2009年09月20日

自民党総裁候補の「河野太郎」は変人?だが正論を言っている

実は、私は、ここ数年、河野太郎のメルマガの読者であった。
国会の状況をリアルタイムに近い状況で情報配信してくれたことは、当時から新鮮だった。

その一方で、私は、河野太郎氏をずっと変な政治家だと思ってきた。
今でも変なやつだと思っている。

二世議員であったこと、親父さんが売国議員と批判され、国籍法改正で推進者の立場だったため、保守系市民の反発を受けたこともあった。

さて、
奥山篤信氏がメルマガで河野太郎見直し論に触れている。
http://www.melma.com/backnumber_133212_4613719/
※その後、河野太郎だけは絶対に当選させるなと急旋回した!(9月21日3時追記)

そして、下記を見て、私は考えを変えた。

彼は誤解され続けてきたようだ。

私は、河野太郎氏のホームページの内容から、河野太郎氏が最も次の自民党総裁にふさわしいと考え、ブログにて河野太郎氏推薦を発表させていただく。

http://www.taro.org/ldp2009/index.php

新しい自由民主党とは何か。

それは、やはりこれまで自由民主党が掲げてきた健全な保守の理念をより明確に追求する政党である。
 我々は、経済を非効率的な政府のくびきから切り離し、公平かつ健全な競争環境の中から生み出される強い産業を背景に、国際的な競争力を高めることにより全ての国民に世界で最高レベルの生活水準を保証することを目指す。そして、健全な競争の前提としていかなる弱者にも安心をもたらす社会保障を実現する。より多くの権限を財源とともにより国民に近いところ、つまり地方政府に移すことにより民主主義を身近なものとする。世界的な平和と安寧を維持するために、応分の負担を厭わず、日本独自の貢献を続ける努力をしなければならない。こうした目標を達成するのが政党としての自由民主党の使命である。
 我々は、以上の理念に基づいて、強い決意の下、自民党改革を断固実現する。

河野太郎は自民党総裁として、以下の3点を実行することをお約束します

聖域無き党改革の断行
自由主義経済の中での「安心」や「公平」の実現
健全な保守政党として目指すべき国の姿の再定義

●聖域無き党改革の断行

  • 世代交代を実現し、国民から期待される自民党執行部を組織する
  • 派閥政治の解消
    • 人事、資金、候補者選定など党運営から派閥の関与を排除
    • 全議員懇談会や地域ブロック別懇談会で情報の交流を図る
  • 選挙力の強化(次期参議院選挙に向けただちに断行)
    • 開かれた選考で有能かつ清新な候補者を発掘
    • 時代にあった戦略・戦術の研究とノウハウの全国的共有
  • 政策力の強化
    • 影の内閣を直ちに設置
    • マニフェストの策定に着手し、政権奪還に向けた政権構想を恒常的にバージョンアップ
    • シンクタンクの活用等民間との協働による政策立案を強化
    • 党所属議員、地方議員、党員、職員の政策立案能力を強化
  • 情報力の強化
    • 地方の声、働く現場の声、弱者の声を党に吸い上げ、政策に反映するシステムを確立する
    • タウンミーティングや国政相談会を全国各地で実施
    • 党幹部による現場視察の頻繁な実施
    • 地方議員、党員との情報交流の徹底と政策研修を実現
    • 広報・公聴戦略の抜本的強化
  • 組織力の強化
    • 議員後援会経由ではない、党本部直属党員の増強(目標100万人)
    • 全国の党員、地方議員の代表と共に、党の政策を練り上げるために数日間にわたる全国党大会を毎年、開催
    • ニュービジネスやネット関連等、いままでにない支持組織を開拓
    • 青年局の年齢引き下げと全国の大学に学生部を設置
  • 対決力の強化
    • 影の内閣で民主党政権の政策を検証し、国会論戦において正論で挑む
    • 委員会等の質問者は、年功序列や悪平等を廃し、有能な若手を積極的に登用

●自由主義経済の中での「安心」や「公平」の実現

  • プラス成長を達成し、日本経済を強くすることで1人1人の豊かさを実現
  • 既得権のない公平な競争環境の創出
  • プラス成長による配当としての社会保障の充実
  • 職業訓練の充実など雇用における安心感の実現

●健全な保守政党として目指すべき国の姿の再定義

  • 現実的政策論だけではなく、哲学、政治思想も党内で議論を深める
  • 日米安保を基軸とし、「自由」、「民主主義」、「基本的人権の尊重」、「法の支配」等の価値観を軸にした外交を展開
  • 効率がよく無駄のない小さな政府の実現
  • 地方分権の徹底、道州制の導入、公務員制度改革と中央省庁の大再編、国の出先機関の全廃を通じた徹底した行財政改革
  • 明日の日本を創る教育現場の再生
  • 公教育の充実による公平な機会の実現と国際競争力のある人材の育成


    このホームページで語っている主張は、実に重みがある。

    河野太郎氏は、自民党内部の現実をよく知っているし、どこをどうすればよいのかわかっているのだ。

    新しい保守政治の構築(保守回帰?)を訴え
    選挙戦術の見直しにふれている点もいい。

    彼は、準備してきたのだ。

    この日が来ることを!

    準備してきた人に、自民党総裁として頑張っていただくのは当然のことではないか!


 



waninoosewa at 18:30│Comments(13)TrackBack(1) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote 保守政党 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

||<#FFFFFF'style='font-size:20pt;color:#ff0000'``↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓|| ||<#FFFFFF'style='font-size:20pt;color:#ff0000'``[http://blog.with2.net/in.php?671525 人気ブログランキング]|| [[attache...

この記事へのコメント

13. Posted by SHIRASU J   2009年09月23日 08:40
> 河野太郎は、2重国籍推進、移民1000万人受入推進、靖国神社に代わる国立追悼施設建設推進・・・

ご指摘伺いました。

文章が長いとコメント投稿制限があるので、風来ユーキさんからのコメントの返事(2つ)で参照いただけますか?

他の二人だと、麻生さん以上にマスゴミにいいようにコケにされ、民主からも軽くあしらわれ、結果的に手も足も出ず、簡単に売国法案成立されてしまう危険性はないのでしょうか?

つまり、3人ともダメかもしれないという前提で、誰かを選択しなければならないという意味です。あなたは、そのことに気づいてますか?

非常事態なので、好き嫌いの感情を捨てて判断する必要があると思っています。

12. Posted by deliciousicecoffee   2009年09月23日 07:16
5 河野太郎は、2重国籍推進、移民1000万人受入推進、靖国神社に代わる国立追悼施設建設推進・・・
11. Posted by SHIRASU J   2009年09月22日 18:31
風来ユーキさんへ
前回のコメントの続きです。

ですから、私にとっては、3人とも一長一短ありますが、今までの自民党のようなお公家さんでは困ると思っています。3人のうち、保守市民と共にデモ行進する人は誰なのか、それを意思表示してほしいと思っています。私は、それで最終結論を出したいと思っています。

私は、河野太郎に全幅の信頼はおいておりません。今でも変なやつだと思っています。
ただし、河野太郎の党改革案はよくできていると思います。プロのコンサルタントでもあれだけうまくは書けないくらいの出来栄えだと見ています。なぜなら、日々ブログテーマとして、自民党の改革、そして自民党議員活動の改善を検討している関係でピンとくるものがあるからです。総裁選後、あの改革案は内容的に劇薬の部分もあるので、よく吟味して、あの党改革案を自民党内部でよく検討すべきだと思っています。
信用できる人でジリ貧がいいか、信用はしにくいが戦闘力ある人がいいかという選択なのではありませんか?
私の場合は、ジリ貧を嫌い、感情論を捨て、NEWS PACKETに掲載された政策のみで誰がふさわしいか最初の判断を下しただけなのです。答えになっていないかもしれませんが、党改革が参議院選挙前にうまくアピールできるか否か、それにかかっていると考えています。反日法案阻止のために、保守系市民とともに集会、デモに参加してくれる人、そして党改革を着実にやってくれる人を私は望んでいます。
10. Posted by SHIRASU J   2009年09月22日 18:30
風来ユーキさんへ

私がブログにて、河野太郎支援と書いたことが皆さんの反発を受けているようですので、私の真意をお話します。

アニメの殿堂件、日米密約調査の件、国籍法の件だけをみれば、売国奴となります。
そのことは否定しません。しかし、いつも売国奴だと決めつける必要もないはずです。

それから、反麻生の一派と仲がいいとか悪いとか私はあまり関心がありません。
なぜなら、非常事態の時だからこそ、好き嫌いを捨てるべきと思います。

また、テレビ朝日、TBSについては、選挙後ほとんど見ていないので、この点はご了承ください。

次に谷垣さんについていえば、捨石になると発言ありましたが、NEWS PACKET配信分を見る限り、必死さはあるものの、捨石になるほどの覚悟には受け取れません。西村さんについていえば、言っていることは総花的、元気はありそうだが、安部、福田、麻生が苦境のときに表に出てこないで、突然顔を出したくらいで大丈夫なのかという印象があります。

続く
9. Posted by 風来ユーキ   2009年09月22日 17:03
Boomerangさんに同意。
河野氏のこれまでの言動に加え、最近TBSや朝日のコメンテーターが河野太郎を推していることや、河野の推薦人が中川秀直や菅原一秀といった反麻生や、よくテレビに出ている議員が中心であることが気になる。
もちろん、この期に及んで保守市民と共にデモ行進しないような保守議員たちは腑抜けだけど、ただ戦闘力があればいいというものではないと思う。
私は、河野太郎は信用できない。
メディア芸術センターに反対しながら代案を示さない偽善者でもある。
8. Posted by SHIRASU J   2009年09月21日 18:27
Boomerang さんへ

私は、麻生さんを今でも支持していますが、マスゴミにいいようにやられ放題の自民党は情けなく思っています。
貴族化し戦闘力を失った自民党政権を立て直してくれるのは誰の政策なのか?という点において、河野太郎の党改革案すべてではありませんが、非常にうまく組み立てられている点があると考えています。

なお、私は、河野太郎は今も変なやつだと思っています。そして、他の二人が線が細すぎるように見えるのが気になります。(マスゴミの餌食にされやすいという意味)

総裁選後、仮に河野太郎が総裁にならなくても彼が提案した政策が検討の対象になることを私は希望します。

それから、総裁選後のことですが、
劇薬に近いかもしれない党改革案が実行されないと参議院選挙で闘えるのでしょうか?
マスゴミにいいようにやられて反抗もせず、保守系団体の集会やデモにも参加したがらない、貴族化して戦闘力を失った自民党の今の状態を打開していくには、劇薬に近い施策を実行に移すしかないと思っています。

あなたが、河野太郎を心底憎んでいるのと同様、私も自民党本部に単独で乗り込んでああだ、こうだと指図して党改革を民間人として実践しようと思っていることをご理解ください。

私は、今度の参議院選挙の半年前までに闘える組織にしてくれること、売国法案に関して自民党議員全員が集会に参加しデモ行進を主導することを希望します。
貴族化して戦闘力なき政治家は応援しません。

答えになってないかもしれませんが、今の政治的状況を打開してほしい、ただそれだけです。
ご理解ください。
7. Posted by SHIRASU J   2009年09月21日 18:05
> 河野さんが今まで何をしてきたかを知ると、口だけの正論じゃ信用できません。
>
> 国籍法では悪い方面にご活躍でしたし。
> 自分はそんなことしてない、とのことでしたが、言ってることとやってることが違う人は信用できません。
>
> まあ今、自民の総裁になっても借金背負わされるかもしれないらしいから、それはそれでw

私は、河野太郎が掲げた党改革案は一考の余地があると考えています。
6. Posted by Boomerang   2009年09月21日 13:45
麻生支持なのに河野支持を選ぶということは、麻生さんを墓場送りにすることと同義だとわかっていますか?
河野には中川(秀)がついている意味をわかっていますか?

河野の発言をきちんと追った上での判断ですか?
http://awfuljapan.livedoor.biz/archives/51278576.html

河野が「若手議員で構成する自民党再生会議8つの提言」を提出しているのを知っていますか?
http://awfuljapan.livedoor.biz/archives/51278737.html

河野は安倍麻生と続いた真性保守自民の流れを完全に破壊する存在ですよ。
美辞麗句は幾らでも並べられます。しかし結局は言動と行動で示されるわけです。

それを麻生太郎という政治家で見てきたのではないですか?
5. Posted by     2009年09月21日 13:05
河野さんが今まで何をしてきたかを知ると、口だけの正論じゃ信用できません。

国籍法では悪い方面にご活躍でしたし。
自分はそんなことしてない、とのことでしたが、言ってることとやってることが違う人は信用できません。

まあ今、自民の総裁になっても借金背負わされるかもしれないらしいから、それはそれでw
4. Posted by SHIRASU J   2009年09月21日 08:37
> 個人的に
> 保守の信用を得るには
> おやじさんを否定してほしい。
>

あれだけ自民党長老?議員を否定しているのですから
父を否定するのは当然のことでしょう。
ここまできたら、父を否定していただく様、要望するまでです。

それができないのであれば、いくらいいことを言っても自民党の顔にはなれないでしょう。
河野太郎が総裁になるための最大の関門かもしれませんね。
3. Posted by helmess   2009年09月21日 08:27
個人的に
保守の信用を得るには
おやじさんを否定してほしい。

2. Posted by SHIRASU J   2009年09月20日 19:55
> こんにちは。
> ありがとうございます、
> 参考にさせていただきました。

河野太郎は誤解されていると思います。
今、自民党の解党的出直しを実行しそうなのは河野太郎しかいないと思います。
私は、彼に期待することにしました。
1. Posted by ochimusya   2009年09月20日 19:51
こんにちは。
ありがとうございます、
参考にさせていただきました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔