こんにちは、ワタナベ・トオルです。12月もかなり株価は好調でした。僕はもう10年以上株式投資をしていますが、2019年は過去最も資産評価額が増えた年になりました。ただ、株価は短期的にはふわふわと根拠もなく変動していまいち掴みどころのないところがあるので、一喜一憂しないように自分に言い聞かせるようにしています。それに比べて配当は実際に貰ったお金なので、素直に喜べますね。

さてさて。今月は以下の個別株6銘柄とETF8銘柄から配当をもらいました。

ZTS (ゾエティス)
ALK (アラスカ航空)
XOM (エクソン・モービル)
ALGT (アレジアント・トラベル)
JFC (ジョリビー)
NTDOY (任天堂)
EFA (iShares MSCI EAFE ETF)
EIDO (iShares MSCI Indonesia ETF)
EPHE (iShares MSCI Philippines ETF)
EWM (iShares MSCI Malaysia ETF)
VTI (バンガード・トータル・ストック・マーケットETF)
VWO (バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF)
VNM (VanEck Vectors Vietnam ETF)
VNQ (バンガード不動産ETF)

スクリーンショット 2020-01-04 14.54.50


ZTS(+42%)は、ペット用医薬品というニッチなビジネスを手掛ける会社ですが、BPS成長率が21%と高く、今後も株価/配当両方の伸びが期待できると思います。現時点では配当率が0.60%と低いですが、下落があれば買い増すつもりです。配当8.56USD。
ALK(-4%)はシアトルを拠点にしている中堅の航空会社ですが、最近乗ったのをきっかけにBPS成長率をみてみたところ、19.6%と非常に良い数字だったので購入しました。配当24.85USD。
XOM(-9%)は言わずとしれたオイルメジャーの一角で、配当銘柄としても有名です。ただ、配当も含めたトータルの成績は少しずつ改善しているものの、購入以来-9%といまいち奮いません。下落があれば買い増し。配当111.2USD。
ALGT(+44%)はアメリカの小規模な航空会社です。独自の路線を開拓して価格競争を回避する戦略をとっています。株価の推移も堅調。配当28.58USD。
JFC(-21%)はフィリピンのファーストフードの会社です。フィリピンに旅行した時に気に入って購入しました。最近株価が下がっているので買いのチャンスかもしれません。配当13.76USD。
NTDOY(+102%)は日本の任天堂です。マリオのスマホ向けアプリを発表した2016年8月頃にほぼ思いつきで買い、長く低迷していたので買ったことをずっと後悔していたのですが、気がつくと3年半で株価は2倍になっています。下がり始めたら売るつもりです。配当48.94USD。
EFA(+48%)は日本、ヨーロッパ、オーストラリア、香港といった、米国とカナダを除いた先進国に投資するETFです。もう10年持ち続けていますが、まずまず堅実に稼いでくれています。下がったら買ってもいいと思っています。配当1029.71USD。
EIDOは(+8%)はインドネシアに投資するETFです。インドネシアは現時点で2億5千万人の人口を抱えるが、平均年齢がまだ低く、2060年頃までは人口の増加が見込まれるため、人口ボーナスによる株価上昇を期待して買っています。でも経費率0.59%はちょっと高すぎますね。配当19.01USD。
EPHE(-1%)はフィリピンに投資するETFです。これもEIDOと同様、今後の人口ボーナスによる株価上昇を期待して買いましたが、経費率が0.59%と高いのが玉に瑕です。配当9.38USD。
EWM(-6%)はマレーシアに投資するETFです。EWMは配当率が3.72%と高め(2020/1月)なので、配当目当てで買っています。ただし経費率が0.49%とこれも高いんですよね。配当151.61USD。
VNM(+21%)はベトナムに投資するETFです。最近、中国からベトナムへの生産シフトの影響で株価が上がっています。ただこれも、経費率が0.68%と高いのでこれ以上買い増すかどうか悩むところです。配当79.49USD。
VTIは言わずと知れた米国株式全体に投資するバンガードのETFです。Expense Ratioが0.03%(2020/1月)と低額なのも素晴らしい。最近、特に米国株の伸びが目覚しいので、日本でも人気があるようですね。配当319.41USD。
VWOは中国、台湾、インド、ブラジル、南アフリカなど新興国に投資するバンガードのETFです。世界分散投資を実現するのに便利。下がったら買い増し。配当1043.05USD。
VNQは米国REITに投資するETFです。高配当(3.12%, 2020/1月)が特徴。これも下がったら買い増し。配当386.0USD。

12月の配当総額は3273.54USDでした。昨年12月(2395.60USD)と比較して37%の増加になりました。これで2019年の配当総額は20,581.22USDとなり、目標の19,961USDをクリアしました。また、昨年(16,321.59USD)と比較すると26%増でした。なお配当はJFC以外は全てDRIPで再投資しました。

1月はUSB, STOR, MOから配当がもらえる予定です。

スクリーンショット 2020-01-04 14.56.03


追加投資ですが、12月は最近安くなっていたEWMを購入しました。
1月はSTORとBABAの購入を検討しています。