5月14日、ドワンゴとKADOKAWAの経営統合が発表されました。
ライトノベル市場の8割を占める(出版月報2014年3月)KADOKAWAが「ニコニコ動画」などのプラットフォームを持つドワンゴと経営統合することでライトノベルにどのような影響を与えるのか。
ニコニコ生放送「株式会社KADOKAWA 株式会社ドワンゴ 合同発表会」からライトノベルが関わる部分を調べてみました。
ニコニコの会員であれば、発表会の録画が視聴可能です。


1.新たなネットメディアの構築
Kawango1

ドワンゴのネットプラットフォームにおける情報展開力と、KADOKAWAの情報取材・編集力を活かし、他のマスメディアを補完する”ネット時代の新しいメディア”を構築する。

(佐藤辰男新社長)

出版不況の中でも最も厳しい状況に置かれている雑誌。ライトノベル雑誌も休刊が相次いでいました。ドワンゴのプラットフォームを利用して、電撃hpやザ・スニーカーがネットメディアとして復活するのか。

現在、角川傘下のライトノベルレーベルでは富士見書房がネットメディアの活用に積極的です。『TRPG ONLINE』というTRPGコミュニティを立ち上げ、更に、6月20日に無料小説サイト『ファンタジアBeyond』をオープンする予定です。
富士見書房が無料小説サイト『ファンタジアBeyond』を開設予定。葵せきな、アサウラなどが執筆
この富士見の動きはドワンゴのプラットフォームに乗ることで強化されそうです。

2.海外展開の強化
Kawango2

”オールジャパンプラットフォーム”とし、そのうえで、我々は世界を舞台に”進化したメガコンテンツパブリッシャー”を目指す。

(佐藤辰男新社長)

パワーポイントスライドには『とある魔術の禁書目録』などライトノベルの表紙が映されています。
佐藤社長のスピーチでは、ヤングアダルト向け小説やコミックのハリウッド映画化やアジア圏のける軽小説(注:中国・台湾でのライトノベル)の隆盛について触れられていました。
現在、角川は広州天聞角川動漫(http://www.gztwkadokawa.com/)から『デュラララ!!』などの中国語版を発行しています。また、最近では、米国Yen Presが『とある魔術の禁書目録』などの英語版の出版を発表しています。
http://www.yenpress.com/2014/04/sakura-con-2014-announcements-new-licenses/
”オールジャパンプラットフォーム”とは何かよく分からないし、ドワンゴは海外で強くない(Youtubeが圧倒的)と思うのですが、海外展開には力を入れるようです。

3.電子書籍事業の強化
Kawango3

ドワンゴの技術力を我々が今やっている電子書籍事業に注入していく。

電子書籍に新しい体験をもたらすサービスのフロントエンドをドワンゴさんにお願いしたい。

(佐藤辰男新社長)

角川はBookwalker(http://bookwalker.jp/)、ドワンゴはニコニコ静画(http://seiga.nicovideo.jp/)という電子書籍サイトを運営しています。
2013年の市場調査では、”1位はAmazon「Kindleストア」(55.2%)、2位はApple「iBookStore」(17.5%)、3位は紀伊国屋書店「Kinoppy」(13.5%)、4位は楽天「Kobo」(11.9%)、5位はソニー「Reader Store」(11.0%)”(電子書籍シェアはKindleとiBooksで利用率70%超!)となっており、両会社ともに伸び悩んでいます。
”新しい体験をもたらすサービス”で楽天やソニーを超えることができるかどうか。

追記。GA文庫編集サトさんのお話では、ラノベでは1位、2位を争うそうです。


4.ボーカロイド小説(ボカロ小説)の重要性が上昇

Kawango4

ボーカロイド小説が、角川文庫の非常に重要な一角を占めるようになってきています。これもまた統合の大きなきっかけになったと思います。

(角川歴彦相談役)

現在アニメ放映中のカゲロウデイズを筆頭に、角川の各レーベルからボカロ小説は毎月発刊されています。ボカロ小説は売上としては、ライトノベル等に比べれば絶対数が少ないので、重みはないと思いますが、女子中高生に人気であるという点とメディアミックスの出発点になれる(今まではライトノベルが原作になり漫画化やアニメ化をしていたが、品切れが近づいている)点が大きいのかなと思います。
統合のきっかけの一つになったのならば、今後、角川ドワンゴ内での重要性は高まるでしょう。

停滞気味だった、もっと言えば凋落が始まろうとしていたライトノベルに今回の経営統合は大きな刺激を与えそうです。
ライトノベルとネットの距離が近づき、どんなものが生み出されるのか。
角川歴彦の後継者となる川上量生が何をはじめるのか。(EGコンバット Final出してくださいお願いします)
楽しみです。


ルールを変える思考法 (角川EPUB選書)
KADOKAWA / 中経出版 (2013-10-10)
売り上げランキング: 162