atok19-img400x400-13953193265gzcyv15433


最近、無線LANの調子が悪い。現在、我が家では私の携帯3台とMBA、MBP、iPad mini、嫁の携帯1台、子供のNEXUS5が無線LANを使っているが、結構な頻度で無線にスムーズに繋がらないことが増えてきた。
また、以前からバックアップ用にと無線LAN経由でバッファローのHDDを接続しているが、このところ実質的に稼働していないのも気になっていた。というのも、紙の本を電子化するためにscansnapを使用しているのだが、こいつはMBAをbootcampしてWINベースで動作させている(注1)。当然だけど、紙の本を電子化するとメモリを食うので、他にメモリが欲しくなる。
この用途にあったものがないかと以前から探していたが、AppleがTime CupsuleというWiFiとHDDが一体化商品を出していることを最近知った。商品説明を見ると、僕がやりたいことは全部出来そうだ。しかも、配線も相当スッキリできるだろう。
ということで、ものは試しにと買ってみた。以下はそのレポートです。

まず、Appleストアでポチる。金曜の午前にポチったところ、土曜のお昼頃には配達された。はやっ。

中身こんな感じ。

設定は、ちょっと戸惑った。理由は、NTTのルータに繋ぐのでTime Capsuleはブリッジ接続にしてPPPoEにしないといけなかったのだが、最初それが分からなかったため。この件についての説明はこのサイトに詳しいです。

また、Time Capsuleの設定変更のためにLANケーブルでMBAと繋ぐ必要があったが、そのためにはLANをThunderboltに変換するアダプタが必要だ。僕はこれを持っていなかったのでわざわざお店で購入した。

結局、設計方法は下記の通り。
1.既存の無線LANを取り外す。
2.Time Capsuleを接続。
3.エラーが出るのでTime Capsuleをブリッジ接続に。(こちらのサイト参照)

これで接続完了!
次に、Win側でもTime Capsuleを外付けHDDとして認識させた。これについては下記のサイトに詳しい。
USBプリンタをTime CapsuleのUSBに接続すると、MBAからは無線経由でプリントアウトできる。これは便利。なお、僕のプリンタはAirPrint対応でないので、iPhoneからも無線経由でプリントアウトするにはユーティリティソフトのインストールを行う必要があった。これは下記に詳しい。次はAirPrint対応プリンタを買おう。

ごめんなさいちょっとまとまってないけどいったんこれでupします。
下記はAmazonのリンク。多分Apple Storeのほうが安いです。レビューの確認用に使ってください。