2017年02月

2017年02月28日

クオカード優待を新設した研創を新規購入

 2月15日にクオカード(500円)優待を新設した研創(7939)を100株新規購入しました。
 指値はずっと出していましたが、落ちてこないのと今月入金の配当金(分配金)で余力があったので、指値を引き上げての購入です。
 地味ながら割安なジャスダック銘柄ですので、将来の昇格や値上がりを待ちながらのんびりホールドします。

(購入銘柄)
(1)研創(7939)
・購入数=100株(新規購入)
・購入価格=425円
・3月のみ権利(配当1000円・クオカード500円)




2017年02月27日

場中にクオカード優待新設を発表した城南進研を飛びつき買い・イフジ産業を売却

 本日の午後2時に年2回(3月/9月)のクオカード(500円)優待新設を発表した城南進学研究社(4720)を飛びつき買いしました。
 私が気づいたときには既に一度ストップ高まで行っていたのですが、その後落ちてきたのであまり考えずに437円で100株新規購入しました。

 配当が100株で年間1000円ありますので、クオカード(年間1000円)と合わせると私の買値で約4.57%の優待込利回です。500円以下なら4%以上となります。
 ここは1000株単位の時に保有していて一度利確した銘柄で、再度の購入となります。
 ジャスダック銘柄ですので将来の昇格を意識した導入と思っています。

 一方で、1部昇格発表で大きく上がったイフジ産業(2924)を売却(売切)しました。

(購入銘柄)
(1)城南進学研究社(4720)
・購入数=100株(新規購入)
・購入価格=437円
・3月配当・優待(配当1000円・クオカード500円)/9月優待のみ(クオカード500円)

(売却銘柄)
(1)イフジ産業(2924) 
・購入価格544円→売却価格773円
・売買損益(税引前)=22,805円



モリトから最後の優待クオカードと配当金到着

 優待廃止発表で売却済みのモリト(9837)から最後の優待クオカード(1000円)と配当金が届きました。
 年2回1000円クオカードという太っ腹な優待でしたので、いずれ改悪の予想はしておりましたが「1部昇格直後のあからさまな全廃」までは想定していませんでした。せめて年1回にするとか、長期保有条件を付けるといった選択をしてほしかったです。

IMG_180度


【配当金履歴】
(1)モリト(9837)
・権利株数=100株
・1株当り配当金)=9円
・受取配当金(税引後)=718円


にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村  



2017年02月24日

優待内容をポジティブ変更したティーガイアを新規購入、北越工業を売り切り

 昨日、優待内容を自社店舗用ギフトカード3000円からクオカード3000円にポジティブ変更した3月権利銘柄のティーガイア(3738)を100株新規購入しました。
 優待込利回り4.2%水準の1946円で指値を出していたところ寄付直後にあっさり約定し、その後、結構大きく落ちました(前引では戻しましたが)。先日のすかいらーくの新規購入時と同じようなパターンです。焦って買ってしまうという悪い癖は直りそうにありません。
 配当は100株で年間5200円あり、ここ数年増配傾向ですので来期の増配も濃厚と期待しています。

 一方で、購入資金捻出のため、北越工業(6364)200株を売り切りました。利回り2%台の株を売って4%台の株に乗り換えた形です。

 Jリートの森トラストホテルリート投資法人(3478)が権利落ちで安くなった所(公募価格143000円付近)での買い増しを狙っていたのですが、あまり落ちず買えそうにありません。

(購入銘柄)
(1)ティーガイア(3738)
・購入数=100株(新規購入)
・購入価格=1,946円
・3月権利(配当2600円・クオカード3000円)/9月権利(配当2600円)

(売却銘柄)
(1)北越工業(6364)を200株売り切り
・購入価格558円→売却価格989円
・売買損益(税引前)=86,010円
 



2017年02月23日

2月の株主優待権利の取得銘柄

 気がつけば今日が2月の優待権利確定日です。
 私が取得する2月の株主優待は以下の通りです。

(1)9835ジュンテンドー(2名義)
(2)2178トライステージ
(3)2300きょくとう
(4)3048ビックカメラ(2名義)
(5)3222U.S.M.H
(6)3280エストラスト
(7)3387クリエイトレストランツ
(8)3546ダイユーリック(2名義)
(9)5018MORESCO
(10)8167リテールパートナーズ
(11)8237松屋
(12)8519ポケットカード
(13)9861吉野家

 全て現物です。
 権利落ちが大きくても業績・優待内容が変わらなければ何れ戻ることが殆どですので気にしないことにしています。むしろ、お買い得の株価になれば家族名義での購入を考えています。 

にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村  



wannyan07 at 12:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)株主優待