第1話で「ロードス島戦記は日本初のライトノベル」と言いツッコミを受けていた『召しませロードス島戦記』ですが、第3話ではエルフに関して問題発言をしていました。2分しかない番組なのに、よく燃えるなあ。

 
ドリ「ちなみにロードス島戦記以降の作品はエルフといえば森から出てくるっていうのがお約束になったのよ」

1:13頃

指輪物語の頃からエルフは森にいるんですが……。
o0191026412635974460
森から出てきて他種族とパーティを組んで冒険するエルフの第一人者、レゴラスさん。

Wikiにはこんなこと書かれちゃってるんですが。

また、ロールプレイングゲームを元ネタとする『ロードス島戦記』『スレイヤーズ』などのファンタジー作品の多くは、『指輪物語』風の世界観を踏襲しており、特にエルフの扱いに関しては、同作品の捉え方に大きく依っている。 

指輪物語

D&Dでもエルフは森から出てきます。
 


 森と荒野を自由にさすらう、用心深く機敏な弓の使い手  

野性的で自由なエルフたちは、木々の間に潜む隠密のわざと恐るべき弓矢の腕をもって自分たちの森を守っている。エルフ族の家は森と調和したものであり、あまりに完全に森の風景に溶け込んでいるため、旅人がそうと気付かずエルフの共同体に入り込み、エルフたちの不興をかってしまうことも多い。


D&D  キャラクターの種族紹介 エルフ

ロードス島戦記が後の作品のエルフ像(とダークエルフ像)に与えた影響は大きく、「ロードス島戦記以降の作品はエルフといえば長い耳っていうのが日本ではお約束になった」と思います。
しかし、なんでもロードスが起源と主張するとロードス島戦記自体のイメージが悪くなってしまうので、自重していただきたいものです。

ついでにディードリットにアホ毛つけるのも自重して欲しい。
mp4_000026092


第3話のネットの反応  順調に呪われた番組になりつつあります。これがスタッフの狙いか!?
新装版 ロードス島戦記    灰色の魔女 (角川スニーカー文庫)
水野 良
角川書店 (2013-10-31)
売り上げランキング: 33,913