”富士見編集部が十分な事前の説明と調整を怠ったこと”(ドラゴンマガジン6月号謝罪文)で打ち切りになってしまった『気象精霊記』ですが、2014年9月20日にKindle版『気象精霊記』の配信が開始され、ついに続刊が読めるようになりました。

そのKindle版『気象精霊記 File-1: 正しい台風の起こし方』のあとがきで著者の清水文化氏が、新人賞投稿作の第2章部分が他の作品に流用されたと記載しました。

授賞式のあとの二次会で、作者は何人もの編集者さんたちとお話する機会がありました。その時、お会いした編集者さんたちが開口一番、判で捺したように「作品そのものがダメ」と言う人と、「第二章はダメだから丸々書き直さないと」と言う人の二派に分かれます。しかし気になることに、その理由は人によってバラバラ。変な話ですね。
 その理由は後日、すぐにわかりました。授賞式の翌月に発売された小説の中に、第二章の後半のエピソードを細かなセリフ回しまで丸々使っていたものがありました。とても偶然とは思えなかったため当時の担当編集さんに確認したのですが、さすがに回答は得られませんでした。
 まあ、理由を知ったところで仕方ないですし、編集部でも受賞作なので第二章を丸々書き換えるのなら出版するという話に決まったので、差し替えとなりました。

気象精霊記 File-1: 正しい台風の起こし方 あとがき (太字は管理人)
 
『気象精霊記』は第8回ファンタジア長編小説大賞<審査員特別賞>受賞し、1997年7月25日に第1巻が発売されました。
受賞式の時期は不明です。

1996年後半~1997年前半に発売された富士見ファンタジア文庫の作品一覧。 7
データソースはラノベの杜DBです。
上記期間以外の新刊情報はラノベの杜さんの富士見ファンタジア文庫DBをご確認ください。

清水文化氏はTwitterであとがきに関して発言を行っています。
現在、本件に関して富士見書房の反応はありません。

ちなみにあとがきでは、黒い内容の他に、文庫版発売当時(1997年)からKindle版発売(2014年)の間の気象学の変化・発展とそれに併せた改訂内容が詳しく説明されています。
結構面白い。

気象精霊記 File-1: 正しい台風の起こし方
(2014-09-11)
売り上げランキング: 260