とても事情が込み入っているんだ

会社員ワタナベ・トオルが語る、仕事とお金と四方山話。ブログタイトルは村上春樹の「ノルウェイの森」の主人公ワタナベ・トオルのセリフから。

[2019/6月] VTI, EFA, VWO, XOM, TECHYその他から配当もらいました

こんにちは、ワタナベ・トオルです。6月はS&P 500も概ね5月初めの価格に戻しましたね。慌てずに安くなった銘柄を拾った人はプラスになっているのではと思います。僕は前から欲しかったアリババ(BABA)と最近安いBaidu(BIDU)を買いました。

さてさて。今月は ETFや個別銘柄、合計10銘柄から配当をもらいました。

個別株
ZTS (Zoetis)
XOM (Exxon Mobil)
TECHY (Tencent Holdings)
ALGT (Allegiant Travel)

ETF
VTI (Vanguard Total Stock Market Index Fund ETF)
EFA (iShares MSCI EAFE ETF)
VWO (Vanguard FTSE Emerging Markets ETF)
EWM (iShares MSCI Malaysia ETF)
EIDO (iShares MSCI Indonesia ETF)
EPHE (iShares MSCI Philippines ETF)

スクリーンショット 2019-06-30 11.45.25


個別銘柄では、XOMが配当率4.59% (2019/6/30現在)と高配当ですが、購入以来の配当を含めたトータルでは-2.83%と若干のマイナスです。最初の買値に問題がありました。大きく値を下げたタイミングで買い増してもいいかなと思っています。
その他ZTS, TECHY, ALGTは成長株で、今のところ購入以来プラスです。将来の配当に期待して持ち続けたいと思います。このブログで書いているように、僕の基本戦略は、配当を出しつつBPSも成長している株を長期間配当再投資することで資産を大きく増やすことを狙っているのですが、会社の発足、成長から成熟に至る過程でそういう時期は限られているので、なかなかそのような銘柄に出会う機会はありません。配当として株主が受け取ったお金を結局再投資するのなら、成長中の会社は配当せずに直接投資に回す方が税金の面でも合理的ですから、これは当然ですね。
なお、個別株からの配当総額は$133でした。現時点では大したことないですが、今後は急速に成長して行く期待をしています。

一方のETFはEFAとその他新興国がメインです。個別株で主に米国株を買っているため、VTIは10年ほど前に買って以来買い増ししていません。ETFからの配当総額は、$2,982(昨年:$2,813)と6%ほどプラスでした。ETFはいろんな銘柄を含んでいるので、5-10%程度づつ安定成長してくれれば御の字でしょう。有名な72の法則から、仮に7%成長してくれれば、配当再投資していれば10年で元本は2倍になり、配当も倍くらいにはなっているはずです。

6月の配当総額は3143.3USDでした。昨年6月(3090.64USD)と比較した場合、1.7%の増加になりました。また、配当は例によって全額DRIPを使って課税される前に再投資しました。
7月はTSM, NTDOY, USB, MO, ZNH, STOR, VNQから配当がもらえる予定です。

スクリーンショット 2019-06-30 13.36.00


また、6月の購入銘柄は、前述したように最近値を下げていたBIDUとBABAを購入しました。
7月は、最近安いTECHYか、試しにSILKを買おうかと思っています。

Amex Everyday Preferredはポイントがどんどんたまる楽しいCredit Card

こんにちは、ワタナベ・トオルです。Californiaは6月も半ばとなり、昼間の日差しは完全に夏!という感じです。でも、朝晩は気温が下がるので助かりますね。

さて、今日はアメリカでポイントがどんどんたまるクレジットカードについて。

アメリカ在住の皆さん、日本に帰る旅費って高くつきますよね。
実は、この記事で紹介するクレジットカードを使うと、 普通に買い物しているだけでANAマイルを誰でもどんどん貯めることができます。僕も実際にやってます。
この記事では、具体的にどのクレジットカードを、どのようなケースで使うのが効率的かをご紹介します。
記事を読み終えると、これまでよりもANAマイルや買い物に使えるポイントをより効率的に貯められるようになりますよ。

さてさて。「となりの億万長者」によると、そもそもお金持ちというものは手数料のかかるゴールドカードなんかわざわざ作ったりしないとか。彼らの多くは自営業者で、一般的な億万長者のイメージと違って高級住宅地には住まず、車は国産車を乗り潰し、熱心に仕事をし、無駄遣いせず節約に励んでお金を貯めるそうです。いい話ですね。




で、僕もこれに倣って、これまでは手数料無料のカードしか作らなかったのですが、一方でアメリカのお得なクレジットカード情報はずっとリサーチしていまして。この度、ちょっと面白いクレジットカードを作ったのでみなさんとシェアしたいと思います。

Amex Everyday Preferredカード

スクリーンショット 2019-06-22 12.20.05


20,000pointもらえる紹介リンクはこちら

主な特徴

- 年会費95ドル
- 上の紹介リンクからの申し込みすれば、3ヶ月以内に1000ドル使用すれば20,000ポイントボーナス
- supermarketで point 3倍。ただし年間6000ドルまで
- ガソリンスタンドで point2倍
- ひと月30回以上使用すると point 50% up

解説
最初に気になるのは、年会費 95ドルも払って元がとれるのか?ですよね。そこで、supermarketとガソリンスタンドで日常使用したと仮定して、いくらポイントがもらえるか試算してみましょう。

仮定 (かなり保守的)
1. supermarketで月500ドル
2. ガソリンスタンド月 2回、各70ドル

[場合1] 使用回数月30回未満の場合
1. 500x3=1500ポイント
2. 70x2x2=280ポイント
=> 年間 21,360ポイント
では、21,360ポイントは金額換算すると幾らになるか? point guyによるとMR pointは 2019/6月時点で1ポイントあたり2セントの価値があるとのこと。従って、427.2ドル相当のポイントがもらえることになりますね。

[場合2] 使用回数 30回以上の場合
1. 500x3x1.5=2250ポイント
2. 70x2x2x1.5=420ポイント
=> 年間 32,040ポイント = 640.8ドル相当

ということで、月30回使用できなくても、300ドル/年くらいは得できることになります。これは大きいですね。更に、ボーナス20,000 ポイントは400ドル相当ですので、1年目は保守的に見積もっても700ドルくらい得するということになります。すご!
また、MRポイントは 1:1で ANAマイルに交換できるので、もしも毎月30回使って32,040ポイントもらえたら、これとボーナスの 20,000ポイントで50,000ポイントを超えるので、1年使えば北米⇄日本のエコノミークラスの往復分の特典航空券がまかなえてしまう!

ということで、かなりconservativeに見積もっても期待値がプラスになるので、これはちょっとやらない理由がなさそうですね。ということで、僕は自分でこの計算をしてみた後、早速カードを作りましたよ。

注意点

注意点は、他のカードでもそうですが、カードが手元に届いたら、必ず Amexのサイトに行ってAutoPayをONにすることです。支払いが遅れると、高額の延滞手数料を請求されてしまいます。

スクリーンショット 2019-06-22 13.08.52


その他気に入っていること

あとこのカードが面白いのは、やはり月に30回カードを使う過程ですね。こんな感じでカード使用回数がトラッキングされているので、週末の時間のあるときに小額の買い物をして、頑張ってトランザクションを増やしています。水のペットボトルをsupermarketで2回にわけて買うとか、嫁と別々なレジに並んで会計するとか笑。そういうのを楽しめる人に向いているかも。

スクリーンショット 2019-06-22 12.50.28

[2019/5月] AAPL, Tから配当もらいました

こんにちは、ワタナベ・トオルです。5月は米中の貿易摩擦で株価の下げが大きかったですね。とほほ。こんな時はもらった配当を計算して心を落ち着けましょう。

さてさて。今月は以下の2つの銘柄から配当をもらいました。
AAPL (Apple)
T (AT&T)

スクリーンショット 2019-06-02 17.15.28


Appleはもともと無配当だったんですが、数年前から配当を出し始めて、今ではすっかり安定的に増配する配当株になりました。かつ、直近10年のBPS成長率が20%を超えていることから、今後も株価と配当両方の上昇が期待できると思っています。まあでも、直近は米中の貿易摩擦の影響で業績は下がるかもしれないですね。
AT&Tは、バフェット太郎さんに影響されて買ったんですが、その後業績を調べてみると、ちょっとこれは定期預金の方がましかなあ。。。と思っています。上昇するような事があれば、売ろうと思います。

5月の配当総額は2154.02USDでした。昨年5月(1746.68USD)と比較して23%の増加になりました。
6月はXOM, ALGT, VTI, EFA, VWO, EPHE, EIDO, EWM, VNQから配当がもらえる予定です。

スクリーンショット 2019-06-02 18.04.31


また、6月は最近値下がりが著しい BIDUの購入を検討しています。
プロフィール

ワタナベ・トオル

QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ