こんにちは、ワタナベ・トオルです。このところ、株価が乱高下していますね。困りましたね。
このような状況では、誰でも先行きに不安を感じると思うんです。
でも、仮に配当の将来価値の合計を真の株価だと考えれば、このような短期的な変動は本来の株式の価値と直接関連のないものと捉えることも出来るわけで。乱高下が収まったら割安な株を買ってみよう、と落ち着いて考える余裕もできるというものです。
ということで、今回も貰った配当を勘定して平常心を取り戻しましょう。

前回の更新以来、EFA, EPHE, EIDO, EWM, VNM, NTDOYから配当もらいました。

スクリーンショット 2018-12-27 21.31.10


* 配当利回り、信託報酬は12/27/2018時点

EPHE, EIDOは10,000USDずつ、NTDOYは5,000USDくらい買ったはずなんですが、ちょっと渋すぎますね。特に、EPHEは今年の配当の合計が42.90USDと、0.4%くらいしかもらえてなくて信託報酬の方が高いというのは投資としてちょっとありえないですね。早めに売ろうと思います。
12/28時点でBNDの配当利回りが2.77%なのを考えると、個人的な基準として、配当利回りがBND以下のETFは今後は買わない、などということにしてもいいかなと思いました。

まあとにかく、12月の配当総額はこれで1,670.50USDになりました。なお今回も配当はいつものように全額DRIPで再投資しました。
また、これで今年の配当合計は14,567.84USDになりました。

スクリーンショット 2018-12-27 21.04.50


VTIとVWOはこの調子だと来月に持ち越しですかね。みなさま良いお年を。