トレーラーハウスワンコ暮らし

ある日突然降りかかったシェパードとのトレーラーハウス暮らし。 その犬たちとの日常や仕事、トレーラーのドタバタ日記。

お出かけ

昨日、お届け物もあったので犬友さんちへお出かけしてきました。

隠れた目的も・・・・


これです
10歳のお嬢









御歳10歳のお嬢。
老いてますます元気です。

元気の源は・・・・

これ
白イヌ






白イヌ
若い娘です。

当然バトルは日常茶飯事
バトル






側で見ていると、バトルをしたままこちらに体当たり。

ああ、大型犬のこの重量感。
足に伝わる衝撃の心地よさ。

久しぶりに走り回る大型犬(シェパード)を触りまくり堪能してきました。

こういう風景が欲しかった。
ついこの前まで、我が家にもこういう風景が日常的にあったんだよねぇ。

やっぱり犬のいる暮らしはいいなぁ。
多頭飼いはいいなぁ

あの重量感、たまんないわ。



で、先ほど・・・・

かーちゃんが書いたブログを読み終えてフッと目を向けると・・・・

犬が・・・・
いぬ?






いえいえ、毛布が犬に見えただけでした。

とーちゃん、末期症状かもしれません。

ニンコの呪縛

5月10日はベスの命日でした。
そして、12日はビーとベスの誕生日でした。

犬のいない暮らしが四カ月になろうとしている・・・・

どうにもこうにもならなくて、昨日・・・・

千葉までシェパのパピーを見に行ってきました。

幸か不幸かメスはすべて予約が入り、オスしか残っていませんでした。

もともと「オスは対象外」と宣言してた・・・・はずなんですが。

パピーは悪魔です。

ちょこまかと動きまわるパピーの姿に、もはやオスでもメスでもいい、シェパが欲しい。

悪魔のささやきが頭の中にこだましました。

「ほれ、あの子、見つめてるよ」
「ああ、この子の甘噛みが気持ちいい」
「僕を連れてってって訴えてるよ」

悪魔のささやきを振り切り、もう一つの目的。

そう、実は目的はシェパのパピーだけではなかったのです。

この訓練所で保護されている「グレートデン」を見に行ったのです。

この子
デン3






名前は「デン」
メスの推定2〜3歳程度か。
名無しでは飼育しにくいので、グレードデンのデンちゃんとなりました。

グレデンにしては小ぶり。
臆病でビビりな甘えん坊。

初対面の二人にも吠えることもなく、恐る恐る興味を示し、かーちゃんには最後にはもみくちゃにされてました。
とーちゃんは少々腰が引けてましたが、一応舐めてもらえました。
やはり、犬の扱いにかけてはかーちゃんはすごいものがあります。
とーちゃんは、ただただ溺愛するだけのダメおやじっぽいです。

トレーナーさんにこんなかわいい目線を
DSCF7059






トレーナーさんにべったりでした。

里親さん募集しています。
グレデンですので、もちろん大型犬。

かーちゃんのブログに詳細が載っていますので参考にしてみてください。
新しい家族に巡り合えるといいなぁ。

デンちゃんの写真を撮るのが主目的でした。
シェパパピーの写真は撮っていません。
予約の入っている子が多いですし、パピーの写真なんか撮った日にゃあ、とーちゃんおかしくなりそうだから。

でも、気になる子はいるのです。
顔のでかいやつ、ふてぶてしそうで、雰囲気がニンコに似ていて・・・・

帰宅して、ニンコの写真に一言

「ニンコ!どうすりゃいいんだよ!」


ニンコは何にも言いませんでした。(言ったら怖いけど)

とーちゃんは今、揺れる思いです。


命日

昨日19日はニンコ(アイ)の命日でした。

六年前の東日本大震災の年、亡くなりました。

もう六年も経つんですね。

早いです。

あれから、ベスが突然逝き、ビーもがんばった末、今年一月に逝ってしまい・・・・・

犬のいない、犬毛のない部屋になってしまいました。

思い出さないようにと思いつつ、しっかりと思い出しています。

無理ですよね。

でもね、あいつらがいないから、買い物もお出かけもある意味気兼ねなく行けるんです。

こういう時間が来るとは思っていなかっただけに・・・・

いつも不思議な感覚のまま出かけています。

暗い記事にはしたくないし、思い出ばかり書いてメソメソしても仕方ないし。


だから、ワンズがいないことで自由な時間ができているんだということを考えるようにしています。

だって、本当に・・・・

あいつらの飯の時間だ、って焦らなくていいし。

寝る前のシッコに出さなくてもいいし。

留守番させているから早めに帰らなきゃと焦って買い物しなくていいし。

暑い日は、車の中で待たせるのやばいよなぁ、といつもエアコン全開でエンジンかけっぱなしで留守番させて不安に苛まれたり。

そんな犬中心の行動がないんですよ。

楽ですよ。

でもね、その楽な時間を楽しめないんですわ。


やっぱ、犬中心の暮らしで、犬がすべての暮らしで。

そんな人生がやっぱり大好きです。

人それぞれですから理解を得ようとも思っていませんけど。

とーちゃんとかーちゃんは、やっぱり犬がすべて、です。


だから・・・・しばらくしたら・・・・・シェパを探します。

探す?

いっぱいいるだろうに、と言われるかもしれません。

が、我が家、けっこう好みがうるさいのです。

シェパでも、いろいろ好みがあるわけでして。

とか何とか言いながら・・・・

シェパ以外の犬種にも色目を使ってます。

はてさて、我が家の犬探し。

どんな結果になるのでしょう。

見つかるまでは、犬のいない暮らしを満喫します。

犬が来れば、大好きだけど大変な暮らしに戻りますからね。

昨日はアイの命日。

大切な大好きだったアイの命日でした。

で、明日はかーちゃんの誕生日。

今月はいろいろあるのです。


ネモフィラ

夜勤明けの昨日18日、ひたち海浜公園に行ってきました。

ホームページに「ネモフィラ五分咲き」との情報があったため・・・・

毎年、満開になるとニュースネタになるほどなので、満開時期は相当以上の混雑になる。

行きの高速道路を見ると、ひたち海浜公園出口のずいぶん前から
「渋滞時は一つ先の出口から迂回をお願いします」
とかいう立て看板が出てた。

高速道路から渋滞が始まるんだ、と悪寒が・・・・
だって、海浜公園のデータによると・・・

西駐車場2000台
南駐車場2000台
海浜口駐車場700台
ってキャパが書かれているのに、それでも渋滞かぁ?って感じで。

恐ろしくて満開時になんか行けません。

だから、五分咲きで妥協しました。

もちろん大蔵省のお袋様と一緒に(笑)

広すぎる公園のため、受付で車椅子をレンタル。
(電動アシストじゃあなかった、重かった)

こういう風景でした。
ネモフィラ1







ジグザグの登攀路を車イスを押しながら
ネモフィラ2







頂上の「見晴らしの鐘」のところ
ネモフィラ3







上から見ると、意外と見えない。
やはり、下から見るのが壮大かも。
ネモフィラ4







これでも横幅が広すぎて、デジカメでは収まりきらない。
これで五分咲きですので、満開になったらすごいんだろうと実感。

下界に降りてきて休息中に、食い意地の張ったお袋様が何か食べたいと。
たくさんある売店でとーちゃんがゲットしたのは、これ。
豚ドッグ






地元の豚を使った「豚ドッグ」(ってぇ犬じゃないのがなんともよかった:笑)
この巨大さ、えげつなさ。
これで400円。とーちゃん的には「安い!」でした。
なかなかうまかった。雰囲気もあるのだろうが(笑)

かーちゃんが入手したのは
くまさん






くまさんカステラ。
まあ、鈴カステラのような、人形焼のような・・・・
可愛さだけの普通の味で・・・・

ネモフィラ五分咲きのこの季節。
狙いは、同時期に咲いているほかの花々。

これはスイセン
スイセン






まだ満開には至らず。
広大な面積に88品種ものスイセンが咲き乱れる。
乱れる、というより企画通りにデザインされた植え方で。
これだけあると、一面スイセンの香りが。

そして、チューリップ
チューリップ1






これも五分咲き
よく見ると、咲いている花の隣に蕾が。
時間差で咲くように調整して植えてある様子。
だから、いつまでも楽しめるようになっているのでしょう。

ネモフィラの満開に合わせてあるようです。
だから、ネモフィラ、スイセン、チューリップが同時期に楽しめます。
菜の花もたくさんありましたが、さすがに終わりかけ。

でも、これで公園面積の半分も歩けていません。
車いすを押して歩くのは、これが限界。
残り半分は、またの機会にしましょう。

ちなみに、ネモフィラの咲いている見晴らしの丘の左半分が蕎麦の花になり、ネモフィラの後はコキアに変わります。
だから、ネモフィラのそばにコキアの落ちた種から芽を出しているのがいっぱいありました。

秋口のコキアも壮大でしょう。

満開ではないけれど、いろんな花も楽しめて観光客もそんなに多くなくて。
けっこう健康的な一日でしたよ。
ちなみに、ここはワンコも同伴で入れます。
だからいろんなワンコにも会いました。

我が家も以前連れてこようと思っていたのですが、三頭のうちいつもどれかが入院したり手術したりしていてタイミングが合わず。
真夏は暑くて無理だし、冬は花が咲いていないし。
で、結局間に合いませんでした。

あいつらと一緒に歩きたかったなぁとしみじみ感じながらの観光でした。

そして86歳になるわがババぁ。
元気です。
さすがに長距離は歩くと膝が痛いので車椅子のお世話になっていますが、日常の買い物なんかは普通に二足歩行で。家の中でも平気で歩き回って家事も何でもやっている。
食い意地は張っているし、しばらくはいたって健康な暮らしを満喫するでしょう。



またまたお出かけ

昨日・・・・夜勤明け・・・・天気は雨・・・・

このままじゃあ寝るだけの一日になる・・・・

よし、蕎麦を食いに行こう。

っていう理由を書いているけど、実は一昨日から決めていたこと。
せっかく常陸秋そばの名産地に住んでいるんだから、たまには蕎麦をメインにしてもよかろう。


ということで、県北に向かって出発…の予定だったけど、一応お袋様にもお誘いの電話を。
なんか用事があったみたいだけど、蕎麦を食べに行くのを優先して用事はキャンセルしてた。

親父のことも含めて、ここに帰ってきたことだけで親孝行だと自負はしているのだけど・・・・
お袋様の年齢が年齢なので少しは親孝行の真似事をしておきたいという思いもあって。
お袋様元気だし認知もないしって暢気に構えているけど、いつまで元気でいられるかもわからないし、ね。

それを快く理解してくれているかーちゃんに感謝しつつ、そんな思いも含めてお袋様を拾って県北へ。
まあ夜勤明けの身、運転はかーちゃんに任せてナビに徹していました。

が、そこは放浪癖のある二人、お袋様がいるので我慢しつつも、どうしても気になる場所を見つけると立ち寄りたくなって。

トイレ休息を兼ねて、昨年オープンしたらしい道の駅へ立ち寄り。
降りて最初に目に入ったのが、なんかエライどでかいバイクの展示。

かーちゃん、ソワソワ。
そう、かーちゃん昔はバイク乗り。しかも大型。
好きなんだよねぇ、バイクが。

これがそう
バイク






トイレ休息を終えると、「ちょっと見てくる」と飛び跳ねて行った。
帰ってくると「金持ちのおじさんの道楽」とか言っていた。
そうとう高級バイクだった様子。

その後、常陸太田の蕎麦屋に向かって。
でも、蕎麦屋の数が多すぎて、結局安全パイで農産物直売所に併設された食堂へ。

蕎麦の麵自体はいい感じだったけど、汁の味付けがちょっと好みと違ってた。
値段は安かったんだけどね。

その後、道中にあった看板の観光地を目指して。

行ったのは竜神峡大吊橋。

これ
竜神峡






傘がチラホラ見えていますが、雨の中バンジージャンプをやろうとする集団です。

そう、ここはあの有名な大吊橋の上からバンジージャンプをするところなのです。
我が家の面々は渡ることすら遠慮するような高い橋の上から飛び降りるとは、なんとも・・・・

雨の中、こっちもがんばってみていると・・・・飛びました。
バンジー






残念ながら飛び降りた瞬間の写真は撮れませんでした。
橋の中央付近、垂れさがっているのがバンジーのロープです。

橋を下から見るとこういう感じ。
下から






建物の右側に見える橋の部分から飛び降りるようです。
ああ、恐ろしや。

雨の中、見ている方も物好きですが、飛び降りる連中も似たようなものか。

その後、蕎麦のはしごをしようと次の蕎麦屋へ。

またまた道の駅の蕎麦を。
道の駅里美






道の駅「里美」です。
ここは、行ってみて思い出したけど、9年前家探しの旅の途中で立ち寄っていました。
その時は、入ってみると休業日だったか、営業終了だったか、とにかくお店が閉まっていてトイレしかできなかった思い出がありました。
まあ、リベンジというわけではないですが、しっかり蕎麦を食べてきました。
麺は最初の方が感じが良かったけど、香りはこっちが良かったかも。
汁もこっちの味付けの方が好みに合っていた。

うーん、店によっていろいろ変わるもんだなぁ。
もっと食べ歩いてみないとわからないか。

蕎麦で腹いっぱいになった夜勤明けのとーちゃんは、帰りの車の中でダウン。
実家のそばで目が覚め、少し買い物をして帰宅。

バーさん曰く
「今度、潮来のアヤメが見たい」

あー、そうですか、アヤメですか、はいはい、でもその前にネモフィラがありますよ。

なんか、バーさん、出歩くことを楽しみだしたような気がする。
自分で運転しないからラクダ、と気がついたようで。
もちろん、大蔵省にはなってもらいますけどね(笑)

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

コメントありがとう
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ