引用する形でマッカーサーの配下が、親米的な日本人が公職追放されている実態があるとしている。

GHQの中にもソ連の工作があったのではないか
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-246.html

また、ウイロビーの回顧録からの引用となるが、「GHQに雇われている(無国籍者を含む)304人の外国人のうち、最大グループを形成する28%(85名)はソ連またはソ連衛星国の出身である。そのうち42名はソ連の市民権の持ち主である」としている。

アメリカがGHQの中の左翼主義者の一掃をはかった事情
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-257.html

つまり、マッカーサーは、ソ連を利するための、間抜けな占領政策を行なった統治者ということになるのだ。

その前提で、議会証言を評価しなくてはならないのである。

議会証言だけを強調することは、マッカーサーの人物鑑定を見誤ることを意味するのである。

ここで、親日的だから人物として信用できそうだー、というスタンスで書き綴る、リライトものの歴史ブログの罪深さを指摘せざるを得ない。

涙なしでは読めない、感動ものの歴史小話の行きつく先は、「外国人が少しでも親日的なポーズをとればころっと騙される、(外国人に対し異常に無防備な)日本人を大量生産する原因」になるだろうという意味においてである。

そういうリライト主義者たちの感動ものの話、(私は嫌いではないが)、書く人は、感動ものの小話とするために意図してデフォルメして書いている、ことは、この程度のブログ経験しかないがなんとなく想像できる。そうしないと、ブログのアクセスは伸びず、本も売れなくなる、ビジネス的に当たり前のことではある。具体的に言うと、小説的な書きぶりを採用することになるのだ。

私は、歴史書を読みつつ、歴史の中における感動する話は一部はあるものの、すべてがそうではなく、知りたくないことを知ることの方が多いかもしれないと思いつつある。

私の考えに反発される方、そうではないと思いたい方に私はお聞きしたい。

我々の日常生活において、涙なしに読めない感動的な話が、毎日発生しているのであろうか?
夫婦の会話、家族との会話、職場での会話において、感動することが毎日毎日発生しているのであろうか?

私は、なんとなく気が晴れない、むしゃくしゃした心理状態の人にとって、感動ものの話は、清涼飲料水以上の効果をもたらすことを否定しない。韓流ドラマや、お昼の不倫もののドラマを視聴するよりは健全であることは認める。

だが、感動的な話に慣らされることは、それ自体が一種の「洗脳」の範疇に分類されることを認めざるを得ないのだ。

だって、そうではないか。プーチンについては、ネットの世界では、親日家というイメージが先行しているではないか?メドヴェージェフは、その反対に、結構、悪意にとれるどぎついことを日本に対し言い続けているではないか。私には、メドヴェージェフ発言がロシアの本音であろうと思えて仕方がないのである。

従って、マッカーサーについて言えば、あの議会証言の件だけを認識することは、冒頭で紹介したような、GHQの洗脳シナリオに知らず知らずのうちに、嵌ってしまう懸念があると私的せざるを得ないのだ。

一方で、渡部昇一を含め、多くの保守系言論人は東京裁判史観が問題だとしている。戦後レジーム脱却のためには、東京裁判史観を打破しなくてはならない、としている。

本当にそうなのであろうか。東京裁判以前に、マッカーサーによって、歴史(戦史)が創られた可能性はないのか、ということに繋がるのである。



waninoosewa at 07:44│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote ◆◆ 歴史の検証、見直し 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔