2008年07月20日

最新食料情報:日本・ミャンマー医療人育成支援協会:被災地入り、医薬品手渡す−−帰国報告 /岡山

でんすけ⇒ ○メ在庫〜30台 ジャングルはいつもハレのちグゥ 6【アニメ】 BANDAIVISUAL BCBA-0946
 ◇「ミャンマー、今後も忘れない」−−NPOの医療人育成支援協会・岡田理事長帰国報告
 ミャンマーの医療関係者養成を支援する岡山市のNPO法人「日本・ミャンマー医療人育成支援協会」の岡田茂理事長(岡山大名誉教授)らがサイクロン「ナルギス」被災後、初めて被災地入りし、協会が支援した医療関係者に医薬品などを手渡して帰国した。岡田理事長は「現地に行かなければ気付かないニーズがあった。今後も『ミャンマーを忘れない』という思いで支援をしたい」と話している。【石戸諭】
 岡田理事長らは6日に日本を出発後、10日に帰国した。現地滞在中は、これまで支援してきた医師5人が勤務するヤンゴン市内の国立医学研究局を訪れ、薬品や食料、蚊帳などを贈った。




かつて岡山大などに留学経験がある医師たちとも面会。医療活動の苦労や今後、必要な医療機器などの情報を交換した。
 岡田理事長によると、医師らはそれぞれボランティアグループを立ち上げ、毎週末の休日を利用し、最も被害が大きかったエヤワディ管区で医療活動をしている。「被災地にたどり着くには、ボートを使わなければならない。医師らは水路の移動だけでも苦労する中、休日を利用してボランティアに励んでおり、うれしかった」と話す。
 現地では医薬品よりも、被災で両親を失った子供たちの精神的なケアや、輸血によるB・C型肝炎感染を防ぐためにスクリーニングキットが必要と訴えられた。「被災から時間も経過しており、ニーズが変わっている...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


でんすけ⇒ ○メ在庫〜30台 ジャングルはいつもハレのちグゥ 3【アニメ】 BANDAIVISUAL BCBA-0943

◆食料関連ブログ記事関連のブログ最新記事はありません




wankono_te at 14:59│clip!