2018年10月

2018年10月31日

鳥羽洋行、アサヒホールディングス、日本SHL、助川電気、JFEを新規購入、ハードオフを売却

 昨日の日本株の動き、NY株価を見て、当面の底は打ったとの想定で、指値を引き上げたところ、大量にヒットしました。

 先ず、ジャスダック銘柄の鳥羽洋行(7472)を2866円で100株新規購入しました。
 ここは、空圧機器を中心に制御・FA関連・産業機器を扱う機械工具の専門商社で、近年は産業用ロボットに注力している老舗企業(1942年設立)で、無借金・自己資本比率63%以上の好財務企業です。
 配当は年1回3月権利で110円/1株、また、年1回3月権利で1000円のクオカード優待があります。3年以上保有で2000円にアップします。
 買値(2866円)ベースの優待込利回は約4.18%です。

 また先日(10月25日)、配当方針の変更を発表して大増配(74円→120円)したアサヒホールディングス(5857)を2390円で100株新規購入しました。
 ここは、金、プラチナなど貴金属リサイクルと産業廃棄物処理が両輪の企業です。
 配当は年2回3月/9月権利(60円×2回)で、買値(2390円)ベースの配当利回は約5.02%です。
 使うことはないと思いますが、100株以上で「自社グループ製品の優待価格販売(株主専用ウェブサイトで利用可)」の株主優待があります。
 増配発表後、株価は大きく上げていますが配当利回5%以上の水準なら買っても良いとの考えでの購入です。
 尚、ビールで有名なアサヒグループホールディングス(2502)と社名が紛らわしいです。

 さらに、昨日(10月30日)、9月本決算を発表し、増配(前期を64円→67円に増配し、且つ、今期予想を68円と発表)したジャスダック銘柄の日本エス・エイチ・エル(4327)を1662円で100株新規購入しました。
 ここは、採用や人事評価の診断ツール販売と人事コンサルティングが2本柱の企業で、無借金で自己資本比率85%以上の好財務企業です。
 バリュー株投資で有名な「BBHフィデリティロープライスドストックF」が株主に名を連ねています。
 配当は年2回(3月/9月)権利(34円×2回)で、買値(1662円)ベースの配当利回は約4.09%です。
 下がることがあったら、もう100株追加したいと考えています。

 さらにまた、ジャスダック銘柄の助川電気(7711)を698円で200株新規購入しました。
 ここは、熱と計測に関する研究開発型メーカーです。
 先日(10月26日)、特損発生による前9月期の業績下方修正を発表して急落しましたが、前期限りの特損と考えて新規購入しました。
 配当は年2回(3月/9月)権利(14円×2回)で、買値(698円)ベースの配当利回は約4.01%です。

 一方、場中に業績下方修正を発表したハードオフ(2674)を全200株、948円で売却しました。修正後のEPSは44.5円で、ほぼタコ足配当(40円)になってしまいますので他銘柄への乗り換えのため売却です。
 微益での売却ですが、節税ナンピンを何回かしていますので、実質的には損切りです。

 ハードオフの売却資金で、本日、暴落中だったジェイエフイーホールディングス  (5411)を2118.5円で100株新規購入しました。
 ここは、粗鋼生産世界10位圏内の鉄鋼メーカーです。
 たった3%程度の下方修正(EPS312円→303円)ですので、いきすぎた下げと考えての購入です。
 配当は年2回(3月/9月)権利(年間95円)で、買値(2118.5円)ベースの配当利回は約4.48%です。
      
 ここ最近の株価下落局面で積極的に買い向かっていきましたので、保有銘柄数が増えて287銘柄になりました。

【購入銘柄】
(1)鳥羽洋行(7472)を新規購入
・購入数=100株
・購入価格=2,866円

(2)アサヒホールディングス(5857)を新規購入
・購入数=100株
・購入価格=2,390円

(3)日本エス・エイチ・エル(4327)を新規購入
・購入数=100株
・購入価格=1,662円

(4)助川電気(7711)を新規購入
・購入数=200株
・購入価格=698円

(5)ジェイエフイーホールディングス  (5411)を新規購入
・購入数=100株
・購入価格=2,118.5円

【売却銘柄】
(1)ハードオフ(2674)を売却
・売却数=200株
・購入価格942円→売却価格948円
・売買損益(税引前)=1,010円
・残り保有数=0株

にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ


wannyan07 at 17:02|PermalinkComments(0)取引履歴 | 株主優待

カワニシホールディングス(2689)から配当金と優待クオカード到着

 カワニシホールディングス(2689)から配当金と優待クオカードが到着しました。6月権利の配当金・優待です。

 ここは、中国、四国地方の医療機器・医療材料の卸業者3社が合併してできた持ち株会社で、試薬取り扱いや介護などの事業も強化中です。

 2部銘柄で昇格を期待して保有していますが、なかなか昇格の気配がありません。

 株主優待は年1回6月権利で「100株の場合1000円クオカード」です。3年以上の保有で2000円に増額されます。今回ようやく2000円になりました。

【配当金(分配金)履歴】
(1)カワニシホールディングス(2689)
・権利数=100株
・1株(口)当り配当金=40円
・受取配当(分配)金(税引後)=3,188円
・現在保有数=100株(@1,108円)
・受領日=2018年9月21日

(1)カワニシ




2018年10月30日

優待改悪のユニゾを売却、東京インフラ、日本再生可能エネルギーインフラを買い増し

 昨日(10月29日)発表のIRでUCギフトカード(3000円)の優待廃止を発表したユニゾ(3258)を寄付値の2048円で売却しました。
 配当利回は4%弱有り、業績好調で増配も期待ですますが、不動産株なので、利回重視ならJリートやインフラファンドに乗り換えた方が良いと考えての売却です。
 僅かな売却益が出ていますが、ここは数えきれない位、節税ナンピンを行って単価を下げてきましたので、実質的には大きくマイナスので撤退です。

 一方、ここ最近、ネガティブなニュース(九電管内の出力制御実施[但し、先週末は実施されず]、FIT価格の引下[但し、既契約施設は対象外]等)が続いてイメージが悪くなったせいか、価格急落中のインフラファンドの中から、東京インフラ・エネルギー投資法人(9285)を、89100円で1口買い増して7口にしました。
 また、日本再生可能エネルギーインフラ投資法人(9283)を、92500円で1口買い増して8口にしました。

 優待廃止したユニゾの年間配当金は8000円ですが、乗り換えた東京インフラの年間分配金は6751円、日本再生可能エネルギーの年間分配金は6460円で、合計13211円ですので、乗り換えにより配当金(分配金)が5211円増えることになります。

【売却銘柄】
(1)ユニゾ(3258)を売却
・売却数=100株
・購入価格2,030円→売却価格2,048円
・売買損益(税引前)=1,536円
・残り保有数=0株

【購入銘柄】
(1)東京インフラ・エネルギー投資法人(9285)を買い増し
・購入数=1口
・購入価格=89,100円
・現在保有数=7口(@91,724円)

(2)日本再生可能エネルギーインフラ投資法人(9283)を買い増し
・購入数=1口
・購入価格=92,500円
・現在保有数=8口(@91,542円)

にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村


wannyan07 at 18:01|PermalinkComments(0)取引履歴 | 株主優待

CIJ(4826)から配当金到着

 CIJ(4826)から2名義分の配当金が届きました。6月権利の配当金です。

 ここは12月権利でクオカード優待(500円)があります。

 IT系の銘柄は、自動運転・ビッグデータ・IoT等の材料が絡むと吹き上げることがありますので、その時が来ることを期待してのんびり保有します。

【配当金履歴】
(1)CIJ(4826)
・権利株数=200株(100+100)
・1株当り配当金=14円
・受取配当金(税引後)=1,116円×2名義
・現在保有数=200株(@436円)
・受領日=2018年9月21日

にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村    


2018年10月29日

インヴィンシブル投資法人(8963)から分配金到着

 インヴィンシブル投資法人(8963)から分配金が到着しました。6月権利の分配金です。

 ここはホテルとレジデンスを投資対象とするリートです。分配金安定性の観点からはレジデンスにも力を入れて欲しいですが、最近はホテル投資に前のめりなところが懸念材料です。

 スポンサーは外資系のフォートレスでしたが、フォートレスをソフトバンクグループが100%買収したことにより、実質的にはソフトバンクグループがスポンサーといえます。

 格付はシングルAを取得しています。

 今回の分配金は1,430円です。
 
 次回の分配金(2018年12月期)は1683円です。

 ホテルの売上げに連動する賃料体系も一部取り入れていることから、例年、ホテル需要が強くなる「夏休み期間(7月~9月)」を含む「12月期」が「6月期」より分配金が多くなっています。
 このため、毎年7月以降は、各種ウェブサイトの利回りランキングにおいて、12月期の分配金を2倍して利回計算されることが多いため、実体以上に高利回り銘柄としてランキングされる点に注意が必要です。

 今回は20口分の分配金ですが、現在は25口まで買い増しています。

【配当金(分配金)履歴】
(1)インヴィンシブル投資法人(8963)
・権利数=20口
・1株(口)当り配当金(分配金)=1,430円
・受取配当(分配)金(税引後)=22,790円
・現在保有数=25口(@44,192円)
・受領日=2018年9月21日

にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村    
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村