報道被害

2009年10月16日

麻生元首相、マスコミを名誉棄損での告発手続き開始いただけますか?

麻生元首相が、他人を告発するような姑息な手段を用いることを嫌っていることは伺っておりますが、売国法案提出目白押しの状況ですので、次の選挙を有利に導く手段と割り切って、マスコミを名誉棄損で告発する手続きを開始いただけますか?

http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/091016/trl0910160054000-n1.htm

「神の手」医師、毎日新聞を名誉棄損で提訴 「申告漏れない」

2009.10.16 00:52

 脳外科の権威として知られる米デューク大学教授で米ノースカロライナ州在住、福島孝徳医師(67)が15日、税務申告に関する虚偽の記事で名誉を傷つけられたとして毎日新聞社と朝比奈豊社長、担当記者に2千万円の損害賠償と謝罪広告掲載を求め東京地裁に提訴した。また、名誉棄損罪で担当記者とデスクの計3人を東京地検に告訴した。

 福島医師は同日、都内で会見し「申告漏れはない。事実を誤認し、歪曲(わいきょく)した記事だ」と話した。毎日新聞は「福島医師側とは誠実に話し合ってきた。今後は、司法手続きの中で適切に対応したい」としている。

 訴状によると、毎日新聞は9月8日付夕刊に「『神の手』医師 申告漏れ」との見出しで記事を掲載し、福島医師が巨額の申告漏れを税務当局から指摘された問題医師であるかのような印象を与えた、としている。同社の英文サイトにも掲載された。



waninoosewa at 11:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2009年10月06日

NHK職員が上層部の許可をとらないで?やっていることはヤクザ以上に悪質じゃないのか?

NHK広報局と番組関係者の行為の食い違いがある。

つまり、上層部の許可をとらないで勝手にやっているので、これだけでも番組関係者の処分を要求できるとはずだ。この場合の処分は、これら問題職員について番組制作に二度と係らせないことをNHK上層部に決定させ、発表させることだ。

抗議先は、視聴者コールセンターではなく、経営委員、上層部および内部監査機関でいいと思う。

この件で、先に、関係者処分を要求し、その状態で、訴訟を有利にすすめ、第二、第三の集団訴訟を新規に準備していく作戦がいいだろう。


NHK広報局は「台湾の方々からの抗議や疑問には誠意をもって説明、回答し、理解いただくように努めてきた。出演者にお会いし、納得いただいた場合もある。問題を不問に付すような要求や要請を行ったことはない」としている。

http://sankei.jp.msn.com/economy/business/091006/biz0910060131000-n1.htm


「偏向報道」抗議者に「不問」求める 訪台のNHK番組関係者

2009.10.6 01:30

 NHKスペシャル「シリーズ・JAPANデビュー アジアの“一等国”」(4月5日放送)の番組内容に偏向・歪曲(わいきょく)があったと批判が相次いでいる問題で、番組制作の中心となった番組プロデューサーらが、出演した台湾人らを現地に訪ね、抗議を取り下げるよう持ちかけたり、不問に付す文書にサインするよう求めていたことが5日、分かった。NHKはこの時点で、ホームページ(HP)上などで、番組制作や内容には問題はなく、「台湾人出演者からの抗議などはない」と視聴者向けに説明しており、こうした姿勢が台湾人らの不信感に拍車を掛けている面もあるようだ。

 訪台したのは番組のチーフプロデューサーとディレクター。

 関係者によれば、プロデューサーらは、東京地裁に国内の視聴者が集団訴訟を提起する直前の6月22日ごろ、番組に出演した台北一中の卒業生らに接触した。自宅などを訪ね、番組制作の趣旨などを説明し理解を求めたという。

 抗議と訂正を求める文書をNHKに送付した台湾人の中には、プロデューサーらから文書を見せられ、それにサインするよう求められた人もいた。

 文書は「NHKに対し『抗議と訂正を求める要望書』に署名・捺印(なついん)しましたが、これは私の意見です」などとしてあり、「事実関係や用語に関しては、NHKの説明を聞き、納得しました」「私はNHKに対して抗議する気持ちはありません」と書かれたうえで日付と署名する欄が用意されていた。

 

 番組で使用された言葉のうち、(1)台湾統治下の暴動・鎮圧を『日台戦争』と表現(2)日英博覧会での民族紹介を『人間動物園』と表現し見せ物にしたとコメント(3)台湾語の使用を制限したのを中国語を禁止したと表現(4)台湾人漢民族と表現−などの点が疑問視され、日本の台湾統治をおとしめる作為的な番組だったとする批判が起きていた。

 NHKが接触した台湾人のなかには、NHKに訂正や善処を求めた者もいたが、NHK側は「勘弁してほしい」などと答えたという。

 NHKの説明をつかみどころがない弁解ととらえ、「台湾人の立場を無視している」「誠意がない回答」と不信感を募らせ、サインしなかった人もいたが、なかには情にほだされサインした人もいたという。

 NHK広報局は「台湾の方々からの抗議や疑問には誠意をもって説明、回答し、理解いただくように努めてきた。出演者にお会いし、納得いただいた場合もある。問題を不問に付すような要求や要請を行ったことはない」としている。

 

 ■Nスペ・JAPANデビューへの抗議 NHKには番組出演者だけでなく、親日的な台湾の民間団体やパイワン族などがそれぞれ抗議し、番組の訂正や謝罪などを求めている。NHKは6月の時点では「台湾人出演者からの抗議はない」とHP上で説明したが、7月に抗議があったと明らかにした。NHKへの訴訟では8000人超の国内視聴者らが損害賠償訴訟を提起。原告は今後も増え、1万人超となる見通し。



waninoosewa at 11:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2009年03月19日

インターネットの誹謗中傷を誘発する、麻生首相の人格否定報道を繰り返す悪質マスコミへの告発を急げ

警察庁の発表によると、インターネット上での名誉棄損や中傷被害について、警察に相談するケースが08年中に初めて1万件を超え、過去最高となったそうだ。
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/news2/1235724860/l50
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/02/26/049/

先日、炎上したブログに書き込んだ人、18人が摘発された。
http://it.nikkei.co.jp/internet/news/index.aspx?n=MMIT2I000008022009
http://news.goo.ne.jp/hatake/20090205/kiji2915.html

これは、この手の犯罪の摘発として、最初の事例だと思う。

しかし、このような現象は、一部問題マスコミによる、麻生首相への人格否定報道、人格攻撃、誹謗・中傷記事と無縁ではないと思うのである。

日刊ゲンダイの記事を例にすれば、
・麻生首相、ワケ分からずに本を買っているとしか思えないまたも赤っ恥だと日刊ゲンダイ
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1236301252/
・麻生 景気対策もバカ丸出しと日刊ゲンダイ
http://logs.dreamhosters.com/html/1/229/389/1229389743.html
・麻生首相、総理大臣としての品位がまったく感じられなかった日刊ゲンダイ
http://k-c.mine.nu/np/view.php?id=1175858
・この首相の頭には脳ミソは入っているのか日刊ゲンダイ
 http://www.23ch.info/test/read.cgi/newsplus/1233450553/l50
・迷走続きのおバカ首相日刊ゲンダイ
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1234141752/
・ホントに狂っている麻生政権
http://www.asyura2.com/09/senkyo57/msg/111.html
・そのほかには、「バカ首相」、 「頭の中は完全にハタン」、 「まったく支離滅裂」、 「すべてがシッチャカメッチャカ」、 「ほとんど狂った頭の総理大臣」、 「麻生首相は頭が狂っているとしか思えない」
http://newtoriaezu.blog71.fc2.com/blog-entry-1385.html


さて、炎上ブログで摘発された18人の投稿者の投稿内容の詳細までは把握していないが、麻生首相に対するこの報道機関の見出しは、炎上ブログへの投稿と同等程度、悪質ではないだろうか。
従って、警察庁は、このマスコミの誹謗・中傷、人格攻撃、人格否定報道に対して、炎上ブログの摘発と同様、法的手続きをとるべきなのである。

もちろん、麻生首相の友人である松本弁護士も被害訴訟団を結成するなど、侮辱罪、名誉棄損、信用棄損での告発の準備をすべきと考える次第である。

日刊ゲンダイさんに忠告する。
今のうちに謝罪報道しておいた方がいいと思う。



waninoosewa at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2009年03月02日

北村先生!日本のために、友人麻生太郎氏のために報道被害に対し立ち上がって下さい。

北村弁護士は、麻生首相の友人だそうですね。
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/324.html
熱心に北村弁護士が応援演説する姿に、私も感銘を受けました。
それなら、なおさらのこと
麻生首相がこの数カ月報道機関から受けた
数々の理不尽な侮辱行為について
侮辱罪(刑法)、名誉毀損罪(刑法)、信用毀損罪(刑法)、脅迫罪で
告発することを助言するにとどまらず、
法的手続き行為を含めて、支援・主導していただきたいのです。

北村先生、日本のために立ちあがって下さい!
 
 http://www.bengoshi-kitamura.com/



waninoosewa at 17:45|PermalinkComments(0)TrackBack(1) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2009年02月07日

個人を侮辱する報道について名誉毀損、信用毀損、侮辱罪の適用を検討すべきである。

炎上しているブログを見つけ、おもしろがって投稿したり、ある行為を扇動したり、炎上しているブログを野次馬として見物することが、一種の流行になっているのは周知のとおりである。
倫理的には問題かもしれないが、1つの例を紹介する。
http://blog.goo.ne.jp/enjoublog?sess=12119318b11f8e4283dd06078e96bd71

最近、芸能人ブログにて、「殺人犯」などと事実無根の書き込みをした行為に対して、警視庁は、名誉毀損での刑事責任追及する方針であることを知った。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090205-00000004-yom-soci


名誉毀損罪
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%8D%E8%AA%89%E6%AF%80%E6%90%8D%E7%BD%AA

実は、法律上は、信用毀損行為、侮辱する行為についても刑事責任を適用することが可能なのであるが、そのことを知っている人は少ないと思う。

信用毀損罪
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A8%81%E5%8A%9B%E6%A5%AD%E5%8B%99%E5%A6%A8%E5%AE%B3
侮辱罪
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BE%AE%E8%BE%B1%E7%BD%AA

今回は、インターネットのIPアドレスで加害者を特定したのだそうだが、インターネットカフェから投稿した加害者を特定するのが依然難しいことが気になる次第である。

さて、国会では、政治的かけひきのために、人を平気で侮辱する行為が、白昼堂々と行われている。
前原氏は、そのようなことはないだろうと思っていたが、実に残念である。
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090204/plc0902041104006-n1.htm

次に、どちらかと言うと過激な見出しが多い、新聞社を一社紹介する。
http://gendai.net/?td=20090206

私は、この新聞社は、やり過ぎだと思う。

マスコミが、連日のように、首相の人格、識見、言動について罵倒する報道を続けるので、一個人においても炎上ブログにてマスコミのやり方をマネしている可能性が否定できないのであれば、次は、マスコミの過激な侮辱報道について、刑事責任の適用を検討いただきたいものである。






waninoosewa at 19:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote