2009年11月17日


風邪完治!
そば効果すげー!(笑)

たいしたことない風邪でよかった。
旦那サンにうつす事なく自己完結型でした。
お弁当作ってる間に、くしゃみとかものすごいしたけどw

金曜日休んだんだけど、ずっと寝てるのも腰が痛くなるし
何か天気も良かったからさ、洗濯とか、掃除もしたり(笑)

寝ていて汗をかくのも、身体を動かして汗をかくのも一緒!
勝手に思い込む私。

労働後に仮眠。小一時間で目が覚める。
前日早く寝たしな〜 おばあちゃんか!

幸い熱も下がったから、ストーブ付けて服も着こんで
温かいお茶を入れ読書タイム。
旦那サンがいるとなかなか出来ない読書。

「ソフィーの世界」を読む。

ソフィーの世界―哲学者からの不思議な手紙ソフィーの世界―哲学者からの不思議な手紙
著者:ヨースタイン ゴルデル
販売元:日本放送出版協会
発売日:1995-06
おすすめ度:4.5
クチコミを見る
以前、半分まで読んでずっと放置してあったやつ。
忘れてるので最初から読む事にした。

カントだのデカルトだの、
昔、倫理の授業で習った人の名前がゴロゴロと出てくる。
こんなんだったか。

倫理の内容よりも、当時の倫理教師が瞬時に浮かぶ自分の頭を呪う。

でも、だって… その先生は
これと
六角精児を水でふやけさせて
1.5倍くらいにして







これを足すと
山里亮太を足して
血色を良くした感じ。







つまり、ドドリこうなる(笑)アさんみたいな(笑)


<つまりイロニーって事?





倫理の授業よりその先生の方が気になっていた私。
背は高く、太っていて、声が高い。
なぜ、いつも髪の毛がギトギトなのかとか
ジャージの丈が短いのかとか。

からかわれる要素てんこ盛りのその先生は
生徒受けの良い、面白い授業にしようと必至だった。
確かにその思想家の印象のとらえ方とかは面白かった気がする。

でも、実際、覚えてねーし。

テストの点数は良かった気がするけど。

倫理の教科書って小さくてが薄かったような気がする。
あんなペラペラの教科書の中にこれだけの内容は入ってない。
ソフィーの世界で改めて哲学の勉強をした気分。

この本、売れているとか有名だったから買ったわけじゃなくてね。

この本の作者のヨースタイン・ゴルデルはノルウェーの児童文学作家で
「カエルの城」や「カードミステリー」を書いていて
絵本とか児童書が好きな私はそっちを先に読んでいた。
ソフィーの世界の後に出したアドヴェント・カレンダーも面白かった。

おちょこ、お勧めの作家ですよ。
キリストとかやっぱり哲学とか宗教色は強いけど。

久しぶりに集中して読書。
いい気分。

つぎは何読もうかな〜♪


まだギリギリ読書の秋w
押してくれてもいいじゃない?
   食欲はオールシーズンです(笑)



おちょこwanko764 at 11:59│コメント(2)トラックバック(0)