2007年12月

2007年12月30日

続くレスキュー

昨日、新たにDOG LUCKさんが入られた現場からレスキューされた子達がwan lifeにやってきました。

上記事情に加え、12月20日の日誌に掲載しました通り、現在お送り頂いたメールやお問い合わせに関しての返信が通常より少し遅れています。


メールやお問い合わせの返信が遅れています事をお詫び申し上げます。
m(_ _)m

お送り頂いたメールは、遅くても1週間以内には返信しています。
1週間経過しても返信が無い場合は、何らかの事情でこちらに届いていない可能性がございますので、お送り頂いたメールを再送して下さいます様お願いします。
m(_ _)m






wanlife1 at 12:00|PermalinkTrackBack(0)

2007年12月29日

ありがとうございましたm(_ _)m

大阪市中央区にGLOBE ENGLISH SCHOOLという英会話スクールがあります。

このスクールはSekaiosukue.com(セカイヲスクエ.com)というチャリティー団体を2006年に設立し『世界が愛で満ち溢れますように・・・』という言葉をスローガンに世界各地でチャリティーイベント・募金活動を主とする活動を行っておられます。

今回、クリスマスチャリティーとしてスクールの生徒の皆様から寄付金を頂戴し、スクールのHP並びに団体のHPにてwan lifeをご紹介して下さいました。


ここにwan life代表島田をはじめスタッフ一同、団体代表様並びに生徒の皆様に心より御礼申し上げます。

頂戴致しました寄付金で、たくさんの子達の医療費やフード代が賄えました。

本当にありがとうございました。
m(_ _)m


GLOBE ENGLISH SCHOOL
http://www.globeenglish.com/intro.html

Sekaiosukue.com(セカイヲスクエ.com)
http://www.sekaiosukue.com/home.html







wanlife1 at 00:00|PermalinkTrackBack(0)

2007年12月28日

捨てられました

あるお方の家の前に4頭の子犬が捨てられていました。

3頭は自力で里親を探され、残りの1頭の里親探しの協力依頼がありました。

この子の里親様を募集致します。

生後およそ2ヶ月半・♀
大変おとなしい子です。
子犬2








よろしくお願いします
m(_ _)m





wanlife1 at 08:00|PermalinkTrackBack(0)

2007年12月26日

ご報告

24日の日誌に掲載しましたダックス、無事保護先が確保出来ました。

ご心配下さった皆様、ありがとうございました。
m(_ _)m






wanlife1 at 16:08|PermalinkTrackBack(0)

2007年12月24日

ご協力のお願い

大阪のAさんから以下のSOSメールと写真が送られてきました。

〜 〜 〜 〜 〜

家の近くの公園でMダックスの成犬が保護されています。現在、公園事務所の方が一時的にお世話をしてくださっていますが、年末年始の休暇と重なるため、里親さんが決まるまでの一時引き取りでも結構ですので、保護してくださる方を探しています。

公園での保護は今のところ26日(水)までです。


保護経緯
岸和田市海沿いにあります、浜工業公園内の駐車場(住所:岸和田市地蔵浜町10)にて、段ボールに入れられていました。

性別、オス・去勢については不明です。

体重、5〜6kg程度。

年齢は、はっきり分かりませんが、口元の毛が白くなっている点と、両目とも少し白みがかっているのである程度の年齢には達していると思います。昨日、写真を撮る際に歯を見てみようと思ったのですが、初対面の人間には警戒心がある様子で、見ることはできませんでした。


他の犬に吠えます。多少臆病な性格のようです。

体型は痩せてもいませんので、食事は与えられていた様子ですが、耳、尾の毛がかなりもつれており、汚れていますのでどのくらい放置されていたのかは不明です。

公園事務所の方が警察にも連絡しているそうですが、今のところ飼い主さんからの問い合わせ等はないそうです。

出来るだけ早く保護してくださる方を探しています。
da2







da2







wan lifeでは現在この子を保護するスペースがありません。どなたかご協力下さる方がおられましたらwan lifeまでご連絡お願いします。
m(_ _)m









wanlife1 at 00:00|PermalinkTrackBack(0)

2007年12月22日

同窓会のお知らせ

昨年、三重県でレスキューした53頭の1頭、のあちゃんの里親になって下さったのあママ(kei)さん

現在、のあママさんがこの時レスキューした53頭の子達の同窓会を計画中です。

日時は2008年1月27日だそうです。

残念ながらwan lifeは日程上参加する事は難しいですが、里親になって下さった皆様、是非一度のあママさんのブログで詳細をご覧下さい。


のあママさんのブログ『うちのわんこ













wanlife1 at 00:00|PermalinkTrackBack(0)

2007年12月21日

捨てられた姉妹

2週間程前から、とある駐車場に2頭の子犬がウロウロし出しました。

この子達はとても人馴れしていて、あきらかに捨て犬である事がわかりました。

近所の方々から餌をもらいながら、駐車場で生活している姉妹犬。。
捨て犬








先日、この子達の情報が私達に寄せられましたが、昨日の日誌にも記載しました通り、現在のwan lifeはとても保護できる状態ではありません。。

この子達以外にも、wan lifeには毎日たくさんのSOSが寄せられています。

できる事なら全ての子達を助けてあげたいと思いながらも、限られた数しかレスキュー出来ない現実。

私達はSOSのメールを読む度に、歯痒い気持ちでいっぱいになります。。


この姉妹犬は推定生後4ヶ月。体重およそ10Kg。

いくら人馴れしていて人に危害を加えない子犬といっても、このサイズの犬が2頭、町中の駐車場近辺をウロウロしていると、保健所にマークされるのは時間の問題でした。


昨日、この子達の様子だけでも確認してくると言い、スタッフが現場に向かいました。

現場駐車場に到着すると、ちょうど小学3〜4年生くらいの子達が数名現場駐車場に向かって歩いてきました。

その子達は『あの駐車場にすごくかわいい犬がいるんやで!』と言いながら歩いていました。

そして、その子供達が駐車場に入って行くと姉妹犬達は尻尾を振って子供達に走りより、子供達と楽しそうに遊んでいました。

スタッフはその光景を見ながら、一刻も早く姉妹犬を保護し、本当の家族をみつけてあげたいと強く思いました。

しかし、今は保護できる状況ではない事を十分に把握していたので、仕方なく現場を後にしようとした時、島田から電話が入りました。

島田はスタッフに言いました。
『その子犬達をレスキューしよう。連れて帰って来て!』


という訳で、この姉妹犬をwan lifeに迎えました。

この姉妹犬達の里親様並びに一時預かり様を募集致します。

くり













ごま













生後推定4ヶ月。体重約10キロ。
写真はちょっと緊張してる様ですが、とても人懐こくかわいい子達です。

よろしくお願いします
m(_ _)m




wanlife1 at 00:00|PermalinkTrackBack(0)

2007年12月20日

師走。。

師走に入り、wan lifeは多忙を極めています。

ブリーダー廃業レスキューで保護した子達のケアをはじめ、毎日寄せられるレスキュー依頼の応対や、現在レスキューに着手されてる方々へのアドバイスや協力、そしてHP(日誌)に未掲載のレスキューや次に迎える子達の準備等。。

※次に迎える子達の詳細はDOG LUCKさんのブログをご覧下さい


上記の事情で、お送り頂いたメールやお問い合わせに関しての返信が、現在通常より少し遅れていますが、遅くても1週間以内に返信しています。

現在、wan lifeにメールを下さり、1週間経過しても返信が無い場合は、何らかの事情でこちらに届いていない可能性がございますので、お送り頂いたメールを再送して下さいます様お願いします。







wanlife1 at 00:30|PermalinkTrackBack(0)

2007年12月14日

6頭の子犬

現在、和歌山県内で個人で保護活動されてるAさんをはじめ数名の方々が、6頭の人懐こい子犬の里親探しをしておられます。

先日、その方々から後方支援のお願いメールが送られてきました。

以下、内容を抜粋いたします。


〜 〜 〜 〜 〜

○○○○の子犬たち

和歌山県○○○○○○に親子の犬がいます。

居つくには厳しい環境で、トラックが頻繁に出入りをしています。

母犬は何度か出産した様ですが、過去に出産した仔犬達は全て交通事故で亡くなったと聞いていました。

現場の子達を、いつか何とかしてやりたいと思いながら今日まで何にもしてやれませんでした。

先日の雨の日、仕事の都合で偶然現場前を通りかかりました。

通りすがりに現場に目を向けると、雨にうたれながら寄り添い合い、震えている子犬を見ました。

その光景を目の当たりにした時、どうしても助けてやりたいと強く熱いものがこみ上げました。


仕事が終わってから現場に行き、土地所有会社の方に事情を話し、助けてやりたい思いを伝えました。

その時は守衛の方しかいませんでしたが、この方が先方の会社に事情を伝えて下さいました。

翌日、会社の方と話し、事情をわかってもらえました。


子犬は6匹おり皆白色でした。


後日、また1匹ずつの詳細を報告させていただきます。

よろしくお願いします。


年末でなかなか里親がみつからないようですが、何とかあの厳しい環境からだしてあげたいと思います。

ご協力、どうぞよろしくお願いします。


〜 〜 〜 〜 〜

以上です。

活動されてる方々はHPもブログも持っておられません。

ですので、取り急ぎwan lifeのHPにて一時預かり様並びに里親探しの協力をさせて頂く事になりました。

第一報のメールと共に送られて来た子犬達の画像です。

子犬







子犬2







子犬3







写真から判断すると、この子達の年齢は推定生後3〜4ヶ月だと思われます。

皆、かわいい顔をしていますが、とても寂しそうな目をしています。。

出来る事ならすぐにでも保護し、ケアしてあげたいのですが現在の私達のキャパシティーでは不可能です・・・。

この子達の一時預かり並びに里親様を募集致します。

よろしくお願いします。
m(_ _)m


※Aさんから送られてくるこの子達の詳細は随時アップ致します







wanlife1 at 12:30|PermalinkTrackBack(0)

2007年12月13日

ブラン

ブランです。
ブラン









先日、左前足の切断手術をしました。

色々な治療法を模索し、何度も何度もミーティングを行いました。他に治療法は無いのか、また回復する見込みは無いのか等。。

獣医師4人にお伺いしましたが、全員切断が最善というご判断でした。

血が通った暖かいブランの手。。

代表の島田は気丈に『3本足でも大丈夫!』とスタッフや預かりさんには振舞っていましたが、切断に関して、手術当日まで心中深く思いはあった様です。。


ブランの事を日誌に掲載してから、激励のメールをたくさん頂きました。

ご心配下さった皆様、本当ありがとうございました。
m(_ _)m


そのたくさんのメールの中に、愛知県のAさんという方から里親希望のメールもありました。

早速、Aさんと連絡をとらせて頂きました。

切断を公表する前でしたが、連絡させて頂いた時点で切断がほぼ決まっていました。

Aさんに切断の件をお話しすると、再度家族で話し合いをしてから回答しますという事でした。


そして数日後、Aさんから再びご連絡頂きました。

『家族で話をしましたが、ブラン君を里親として引き取ろうと決めました』と。。


ブランは生まれてからまだ2〜3ヶ月しか経っていません。

この間、ブランは辛い思いや怖いを思いをたくさんしてきました。

小さい体で彼は本当によくがんばりました。



1月3日より、ブランがお試し生活に入ります!

Aさん、ブランをよろしくお願いします。
m(_ _)m




















wanlife1 at 00:00|PermalinkTrackBack(0)