2009年12月31日

今年は保守覚醒の年でありました。

今年1年の拙ブログを振り返ってみて、前半は、マスコミ偏向報道中心、後半は、保守系市民活動支援と外国人参政権問題とマスコミ問題をテーマとさせていただきました。

マスコミ問題を扱ったのは、それがブログ開設動機だったからであり、
保守系市民活動を取扱ったのは多くの護国保守活動がマスコミの不報道の対象となっておりここに光を当てることで保守勢力の底上げとなると考えたこと、外国人参政権問題については「にわか」論評は抑え他の有能な方の呼びかけPRや実績中心とさせていただきました。

この1年、ブログ活動において、私が心がけた点は以下の事項です。


・拙ブログの顧客(読者)は、前半は一般の方で想定し、後半は、保守系議員・団体・市民活動家および関係者で設定させていただいた

・保守系ブロガーの多くの方が扱い同じ論調となることがはっきりしているテーマについては、重複することを避けた

・反日勢力に対しては、単に批判的論調するにとどまらず、現実社会においてどうすれば打撃を与えられるかという視点から、制裁措置を含めてコメントさせていただいた

・外部の呼びかけ文などについては、自分が新規に作成して同じ内容となる可能性のあるもので自分自身が欲していたものであると認めた場合は、勢力分散を避けるためその外部の方のサイトをPR・借用させていただく方針とした

・衆議院選挙で大敗した保守政党に対しては、戦略・戦術面が稚拙であったのが敗北の原因だと確信したので、経営コンサルタント感覚での提案という形で考えていることを発表させていただいた

・保守系団体、保守系市民活動家については、一定の護国保守活動を行っていると認められるものについて、その活動に光を当てる視点からその良い点を中心にPRさせていただいた。一方、活動休止中と思われる団体等に対しては、戦列に復帰していただくための大義名分とその活動方法などについて示唆させていただいた

・保守系ブロガーについては、知識人を凌駕する有能なブロガーと2ちゃんねるタイプのブロガーの2階層が存在していると判断し、ブロガー全体の底上げを目的とした提案をさせていただいた

最後に、
1年を振り返ってみて、毎日毎日多くの発見がありました。そして、こんなにたくさんの原稿が作成できるとは思ってもみなかったことでもありました。
多くの読者の方からの数々の助言と励ましのお言葉を頂戴し、また、ブログ活動をきっかけに保守系団体や市民活動家の方々と交流などもあり、お世話になった皆様に深く感謝いたします。

この1年、ご訪問とコメント有難うございました。
来年も宜しくお願い致します。
良いお年をお迎えください。

waninoosewa at 17:00│Comments(0)TrackBack(0) ◆ 保守活動 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔