2006年10月30日

ブリーダー崩壊

先日の日誌にも掲載しましたが、21日に東海地方に行きました。

この日に回る現場の1つにブリーダーの崩壊現場がありました。

幸いにも規模は小さく、行き場の無い純血種が20頭程の現場でした。

若くて健康な子は、いち早くこの状況を察知した犬好きのEさんが引き取り、その方の身内や知人が里親として迎えてくれました。

そして、10頭程の老犬や疾患をもっている子が現場に残され、Eさんから助けて下さいと相談の連絡がありました。

wan lifeに連絡が入ったのは、先月下旬の事でした。
脱腸のパグ、失明しているパグも、実はこの現場にいました。

連絡が入った後、早速状況を調査する為地元の団体様に協力を要請しました。

地元の方は快く協力して下さり、先方に2度とブリーダー並びに犬を商売に使わないという制約書類にサインしてもらい、私達と共同で残りの子達をレスキューする事になりました。


私達が行くまでに、すでに現地の方によって数頭の子達の里親様がみつけられていて、当日現場に残っていた子はパグ2頭、シュナウザー1頭、ゴールデン1頭、MIX1頭でした。

MIXの子だけを残し、全ての子達の里親様・一時預かり様はすでに決まっていましたので当日連れて帰る事ができました。。

残されたMIXの名前はシロちゃん。
シロ








シロちゃんは17歳の老犬のでした。
事前情報によると、とても17歳とは思えない程元気という事でした。

現場に行って見ると、本当に『17歳??』と思う程元気でしっかりしていました。

しかし、シロちゃんだけはどうしても引き取り先が見つからず、当日は泣く泣く現場を後にしました。


帰りの車中、島田はシロちゃんの受け入れ先を探すべく、心当たりに片っ端から電話を入れました。
携帯電話の充電は満タンでしたが、あっという間に電池が切れ、コンビニで車載充電器を買い、さらに電話をかけ続けました。

・・・そしてやっとの思いで一時預かり様を見つけました。
以前からwan lifeをご支援下さっている愛知県内のIさんでした。

事情を説明すると快く承諾して下さり、一時預かり様となって頂く事ができました。


そして先日、地元のボランティアの方とIさんにシロちゃんをお迎えに行って頂きました。

ボランティアの方が飼い主に
『シロちゃん、最後の子でもあるし淋しいでしょ?』
と言葉をかけました。すると
『この子には愛情がないから、早く連れて行って』

との返事でした・・・。


おそらくシロちゃんの17年間は、あまり楽しい犬生では無かったでしょう。

でも今は優しい一時預かり様の下で心のリハビリをしてもらっています。

Iさんによりますとシロちゃんは
/祐屬亮蠅魄枉錣防櫃る為、虐待を受けていた可能性がある

△箸討盍鼎┐燭気

という事です。

Iさん、この度は性格等何もわからない状態の老犬を預かって下さいまして、本当にありがとうございます
m(_ _)m



シロちゃんの里親様を募集致します。
よろしくお願いしますm(_ _)m


シロちゃん、本当に17歳?
その元気なら、あと10年は生きれるね♪Iさん

wanlife1 at 11:48│TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by マールの母   2006年10月30日 12:11
3 不思議な縁ですね(^-^)うちにもシロがいたんです!うちは17才で亡くなり、そのあとにきたのがアーサーでした(^-^)アー君カー君うちはU^ェ^Uはこの2匹が精一杯ですからお力にはなれませんが、シロの名には力があります!きっとよい飼い主いえママ、パパ様に出会えると私は信じています!
2. Posted by sawa   2006年10月30日 12:27
まだまだ後を絶たないこの現状・・・
何とかならないものかと自問自答です。
一時預かりをする事もままならず、本当にもどかしい思いでいっぱいです。
そんな自分に比べ行動的な皆さんには頭がさがりっぱなしです。
一頭でも多くのワンちゃんたちが幸せになれるよう心から願ってやみません。
皆さんお体に気をつけて頑張って下さい。
微力ながら応援させて頂きます。
3. Posted by まるまま   2006年10月30日 18:01
シロちゃんだけがMIXだったこと、何か事情がありそうですね。飼い主の商売にも使えない厄介者だったのかも知れませんね。
ワンちゃんって、当の人間よりもずっと人間の愛情、感情を敏感に感じ取りますよね。それなのに長い年月、愛情を受けることなく人の手に怯えて暮らしていたなんて…。哀しいですね。
愛知県のIさん、どうか甘えん坊のシロちゃんを思い切り甘えさせてあげてください。残りの犬生が輝きますように。
4. Posted by シュガーママ   2006年10月30日 22:13
本当に後を絶たない現状・・・悲しくなります。どうして人間の勝手で何の罪もないワンコが悲しく、苦しいめに合わないとダメなんでしょう。シロちゃんに愛情がない・・・飼い主の言葉とは思えなません。ヒドすぎます!!!
長い年月を共に暮らしてきたのではないのでしょうか・・・?私には理解できません。何もできないかもしれないけど、出来る限り友人などに声を掛けて1匹でも多くのワンコの里親が見つかるようにしたいと思います。シロちゃんに楽しい時間がたくさん訪れますように。。。
5. Posted by tomo 0815   2006年10月30日 22:32
シロちゃん、17年間辛かったんだね・・
よく頑張ったね。もう大丈夫だよ!!
あなたには、wan lifeのスタッフの皆さんが優しく接してくれるから・・
それに、wan lifeを応援している皆さんがあなたを温かく見守っているからね。
あなたが幸せな犬生を送れるように祈っています。
6. Posted by 眠子   2006年10月30日 23:21
シロちゃん、上の写真と下の写真とで全然表情が違う!
スタッフさんたちに出会えてホッとしたのでしょうね。
シロちゃんのこれからの犬生が笑顔の多いものになるよう、お祈りしています。
スタッフの皆様、預りのI様、シロちゃんをどうぞ宜しくお願いいたします。
7. Posted by キートン   2006年10月31日 09:22
シロちゃん、ワンライフさんとIさんにめぐり合えたこと、
ほんとに良かった・・
このままシロちゃんが元の飼い主さんの元にいたとしたら、シロちゃんの17年間はあまりにも悲しいものね、
これからのシロちゃんの時間、いっぱいいっぱい甘える事が出来ますように・・
Iさん、とても優しく頼もしい方なんですね、シロちゃんの顔がほっとして嬉しそうです。
Iさん、ありがとうございます。
8. Posted by 神戸のオレンジ   2006年10月31日 16:53
最後の言葉、ただの負け惜しみだったと思いたいです。
ほんとは愛情があったと思いたい。
でも虐待をうけてたかもと聞いて本当に悲しいです。
今の飼い主さんが元気になられるといいですね。。。
9. Posted by みどり   2007年01月16日 08:23
シロちゃんが19年飼ってたうちのわんこにそっくりでびっくりしました。
かわいくてかわいくて舐めるように可愛がってた子ですが一方でそっくりな子が
つらい犬生を歩んできたなんて悲しすぎます。どうかこれからのシロちゃんの人生が幸せいっぱいでありますように。
うちのわんこみたいにおじいちゃんでもげんきよくて長生きしてくれますように。事情がありわんこが飼えない状況ですが違う方法でいろいろこういう活動に役に立っていけたらなって考えさせられました。

非道な飼い主は今にやっただけの事が全部自分に返ってくると思いますよ。
10. Posted by 朱奈まんま   2007年01月22日 15:20
今、シュナウザーを飼っています。初めてのわんちゃんとの生活で、困った事もいっぱいあったけど、もう、いて当たり前・・・シャンプーに行って留守になるだけでも火が消えたようです。犬を飼うようにんってから、今までよりも、もっと飼い主は、自分が関わる犬に責任を持たなくては・・・と、考えるようになりました。猫は家に付き、犬は人に付くと祖母が昔言っていました。どうかシロちゃん、元気に長生きして、楽しい事もいっぱいあるって、知って下さいね。