シリコンバレー式自分を変える最強の食事


こんにちわんくりん、Miです。





こちらの本を読んでみました。



アマゾンのレビュー数が沢山(200超え!)だったのと、この本は読むべきだと聞いたので、、、



感想としては、「うーん、なるほど。」



食事が1日のコンデションを決める。確かに、、、その通りなのです。


私の場合、ファーストフードでハンバーガーを頬張った後や、家で市販のカレールーで作ったカレーライスを食べたあとなんかに、モーレツに眠くなるのです🍛



腹が減っては戦はできないから!と、腹ごしらえをしているのに、眠たくなっていては意味がない、、、というか勿体無いです。(時間も、お金も、食べ物も!)



それならば、食べてパワーになる、脳のキレが良くなる、イライラしにくくなる方法を教えようじゃないか!



というのが、この「シリコンバレー式自分を変える最強の食事」なのです。


よーく考えてみれば、食べるのって時間もお金もかかります。どうせかけるのならば、自分を良い方向へ持って行きたいですよね。



私は今、育児中で三食昼寝付きの生活をしておりますが
(世の中には、三食も昼寝もナシで頑張っているママも沢山います!)
今後働きに出たいので、もっと体力をつけなくちゃなぁ〜と思っているのですが



「シリコンバレー式自分を変える最強の食事」を参考にして自分のパフォーマンス向上に努めたいと考えています。


ママは、いつも笑顔でパワフルでなくっちゃね



さっそく、「シリコンバレー式自分を変える最強の食事」で紹介されていたMCTオイルを買ってみたよ。






カルディで偶然見つけました。

あと、カカオ高配合のチョコレートもね。




甘いチョコレートは、疲れたときに欲しくなるけれど、このチョコレートは疲れた時に食べると疲れが取れて、チョコレートの苦味で頭もシャキッとするよ。


値段は高めですが、、、

砂糖たっぷりのチョコレートを食べるよりも自分の味方になってくれる、いいおやつです🍫






それでは、また!




離乳食について、思うこと。


こんにちわんくりん、Miです。



息子10カ月。離乳食は1日3回です。(ひー!)



私は、離乳食の作り方を見るのが大好きで、いろんな雑誌を見てはフムフム!と読むのが大好きです。


見てばかりではダメだと思い、夏の暑い日に汗だくになりながら作った、おしゃれな離乳食を息子は泣いて食べてくれませんでした。(味が気に入らなかった模様、、、)



あんなに汗だくになって作ったのに、、、あんなに時間がかかって作ったのに、、、



と、なんだか心が折れてしまい、次の日は、お粥と味噌汁の具を混ぜたもの(味噌汁も少し入れて)をあげたら、喜んで完食しました。


なんてことない、普通の食事がよかったようです。



それ以降、離乳食レシピは、簡単に作れるもののみ参考にしていますが、基本はお粥に味噌汁の具や、大人の取り分けが多いです。



例えば、カレーを作るときに、ルーを入れる前に煮た野菜を取り出して、塩か味噌で少し味付けしてお粥に混ぜたり、、、という感じでも食べてくれます。



赤ちゃんによっては、お野菜苦手だもんっ🍼っていう子もいると思いますが、


うちの子は好き嫌い少ないな〜って子には、離乳食はこの方法で十分です。(10カ月までの段階では)




というわけで、離乳食レシピは無しでもいけるのですが、知識として知っておきたいこともあるので、一冊だけ離乳食レシピ本でオススメするのであれば、この本かなと思います。






この本は、大人も赤ちゃんも同じご飯を食べられるレシピ集となっているのですが、赤ちゃんも食べられるので、味も薄いです。



我が家の旦那のように、ソースやケチャップが大好きでドバッとかけてしまう旦那さんをお持ちの家庭はなかなか厳しいと思いますが、、、


初めての離乳食で、知らないことだらけだよ〜という人にはぜひオススメしたい一冊。



この本と、保健所の離乳食教室があれば離乳食は乗り越えられると思います。(10カ月までの段階では)←しつこい?




あまり何冊もレシピ集があっても使わないだけなので😔




コラムを読むだけでも勉強になるので、図書館で借りてきてサクサクっと読むのもいいですよ👌









それでは、また!




図書館に、はまる。


こんにちわんくりん、Miです。


最近、図書館がマイブームです。


本当は、欲しい本は新品を買ってワクワクしたい派なのですが、

新品の本を買うのってすごく慎重になります。


本当にこの本は必要かな❓途中で飽きないかな❓最後まで読んで使いこなせるかな❓

と考えると、欲しい本でも「や
〜めた!!」となって買わず、せっかく読む機会を逃してしまうことがよくあります。




なので、私は、それは勿体無い!と考えて、読んでみたい本はどんな本でも図書館で借りてみることにしました。



図書館だったら、どんなに借りても無料です。そして、手元に残るわけでもないので、気に入る本が見つかるまで、どれだけでも読むことができます。




そうして、本当に気に入って、この本は手元に残しておきたい、、、そう思えたものだけ、本屋さんで購入することにしました。



私は、自己啓発本やスピリチュアルな本が好きなのですが、案外そういう本も図書館には置いてあります。



そして、インターネットで検索して、予約することもできるので、小さな子がいても、図書館でウロウロしなくて助かります。




早速、6冊予約して、そのうちの3冊を借りてきました。



借りてきて思ったのは、やはり、読みたいと少しでも思った本は読むべきです。



お金が勿体無いから、、、最後まで読めないかもしれないから、、、という気持ちで、本を読むのを諦めるのは、とても勿体無いです。




読書は、やっぱりすごくいいものだと改めて思い、これからも図書館をフル活用して日常に役立てたいと思います。