2009年12月14日

キリスト教会にあふれる?ビラを教会関係者は放置するつもりか?

私は、ある2つのニュースから、ある地域の拠点キリスト教会を訪問し、訪問者なら誰でも入手できる資料を受領した。

そのきっかけとなったニュースは2つあった。

・「独善的」発言でキリスト教連合会が小沢氏に撤回要求の抗議文
URL:http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091116/stt0911161921005-n1.htm
2009.11.16 19:19
  民主党の小沢一郎幹事長が高野山・金剛峰寺(和歌山県)を訪ねた際、キリスト教について「排他的で独善的な宗教だ」と述べたことについて、日本キリスト教連合会(山北宣久委員長)は16日までに、発言撤回を求める抗議文を小沢氏に送った。
 抗議文は「小沢氏の発言は一面的で、それこそ『排他的』で『独善的』だ。責任政党幹事長の言葉として、その見識を深く疑う」としている。
 16日の記者会見で小沢氏は自らの発言の真意について「私は宗教論と文明論を言った」と前置きしたうえで、「死ねば皆、煩悩がなくなるから仏様だ。みんなが神様になれる宗教が他にあるか? 基本的な考え方が違うということを僕は言っている」と説明した。
 小沢氏は、キリスト教連合会からの抗議文についての感想は述べるのを避けた。

・「主権回復を目指す会」が行ったカトリック協会への街宣
http://www.shukenkaifuku.com/KoudouKatudou/2009/091029.html
我々は10月11日、反日キリスト教徒と「日本カトリック正義と平和協議」が麹町教会(聖イグナチオ教会)に集結して徒党を組んで靖國神社に乱入する企てに、断固とした抗議でもってこれを粉砕した。今夏、高金素梅ら反日シナ・台湾人らが靖國神社へ乱入して英霊を冒涜した前例に習い、今度はカトリック教徒らが同様な振る舞いを演じようとしたからだ。
………………………………………………………………………………

さて、日本キリスト協会連合会とは、 ホームページによれば、以下のような紹介がなされている。

………………………………………………………………………………
 http://www.jccc21.com/JcccFiles/1-whatjccc.html

「日本キリスト教連合会」は、カトリック中央協議会・日本聖公会・プロテスタント諸教団(教会)の緊密な協力によって運営されている団体です。
「日本キリスト教連合会」は、日本国憲法が保障する信教の自由と政教分離の原則のもとに、キリスト教文化の振興を図り、宗教法人の適正な管理運営に寄与し、一方では「信教の自由」を守るために発言すべき時に発言するという責任を託されています。
「日本キリスト教連合会」は、宗務行政における宗教界の窓口と位置づけている財団法人「日本宗教連盟」の構成団体として、適正な法人事務の向上の上で重要な責任を負っています。
人間の基本的人権と日本の将来に黒雲をもたらす考え方の復活や傾向に危惧を覚えます。このような時にキリスト教界が一致して行動することは、主のみこころと信じます。

………………………………………………………………………………

つまり、読みようによっては、日本解体につながる外国人参政権や人権擁護法案に否定的な団体であるとも受け取れる。
また、日本キリスト教連合会は、小沢幹事長の発言に対して抗議文書を提出した団体なのであるから、我々国民の側からも宗教会において発生している問題について真摯に受け止めるはずだという解釈も成り立つはずだ。

さて、本論に入ろう。

問題は、入手した資料にあったのである。一般人には理解しがたい不思議な問題があることを発見したので、整理して以下に列挙する。

・地域を代表する教会の資料コーナーにおいて、信者の信仰の一助となるべき資料がほとんど見当たらず、靖国問題、従軍慰安婦問題など、政治問題に関する資料ばかりであったこと
・靖国問題に関するパンフレットには、靖国の政教分離を説いているが教会名での活動を政教分離とは認識していないこと(自己矛盾、靖国の政教分離を批判するなら教会の名を語るべきではないとのスタンス)
・靖国問題で政教分離にを主張している一方で、会員向けには全員もれなく、政治ビラを配布していること(自己矛盾)
・政教分離していないと言われている宗教団体(創価)を批判する資料はほとんど見当たらないこと
・歴史的事実を積み重ねて聖書の時代に遡って検証しながら説教を行う牧師が大部分であると認識されていると思うが、慰安婦問題に関してはその事実がなかったとされる主張もあるにもかかわらず、歴史的事実の検証を疎かにして慰安婦問題活動家の主張を疑いもせず流布していること
・慰安婦問題のパンフレットに関して、拉致問題とセットで取引条件として取扱う、とんでもない記述まであること

そして、これらの政治ビラが、全国津々浦々の教会に送付され、信者への配布を要請されているであろうことを私は理解した。
この不景気で、どの教会も財政的に苦境にあるものと推察するが、寄付行為を前提に政治ビラまで受け入れている可能性も否定できない。

この国では、信教の自由があるので、教会そのものの活動は、私は否定しない。
しかし、配布されている資料は、明らかに政治ビラが大半である。

「日本キリスト教連合会」は、この指摘を真摯に受け止め、実態調査を行うべきである。

それが、小沢発言に抗議したことに対する、私からの指摘でもある。
小沢発言に対する抗議は、間違ってはいないと私は考える。しかし、その一方で、自らの間違いに対しても真摯に向き合っていただきたいのだ。

最後に、
拙ブログの読者の皆さんにおかれても、週末にキリスト教会を訪問され、集会に参加し、どんな資料が配布されているのかご確認されることをおすすめする次第である。



waninoosewa at 18:30│Comments(4)TrackBack(1) ◆ 保守活動 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. *〔しーたろう〕の宮内庁等へ送信した意見書文例公開*  [ ガラス瓶に手紙を入れて ]   2009年12月14日 20:37
<p>※一阿さまのお話の途中でございますが、〔しーたろう〕が管理する別サイトで、http://sitarou09.blog91.fc2.com/下記の件の周知拡散ならびに意見書文例アップの要請がございましたので、急遽この記事を掲載させて頂きました。</p>

この記事へのコメント

4. Posted by waninoosewa   2011年03月05日 19:46
<全てのキリスト教会がキリスト教会連合なる団体に所属しているわけではありません。プロテスタントにもバプテストにも無教会派にも所属していない教会や教団はあることでしょうし、所属しないだけでなく否定的に観ている教会や教団もあることでしょう、一を知って全てとするその強引さに些かならずの憤りと困惑を感じています
一を知って全てとするその強引さに些かならずの憤りと困惑を感じています

政治活動されていない教会なら、被害者意識を持つ必要はないように思います。
私の居住する地域の拠点教会がそうだと書いただけです。
すべての教会についてまで調べる義務も時間もありません。
靖国問題や慰安婦問題、神社訴訟に係わっていない教会の立場なら問題とする必要はないでしょう。
むしろ、政治活動ばかりやっている教会とは一線を画して、自分たちの信仰をPRとされるべきかと存じます。
私が居住する地区のある大教会では、政治活動と宗教活動の境目がない状態です。
3. Posted by 一信徒君   2011年03月05日 16:22
1 キリスト教会に通って13年初めてキリスト教会連合なるものを知りました(^-^)私は引っ越し等で何ヵ所もの教会に通いましたが、その様なビラは目にしませんでした(ただし横田サキエさんがクリスチャンなので本人が書かれたようなものは在りますがそれも政治的なものと言うより信仰的なものです)記事を読ませていただき思った事はまずはもう少し調べられては如何でしょうか?教会はたくさん在りますし、全てのキリスト教会がキリスト教会連合なる団体に所属しているわけではありません。プロテスタントにもバプテストにも無教会派にも所属していない教会や教団はあることでしょうし、所属しないだけでなく否定的に観ている教会や教団もあることでしょう、一を知って全てとするその強引さに些かならずの憤りと困惑を感じています
2. Posted by waninoosewa   2010年03月30日 21:58
> >>小沢一郎幹事長が高野山・金剛峰寺(和歌山県)を訪ねた際、キリスト教について「排他的で独善的な宗教だ」と述べたことについて、日本キリスト教連合会(山北宣久委員長)は16日までに、発言撤回を求める抗議文を小沢氏に送った。
>  抗議文は「小沢氏の発言は一面的で、それこそ『排他的』で『独善的』だ。責任政党幹事長の言葉として、その見識を深く疑う」としている。
> 真のキリスト者ならば、真摯に批判を受け止め、博愛の精神を以って悔い改めするべきです!

牧師も神父もクリンチャン以外の意見など、受け入れない気配があります。
1. Posted by いばら   2010年03月30日 21:44
>>小沢一郎幹事長が高野山・金剛峰寺(和歌山県)を訪ねた際、キリスト教について「排他的で独善的な宗教だ」と述べたことについて、日本キリスト教連合会(山北宣久委員長)は16日までに、発言撤回を求める抗議文を小沢氏に送った。
 抗議文は「小沢氏の発言は一面的で、それこそ『排他的』で『独善的』だ。責任政党幹事長の言葉として、その見識を深く疑う」としている。
真のキリスト者ならば、真摯に批判を受け止め、博愛の精神を以って悔い改めするべきです!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔