2008年07月20日

温暖化最新情報・・・ウミガメ 上陸全国一の鹿児島・屋久島で史上最高ペース

でんすけ⇒ ◎メ在庫30台以上 エアダスター(エコタイプ)【エアダスター★】 SANWASUPPLY CD-H...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080718-00000011-maip-soci
 全国一のウミガメ上陸・産卵地の鹿児島県屋久島で、今年の上陸が観測史上最高ペースになっている。宮崎市内の産卵地では既に過去最高数を超え、福岡県福津市でも過去最高に迫る。関係者は「ウミガメが乗る海流の北上などの影響か」などと首をひねりながら、「保護活動が実ってきた面もある」と喜んでいる。

【写真特集】毎日水族館

 日本に来るウミガメの大半を占める「アカウミガメ」は、環境省のレッドリストで、近い将来絶滅する危険性が高い「絶滅危惧(ぐ)1B類」に指定。国内では80年代から保護活動が本格化した。主に5〜8月に産卵し、屋久島は全国の5割前後を占める。






 屋久島で85年から保護活動しているNPO法人・屋久島うみがめ館によると、島全体の9割超を占める永田地区の上陸数は、6月末で延べ5243頭。観測史上最高を記録した04年(島全体で5643頭)の同時期の約1.5倍で、記録更新はほぼ確実だ。福岡県福津市の津屋崎海岸で18日朝、うみがめの産卵が確認された。同市周辺では03年に並ぶ過去最高の4回目の産卵(上陸数は03年7回、今年は6回目)。同市の担当者は「海水浴場での産卵は半世紀近くないのでは」と驚く。

 過去20年で最高2頭だった鹿児島市喜入地区は今年既に7頭。宮崎市では、04年の過去最高(1246頭)を7月10日で超え、今も上陸している。NPO法人・日本ウミガメ協議会(大阪府)によると、和歌山、徳島など全国の主な産卵地でも今年は上陸数が多いという...

ニュースの続きを読む


【◎メ在庫30台以上 】ダストブロワー【エアダスター★】 ELECOM AD-152MN

◆温暖化関連ブログ記事関連のブログ最新記事はありません




wankono_te at 08:25│clip!