トレーラーハウスワンコ暮らし

ある日突然降りかかったシェパードとのトレーラーハウス暮らし。 その犬たちとの日常や仕事、トレーラーのドタバタ日記。

新年あけました

新年明けました。
遅いご挨拶です。
元日から早番勤務、翌日は夜勤。
年末年始関係なし。
ある種、サービス業ですもんね。

ちなみに、かーちゃんも大晦日は仕事で帰宅は元日。
ですので年越しはモフと二人で。

その日ではないですけど、モフ寝るときはこういう感じで寝始めます。
寝姿









落ち着かないと、あっち向いたりこっち向いたりして、結局ずり落ちて。
で、本格的に寝るときはバリケンに突進。

バリケンに飽きると出てきて、とーちゃんの布団の上で。
だいたい朝までとーちゃんの布団の上で寝てますね。

夜眠る前はガキのぐずりが甚だしい。
眠いんだけど、どうしていいかわからない感じで。

で、かーちゃんのそばでゴロゴロバタバタ。
こうやってかーちゃんに相手してもらっています。
ぐずり






寝る前のぐずりは、とーちゃんの所には来ませんね。
眠るときは来ますけど、ぐずりはかーちゃんのところ。
モフなりに使い分けている様子。

最近は朝飯前にずっと庭で遊んで大暴れ。
ってか、寝起きはほとんどご飯を食べません。
作ってもほとんど手を付けない。

一匹だから競争がない=焦らない、危機感がない、のでしょうか。
食べられるときに食べておかないと、と言う感じはないです。

午前中はほとんど眠りません。遊んで食べてまた遊んで。
昼過ぎになると、睡魔が襲ってくるようです。

庭で遊んでいても、こうやって睡魔が。
昼寝







でもそうそう寝かせませんよ。
ちゃんと遊んでちゃんと食べて、ちゃんと出して。
なので、夜はよく眠ります。
ぐずりがすごいのが困りものですけどね。

一匹なので、依存心と甘えはハンパないですね。
これでいいんか、とも思いますけど、現状ではどうしようもないし。

年末も年始も、かーちゃんとモフとドタバタ暮らしています。

そうそう、開拓地を荒らしていたイノシシ、エアガンの連射と電柵に懲りたのか今は来なくなりました。
ただ、誰に聞いても「竹の子の時期まで油断するな」と言われます。
確かに、うちには来ていませんが遠くの犬はよく吠えています。
今はほかの土地を荒らしているのでしょうか。
油断せず、対策を講じていきます。

限界・・・里親募集

本当はこういう記事は書きたくなかったのです。

でも、限界が来たような気がします。

かーちゃんの体調が悪化しています。
モフとかーちゃんが同居し続けるには限界が来たと思います。
ですので、このままモフを飼い続けることは不可能に近いことになりました。

どなたかモフを引き取って飼育してくださる方を募集したいと思います。

モフもかわいくて大事です。
しかし、かーちゃんの方がやはり大事です。
となると、モフを手放さざるを得ないと思います。

いろいろ試して、いろいろ試行錯誤してきましたが、手放すこと以外方法がないと思います。

オス、今年4月21日生まれ、0歳八カ月、12月現在26圈¬さ鄒、ワクチン接種済、フィラリア陰性、
12月までフィラリア予防薬投与済、未訓練、血統書あり。
アレルギーあり(未検査)と思われる。そのためインタードッグを25圓砲覆襪泙巴躰佑靴討い泙后

甘噛み癖あり、臆病、甘えん坊、いたずら好き、
現在室内飼いですが、外飼いでも可。番犬としても可。
散歩しても外でオシッコ、うんちできません。

人間に対してはフレンドリーでどの人に対しても吠えたりしません。
(女性が好きなのかもしれません)
不審な動きをする人には警戒吠えがあります。
他の犬に対しても基本吠えません。
出会ってすぐ噛みつきもありません。
臆病で甘えん坊のかわいい性格が基本です。
モフ10月10日現在










譲渡費用  原則ワクチン投与代、お届けの際の交通費以外は請求いたしません。
そのためできるだけ近辺の方にお願いしたいと思います。
お届けにあがります。その際飼育環境の確認をさせていただきます。
(なるべく空輸は避けたいと考えます。)

現居住地 茨城県笠間市

お知り合いの方でもかまいません。
終生飼育してくださる方、よろしくお願いします。

苦渋の決断です。
どうかご理解をお願いいたします。

コメントに記入くだされば、こちらからご連絡いたします。
(コメントは非公開となっておりますので個人情報は洩れません)


獣 けもの ケモノ・・・・

ご無沙汰しとります。
ほとんど「お久しぶりです」というセリフが似合いそうなぐらい放置。

ま、いろいろあったと言えばあったし、なかったと言えばなかったし。
いや、なかったとは言えないか・・・・

放置の一番の原因は「デジカメの廃棄」でしょうか。
充電できなくなって、当然撮影もできないわけで。

写真がないと更新ができない、ってえ訳でもないんだけど。
気合が抜けることは確かで。

それに輪をかけていたのが「モフ」

ガキはやんちゃだ、と分かってはいたものの。
こちらの想定をはるかに越して手に負えない状態で。

凶暴ってわけじゃあなく、ただひたすら行動のすべてが「遊び」になっている。
そして「噛み癖」
遊びと噛み癖がくっつくから手に負えない。

正直、持て余す場面が増えている。
かといって、可愛くないわけじゃあない。

だからややこしい。

最近は叱られると、こうやって犬舎に閉じ込められる。
犬舎









ただ「噛み癖」があるので、ヒマになるとどこでも噛みまくる。
だから何でもかんでも壊れる。
ここ数週間は、壊される前に改造と改良の繰り返し。
でも壊される。イタチごっことはこういうことを言うのだろう。

何せ、モフを迎えるにあたって想定してしまったのがビーベスと言う老犬モード。
だからガキの破壊力に太刀打ちできなかった。
結果、改造と改良補修の繰り返しとなり。
しかもデジカメがないので写真も撮れない。

タブレットで撮ればいいんだけど、それが面倒くさくて。
なかなか更新する気になれないほど、モフとの闘いに疲れているというのが正直なところ。

かーちゃんの「ハゲ」が落ち着かないのはモフのせい?

なんていうバトルの日々を送っているある日。

臆病なモフ(ほんまに臆病なんだから)が夜中に警戒吠えを続けることがあった。
隣(開拓地の向こうの地主)の犬も吠えまくっている。

別に気にもしなかったのだが、翌日かーちゃんが開拓地を覗いてみてびっくり。
開拓地






小さくてわからないかもしれないが、何かに耕されたようになっている。
この写真は初日のものである。

そして、それから数日の間に、下の開拓地は一面全て耕されてしまった。

犯人は「イノシシ」
それも一頭じゃない。

数日の間の夜間、犬の警戒吠えがするたびにライトで開拓地を照らすとイノシシの姿があるのです。
多い時には七頭いた。
少なくとも一頭と言う日はなかった。

犯人が分かってからは、竹藪を整備し、鹿威しを作り、いろいろやってみたが効果なし。
車で追い散らしに行っても、あざ笑うかのように平然と掘り返して何かを食っている。

車をぶつけるほどの勢いで追いかけてやっと逃げ出す始末。
でも、車が立ち去るとすぐ出てくる。
これもまた「イタチごっこ」である。

とうとう飛び道具も準備した。
ロケット花火に爆竹、エアライフルにガスガン。

車で追い散らし、ライフルで撃ちまくって少し回数は減ってきたかな。
竹藪の中も、切り落とした竹でバリケードを作り、イノシシが簡単には動けないようにして。
それでもあやつらは、隙間を見つけては侵入してくる。

で、車を出動させて追い散らして。

毎晩ケモノとの闘いをしています。

モフの臆病な警戒吠えが目印。

さて今晩は来るのかな・・・・






相変わらずの悪ガキで・・・・

やっと開拓地のコスモスが満開になりました。
コスモス





でも、総数は例年よりははるかに少ないです。
やはり日照不足が影響しているのでしょうか。

もっともこれだけ咲いてくれれば、とりあえずは満足ですけど。


悪ガキは、時間のある時かーちゃんに訓練の真似事を始められています。
真似事





まだまだ訓練には程遠い感じですが。
真似事2





反復していくことで、少しずつ入ってくれれば、と切実な願いです。

それ以外は、とーちゃんと散歩が始まりました。
まだ自宅周りはダニが怖いし、トラックも多いし。
まともに歩けないモフを連れては、とーちゃん自信がありません。

で、車で下界まで下りて街中の歩道をお散歩。

これのメリットは・・・・
1.当然だけど、ダニへの不安が軽減する。
1.車に乗ると楽しいことがある、と覚えさせられる。
  今までは「車に乗る=病院へ行く=嫌なことをされる」という図式しかなかったので。
1.人、車、他の犬、自転車、など多くの経験ができる。
  自宅周りだと経験できるのは、鳥、毛虫、バッタ、カエル、栗のイガ、雑草、時々動物の死骸、などだから。
1.ついでに買い物ができる。

デメリットは・・・・
1.いちいち時間がかかる。
1.早朝など辛いし、行かないこともある。
1.深夜も辛い。

まあいろいろありますが、散歩はとーちゃんにとってもいい効果があるので頑張ってみようと思います。

さて、今日は、と言えば・・・・

こんな・・・・
水遊び





水遊び・・・・ですが、実はお風呂の前準備。

モフゾウ、ずいぶん洗ってないので、臭い・・・・犬臭い・・・・
天気もいいし、とーちゃん休みだし、で。

でも、この写真の後、洗ってみると予想外に水が冷たい。
いつもなら、シャワーをつないでいるから温水で洗うんだけど。
あったかいから大丈夫かな、と水のまんま・・・・やっぱり寒かった。

で、急遽濡れたままのモフをバスタオルで包み抱き上げ、風呂場に突入。
狭い風呂場で、かーちゃんと大バトル。

写真なんか撮れる状況でなく。
約20キロになろうかと言うモフ。
二人がかりで大騒ぎ。

噛むことはないんだけど、暴れる暴れる。

かーちゃんの足には、モフゾウのひっかき傷が。
傷





実は足だけではない。
日常の暮らしの中で、モフはどうしても甘噛みが止まらない。
かーちゃんの腕は、傷だらけ。
とーちゃんが居るときは、怖いとーちゃんになるので途中で止めるんだけど。
かーちゃん一人だと、遊んでくれていると勘違いして、どうしても噛んでしまう。
かーちゃんも、そうとう叱ったり投げ飛ばしたりしているんだけど、そのすべてを悪ガキは遊びと判断して。

ま、とーちゃんは力業で追い込むから怖い存在みたいだけど。
ただ、体力が有り余っていて、それが要求過多になっているようでもあるので、とにかく運動させるよう注意しています。

図体はでかくなったけど、まだ五カ月のガキだからね。

ということで、図体ばかりがでかくなって、まだまだ精神年齢は低いモフでした。

そうそう、今日お風呂が終わって身体を拭いているとき、どうみてもこいつは展覧会系じゃあねえぞ。
この毛質は訓練系だよな、どこがモフモフなんだよ、って話になって。

尻尾はフサフサにならないし、たてがみはないし。
もしかして、引き取るときに予定とは違った子を引き取ったか、と疑いまで出る始末。

まあ、引き取っちまったからもう後戻りできないんだけどね。
もう一頭欲しいところなんだけど、予算がついていかねえ。

モフだけで一カ月にどれだけ病院代払ったか。
アレルギーもまだ完治してないから、病院通いも続いている。

モフに振り回される我が家でした。
もっとも、振り回されていて休む暇もない、ってのはこっちも元気になる要素なのかもしれないけど。

そう思わないとやっていけないという現実もあるわけでして。
明るい未来は来るのでしょうか(笑)

何気ない日常の中で・・・・

モフは確実に成長しています。

良くも悪くもモフとして・・・・

今、最大のネックは「噛み癖」と「拾い食い」
口が関係する問題が最大の悩み。

噛み癖はだいぶ「甘噛み」になりましたが、興奮すると力が入り・・・痛い。
興奮=体力が有り余っていると想像しているんだけど。

まだまだガキだから思いっきり遊んで体力使ってストレスを発散させてあげるのが一番だろうと思ってはいるんだけど。
なかなか体力を使いきれるほど遊ばせていないから。
必然的にストレスや不完全燃焼が増えていって。

だから思う存分遊べた時は噛み癖はガクッと減るし。

やっと開拓地の草刈りが一段落したので、モフをリードつけたまま開拓地もお散歩できるようになりました。
家の周りや開拓地を散歩して、時々街中も散歩して。

庭でもやっと自由に放牧できるようになった。
これは、モフが少し大人になってきたからできるようになったという感じ。
以前ほど何でもかんでも口に入れることが減って。

最近は芝をむしり取って食べるぐらいか。
ある程度遊び噛みが収まると食べなくなる。
だから、ある程度自由にさせて・・・・食べたきゃ食べろ、と言う感じ。

拾い食いは怖いからリードは常に短く保持して。
でも、もしかするとジェントルリーダーが必要かも。

ジアルジア症は治ったはずなんだけど、まだ軟便状態が続いている。
消化器系に問題ありなのかな。

体重は16キロを超えました。
乳歯もどんどん抜けてます。
乳歯






この写真では4本ですが、更に今は4本抜けてます。
それ以外にも抜けてはいますが・・・・

今、口の中にはサメの歯状態が・・・・
サメの歯






犬歯がサメのように二重に並んでる。
ずっとこのままだったりして・・・・痛そう。

夜中のおしっこは、むっくりと起きだしてとーちゃんの顔をベロベロなめてお知らせします。
ベスの時は頭突きだったけど、舐められた方が確実に目が覚める。
アイとビーは、音も立てずに入口でじーっと無言のアピールだったから夜中は気がつくことが難しかった。

個体それぞれ個性がありますな。

でも、家の中で放尿しなくなっただけマシか。
うれしょんはしますけど。

やんちゃなモフですが、なんとか折り合いをつけながら日々暮らしております。
しかし、手がかかるやっちゃ。
自由気まま






どう見ても「悪ガキ」の表情しか見えてこない。

ギザギザハートの子守歌を地で行っている・・・・


訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

コメントありがとう
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ