◆ その他

2015年11月03日

今流行りの朝鮮カルタ

こちらのサイトで、50音ベースでの情報があります。

面白いです。

『朝鮮イロハカルタ』

http://ameblo.jp/nakasugi-hiroshi/entry-12089600055.html



waninoosewa at 14:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2015年07月11日

当ブログで紹介する「史実を世界に発信する会」に係わる文書について(告知)

当ブログで紹介している、「史実を世界に発信する会」に係わる文書について、読者の一人から「パクリ」と断定する指摘があったので、経緯を説明します。

当ブログとして「史実を世界に発信する会」の文書を紹介することを通じて協力することを、
当ブログ管理人が「史実を世界に発信する会」に申し出、
「史実を世界に発信する会」にて転載行為を了解いただいている前提で、ブログ掲載していることをお知らせします。

掲載されている、「史実を世界に発信する会」の原稿は、この団体の公式ブログサイトからの転載(コピペ)ではありません。「史実を世界に発信する会」茂木氏から、個別にメールで連絡があり、そのメール文を転載しているものであります。

読者の皆様におかれましては、こういう経緯、手続きを経たうえでの掲載ですのでご理解頂く様、お願いします。

以上


waninoosewa at 11:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2014年06月15日

サッカーワールドカップ 日本に勝利したコートジボワールのドログバ選手の感動的伝説

日本は、ワールドカップにてコートジボワールに負けた。
このコートジボワールのチームに、品格ある選手ドログバという選手がおり、かつて、コートジボワールで南北で戦われた内戦を止めさせたという伝説があるそうだ。

日本に勝利したコートジボワールの英雄ドログバ‼ ドログバ
http://www.youtube.com/watch?v=F-Kti9cMZ2c

http://news.goo.ne.jp/article/gooeditor/sports/gooeditor-20100610-01.html
内戦を止めさせた神様ドログバを止めた男にブラジルは <ゆるふわサッカー☆感戦記>
gooニュース2010年6月10日(木)13:00

ドのつくサッカー素人がお送りするこのコラム、W杯開会目前の2回目は、避けようとしても避けられない闘莉王とドログバの衝突についてです。かつて母国の内戦を止めさせた「神様」ドログバの復活を、アフリカはひたすら祈っていますし、そのドログバを止めた闘莉王をブラジル(の一部のサポーター)は「神」認定。神々の入り乱れる大会が間もなく始まります。(gooニュース 加藤祐子)

○内戦を止めた男

主要選手の負傷欠場が相次いでいます。「ゆるふわ」とかいうタイトルに「☆」までついているこんなコラムで取り上げるのは不謹慎なんじゃないかとためらわれるほどです。イングランド・ファンが「ぎゃー、ファーディナンドがー!」と叫んだ日本時間4日の夜、アフリカのサッカーファンは「ぎゃー、ドログバがーーーー!」と。Twitter上ではイングランド・ファンたちも、ふだんはチェルシー選手として応援したりけなしたりしているドログバの負傷を、「これは酷い。心から同情する」「アフリカでの今大会は彼の大会だったのに」と次々に書き込んでいました。

強化試合で日本の闘莉王と接触し、右腕の肘を骨折したドログバ。緊急手術を経て、7日にはスイスで調整中の代表チームと合流したそうです。英『インディペンデント』紙は「ファーディナンドのことはもういい。神様の復活を、国全体がじっと息をひそめて待ちわびているんだ。あの人たちのことを思いやろうよ」という記事を掲載。

「コートジボワールでは、ディディエ・ドログバは大統領よりも力がある」。そして国の平和を守ることにかけては「フランス軍よりも国連平和維持軍よりも実績がある」のだと。ゆえに国中の教会はドログバの右腕のために祈っているし、ドログバが初戦に出場できないとしても、「お守りとしてベンチにいてくれないと」と国民は思っているのだと。

なぜドログバがサッカーを超えた国民的ヒーローなのかというと、ご存知の方には今更ですが、「コートジボワール内戦を止めさせた男」と国民に敬愛されているからです。

コートジボワールでは2002年、与野党政治家や軍部が入り乱れる権力争いから内戦が勃発し、政府派の南部と反政府派の北部に分裂。北部の住民は真の国民(Ivoirite=イヴォワリテ)ではないなどという南部の政府派がまき散らす分断の思想に反発して、南部出身のドログバが、みんな同じ「Drogbacite=ドログバシテ」なのだと主張する運動を開始。「Elephants(象たち)」と呼ばれる代表チームとチームカラーのオレンジは、南部出身者も北部出身者もひとつになって戦う国民融和のシンボルとなりました。そして2005年10月、06年ドイツ大会の本大会進出を決めた試合の後、マイクを手にしたドログバは、更衣室でチーム全員と一緒に、生中継のテレビカメラに向かってひざまずき、内戦をやめるよう訴えたのです。

カメラに向かってドログバは、「コートジボワール市民の皆さん、北部出身の、南部の、中部の、そして西部出身の皆さん、私たちはこうやってひざまずき皆さんに懇願します。許し合ってください。コートジボワールほどの偉大な国がいつまでも混乱し続けるわけにはいきません。武器を置いて、選挙を実施してください。そうすれば全てが良くなります」と訴えた。そして(もちろんこれだけが理由ではありませんが)これが大きなきっかけとなって、1週間以内に戦闘が止まったのです。

さらに2007年6月、アフリカ選手権予選の対マダガスカル戦は当初、南部アビジャンで予定されていたが、ドログバ自らが大統領に直訴し、北部にある反政府軍の拠点ブアケでの開催に変更。南部出身者でしめられていた政府首脳も、敵対する北部の街を訪れ、出身地に関係なく「コートジボワール」を応援し、そしてドログバたちはマダガスカルを5-0で下した。

『インディペンデント』紙に、反政府軍「新勢力」(FN)の元指揮官は「ドログバにそんなことができるとは思ってもいなかった。しかし彼の行動のおかげで、国は再統一への道を前に進んだんだ」と話しています。

そして同記事いわく、ドログバはこれで神に近い存在となったのだと。

つまりはなんでしょう。日本で言うならば、サッカーをする坂本龍馬でしょうか? 今年の龍馬ブームに便乗するみたいで(幕末好きとしては)嫌なのですが。あるいは、内戦を止めさせたのだから、サッカースターな勝海舟? いや、ちょっと無理がありますね。脱線しすぎました……(脱線ついでに、内戦をせずにアパルトヘイトを終わらせた開催国・南アフリカの思いはこちらで)。

別の記事では、カナダからアフリカに熱い思いを寄せるジンバブエ人コラムニストが、「アフリカの活躍を誰よりも祈るべきは、闘莉王だ」とも。ワールドカップで勝とうが負けようが「いずれコートジボワールの大統領になるだろう」ドログバは、もしワールドカップで優勝すれば(「そうだ、私たちの夢はそんなにも大きい」)、母国だけでなくアフリカ大陸全体で戦いを止めさせるだけの力をもつだろうと。アフリカ全体の問題を解決してくれるだろうと。アフリカ全体の期待が、彼にかかっているのだと。

「更衣室でひざまずき、頼むから無意味な殺戮を止めてくれと頼んだだけで、そうさせたほどの男」は、「神」と呼ぶしかないだろうと、このジンバブエ人記者は熱く、熱く書き綴っています。「日本のディフェンダーの馬鹿げた」プレーが負傷させたのは、そういう男なのだと。「ドログバがアフリカにとってどれほど大事な存在か、もし田中が知らなかったとしたら、これから(南アで)ボールを触るたびに、野次や罵声を浴びまくってイヤと言うほど知ることになるだろう。特に、コートジボワールが期待を下回ったりしたら、尚のことだ」と。

いや……もう本当に……ごめんなさい……。

○内戦を止めた男を止めた男

アフリカの期待を一身に背負った「神様」をつぶした男として一躍有名になってしまった闘莉王。

英『ガーディアン』紙などによると、コートジボワールのエリクソン監督は試合後、「サッカーはフィジカルなゲームだ。日本の彼は別にディディエをケガさせようと思ってやったことではない。激しい試合で、あたりが激しくなることもあったが、問題行為は何もなかった」と、闘莉王を気遣ってくれました。

同紙は、闘莉王自身の「両サイドにとってとてもフィジカルな試合だった」「スタジアムにいた人全員、わざとやったわけじゃないことは見て分かったはずだ」「僕はそういう選手じゃないし、ワールドカップ目前の親善試合でそんな無理をするつもりもなかった」というコメントも紹介(闘莉王のコメントは英語にされたものを日本語に訳しています)。ドログバが欠場かもしれないと聞かされた闘莉王が「ええっ、それは残念だ。彼とチームに対して本当に気の毒に思う」と発言したのも載っています。

(ちなみに闘莉王発言のこの最後のくだり、ガーディアン紙の原文は「Oh, God. This is unfortunate. I feel really sorry for him and his team」。闘莉王が実際に何語でどう発言したのか分かりません。「I feel sorry for〜」は、「申し訳なく思う」と誤訳されがちな英語表現ですが、「残念に思う」とか「気の毒に思う」の方が近いです)


「サッカーを超えた存在」ドログバの凄さまとめ
http://okguide.okwave.jp/guides/73227


http://fox.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1402804985/l50

1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/06/15(日) 13:03:05.17 ID:eIy8nB5X0 ?2BP(1000)

    http://news.goo.ne.jp/article/gooeditor/sports/gooeditor-20100610-01.html
    http://www.vanityfair.com/culture/features/2007/07/ivorycoast200707

    「コートジボワールでは、ディディエ・ドログバは大統領よりも力がある」。

    そして国の平和を守ることにかけては「フランス軍よりも国連平和維持軍よりも実績がある」のだと。

    なぜドログバがサッカーを超えた国民的ヒーローなのかというと、
    「コートジボワール内戦を止めさせた男」と国民に敬愛されているからです。

    コートジボワールでは2002年、与野党政治家や軍部が入り乱れる権力争いから内戦が勃発し、
    政府派の南部と反政府派の北部に分裂。

    「北部の住民は真の国民(Ivoirite=イヴォワリテ)ではない」などという南部の政府派がまき散らす分断の思想に反発して、
    「南部出身」のドログバが、みんな同じ「Drogbacite=ドログバシテ」なのだと主張する運動を開始。
    「Elephants」と呼ばれる代表チームとチームカラーのオレンジは、
    南部出身者も北部出身者もひとつになって戦う国民融和のシンボルとなりました。
    そして2005年10月、06年ドイツ大会の本大会進出を決めた試合の後、マイクを手にしたドログバは、
    更衣室でチーム全員と一緒に、生中継のテレビカメラに向かってひざまずき、内戦をやめるよう訴えたのです。
    カメラに向かってドログバは、

    「コートジボワール市民の皆さん、北部出身の、南部の、中部の、そして西部出身の皆さん、
    私たちはこうやってひざまずき皆さんに懇願します。許し合ってください。
    コートジボワールほどの偉大な国がいつまでも混乱し続けるわけにはいきません。
    武器を置いて、選挙を実施してください。そうすれば全てが良くなります」

    と訴えた。


    続く

5 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/06/15(日) 13:05:07.32 ID:eIy8nB5X0 ?2BP(1000)

    これが大きなきっかけとなって、1週間以内に戦闘が止まったのです。
    さらに2007年6月、アフリカ選手権予選の対マダガスカル戦は当初、南部アビジャンで予定されていたが、
    ドログバ自らが大統領に直訴し、北部にある反政府軍の拠点ブアケでの開催に変更。
    南部出身者でしめられていた政府首脳も、敵対する北部の街を訪れ、
    出身地に関係なく「コートジボワール」を応援し、
    そしてドログバたちはマダガスカルを5-0で下した。

    『インディペンデント』紙に、反政府軍「新勢力」(FN)の元指揮官は

    「ドログバにそんなことができるとは思ってもいなかった。
    しかし彼の行動のおかげで、国は再統一への道を前に進んだんだ」

    と話しています。

    そして同記事いわく、

    “ドログバはこれで神に近い存在となったのだ”と。

    http://img.thesun.co.uk/aidemitlum/archive/01379/SNF2108A-682_1379063a.jpg
    http://static01.nyt.com/images/2011/04/06/timestopics/topics-ivory/topics-ivory-sfSpan.jpg
    http://wp.streetwise.co/wp-content/uploads//2014/06/Ivory-Coast-cote-divoire-World-Cup-Preview-Schedule-Roster-Squad-Predictions-Drogba-Documentary-Yaya-Toure-Health-1024x549.png
    http://thesoccerdesk.com/wp-content/uploads/2013/05/desk27.jpg
    http://www.mtholyoke.edu/~tasni22m/classweb/world_politics/images/clip_image002.jpg
    http://4.bp.blogspot.com/-OItWMq--kLM/UVV-3Z7AQVI/AAAAAAAAABo/pOIfJJhxfYY/s640/drogba+interview.png
    http://i5.eurosport.com/2012/02/12/809229-20654171-1600-900.jpg
    http://pixdaus.com/files/items/pics/1/30/20130_966b60ed39d41ee86af13cf5fd87acec_mdsq.jpg
    http://4.bp.blogspot.com/-aAgjLS0OrL4/Toi8TKYyvII/AAAAAAAAADY/5dQ37Ll5ENI/s1600/PICT4763.JPG
    http://blog-imgs-29-origin.fc2.com/m/o/m/momolunafever/20110124155437fc4.jpg
    http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/2/f/500x400/img_2f1c3c6eaa3bb7f7961e0434ca52d5ce211204.jpg
    http://calciomatome.up.seesaa.net/image/japaneseonlyE6B5A6E5928C.jpg





waninoosewa at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2013年10月09日

ブックオフに古書を販売すると

一般の本で一冊10円(買い取り不可が大半?)
マンガ本で一冊30円
マンガ本の買い取り価格が高いのには閉口します。

こんなことなら、自治体図書館に寄贈すべきと思います。

【画像】 ブックオフ宅配買取で370冊売った結果wwwwww
http://rastaneko.blog.fc2.com/blog-entry-11635.html



waninoosewa at 18:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2013年01月01日

謹賀新年

年賀2

http://www.biranger.jp/archives/59523

日本人なら知らないと恥ずかしい「初詣の参拝マナー」5つ

日本では昔より、大晦日の夜から元旦にかけて参拝することを”二年参り”といい、高い功徳を積むことができ、縁起がいいといわれています。

そのため、真冬の寒空の下、積極的に神社へ出向く人が非常に多いのです。ですが、 ただ神社へ行くだけでは、参拝をしたとはいえません。初詣にもマナーがあるんです!

■1:鳥居をくぐるときは帽子を脱ぎ、服装を正して一礼する

神社やお寺は神聖な場所です。きちんと身なりを正してから中に入るようにしましょう。

■2:境内に入ったら端を歩く

参道の中央は、神様の通り道(正中)なので、端を歩くようにしましょう。

■3:本殿に向かう前に手水でお清め

参拝前に手水を使い、身を清めましょう。その方法は下記のとおり。

(1)右手で柄杓を持ち、水を汲み左手を清める

(2)柄杓を左手に持ち替え、右手を清める

(3)さらに柄杓を右手に持ち替え、左手に水をため、口をすすぐ

(4)最後に柄杓の柄を洗い、立てかける

■4:正しい参拝方法

拝殿前に来たら、心静かに参拝しましょう。

(1)一礼する

(2)自分の気持ちに見合った額のお賽銭を入れる

(3)鈴を2、3回鳴らす

(4)二礼二拍手をする・・・この拍手は、願いを叶えるために神様を呼び出したり、邪気を払うためなどの諸説があるので、大きないい音を出すようにしましょう。

(5)合掌して祈願

(6)最後に一礼

お寺を参拝するときは、鐘をつき、お賽銭をおさめてから合掌します。このときに、決して手は叩かないように! 

■5:帰宅時に鳥居をくぐるときは、振り返り一礼する

いざ初詣に行っても、マナーがわからず隣の人を見たり、キョロキョロするのはちょっと恥ずかしいですよね。今年こそは、参拝マナーをしっかり覚え、これまでとは違う厳かな新年を迎えてみてはいかがでしょうか。




waninoosewa at 04:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote