2019年03月

2019年03月29日

2019年3月の配当金(分配金)実績

 2019年3月中に到着した配当金(分配金)が確定しましたので備忘録として記録しておきます。

 『2019年3月の配当金(分配金)=416,048円(税引後)』
*自己銀行口座入金分のみの合計で、クオカード等の優待金額・家族証券口座への入金分は含んでおりません。
 昨年(2018年)3月の配当金(分配金)は「257,496円」でしたので、約15万円強の大幅増額となりました。40万円を超えるとは思っていなかったので、嬉しい誤算です。

 3月中に到着する配当金(分配金)は「昨年12月権利」のものが中心となります。

 やはり、5月/11月権利の配当金(分配金)が到着する2月/8月が弱いので、5月/11月権利の高利回銘柄を増やしていくことが課題となります。
 今後も権利落や公募増資等で安くなるタイミングを狙って5月/11月権利の高利回り銘柄を補充していきたいと考えています。

 入金された配当金(分配金)は、全額再投資に回しています。

【2019年中の配当金(分配金)実績】
 総額=968,047円(税引後)
(1月=364,004円)
(2月=187,995円)
(3月=416,048円)
*自己銀行口座入金分のみの合計で、クオカード等の優待金額・家族証券口座への入金分は含んでおりません。

【昨年(2018)年の配当金(分配金)実績】
 総額=4,296,511円(税引後)
(1月=253,908円)
(2月=160,741円)
(3月=257,496円)
(4月=308,505円)
(5月=281,737円)
(6月=941,427円)
(7月=341,613円)
(8月=215,284円)
(9月=306,544円)
(10月=315,098円)
(11月=332,765円)
(12月=581,393円)

【2017年の配当金(分配金)実績】
総額=3,556,978円
 
にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村

あおぞら銀行を一部売却、エネクス・インフラリートを買い増し

 3月22日付IRで、まさかの減配(期末配当64円→30円、年間配当184円→154円)を発表したあおぞら銀行(8304)、保有600株の内、200株は売却済みですが、更に、100株売却して残り300株にしました。
 減配発表の翌日から下げ止まらず続落中です。来期の更なる減配を懸念した売りが出ている印象です。連日、節税ナンピンを実行していますが、減配懸念があるので更に100株売却実行しました。

 代わりに、配当金(分配金)安定性の高いインフラファンドの中から、エネクス・インフラ投資法人(9286)を、84600円で3口買い増して14口にしました。
 ここのメインスポンサーは1部上場企業の伊藤忠エネクスです。
 他のインフラファンド同様、現状は、太陽光発電施設のみの保有となっていますが、「投資方針として、太陽光発電施設への投資比率(取得価格ベース)を50%以上、風力や水力、バイオマス発電所等への投資比率を50%以下」と掲げていますので、今後、太陽光発電施設以外の再生エネルギー施設を組み入れていく可能性が最も高いインフラファンドと考えています。
 実際、風力発電3件(41MW)、水力発電3件(9MW)の優先売買交渉権を保有していて、社長インタビューでは「太陽光がメインで、2~3割がそれ以外になるイメージ」とのことです。

 分配金は年1回11月権利で、2019年11月期=5953円(内、利益超過分配金2889円)、2020年11月期=5936円(内、利益超過分配金3834円)です。
 2020年11月期の5936円を巡行とすると、今日の買値(84600円)ベースの利回りは約7.01%です。
 貴重な11月権利銘柄ですが、年1回だけの分配金が難点です。また、利益超過分配金の比重が大きい点も気になりますが、他のインフラファンドも似たようなものですので、分散投資の観点で集めています。

 現状、インフラファンドの保有状況は以下の通りです。全て巡行利回7%以上で保有しています。

 (1) タカラレーベン・インフラ投資法人(9281)
・保有数=14口(@97,006円)
・権利月=5月/11月

(2)日本再生可能エネルギーインフラ投資法人 (9283)
・保有数=12口(@90,601円)
・権利月=1月/7月

 (3)カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人(9284)
・保有数=23口(@95,940円)
・権利月=6月/12月

(4) 東京インフラ・エネルギー投資法人(9285) 
・保有数=8口(@83,247円)
・権利月=6月/12月

(5)エネクス・インフラ投資法人(9286)
・保有数=14口(@84,556円)
・権利月=11月

【売却銘柄】
(1)あおぞら銀行(8304)を一部売却
・売却数=100株
・購入価格2,797円→売却価格2,741円
・売買損益(税引前)=-5,864円
・残り保有数=300株(2,797円)

 【購入銘柄】
(1)エネクス・インフラ投資法人(9286)を買い増し
・購入数=3口
・購入価格=84,600円
・現在保有数=14口(@84,556円)



wannyan07 at 17:01|PermalinkComments(0)取引履歴 | 投資日記

上場インデックスファンドアジアリート(1495)から分配金到着

 上場インデックスファンドアジアリート(1495)から分配金が到着しました。
 1月権利の分配金です。ここの分配金は権利月の翌月にスピード入金されます。

 ここはシンガポール、香港、マレーシア(クアラルンプール)に上場しているリートに分散投資できる上場ETFです。
 円をドル転することなく取引できるので、為替レートの影響は当然あるものの、それを意識しなくて取引できるところが楽です。

 分配金は年4回、1月/4月/7月/10月が権利月です。権利確定日は月末ではなく20日です。
 投資単位は10口単位です。

 今回の1口当たりの分配金は111.00円です。これを巡航とすると年間444.00円(111.00円×4回)となり、買値ベース(10,302円)の利回りは約4.3%程度と合格点です。
 ただ、前回=95.40円、前々回=91.60円、前前前回=107.10円とバラツキがあります。
 分配金成長により、安定して4%以上の利回りとなることを期待して保有継続します。

 また、投資口価格が10000円を割るタイミングがあれば買い増したいです。

【配当金(分配金)履歴】
(1)上場インデックスファンドアジアリート(1495) 
・権利数=70口
・1株(口)当り配当金(分配金)=111.00円
・受取配当(分配)金(税引後)=6,193円
・現在保有数=70口(@10,302円)
・受領日=2019年2月28日

にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村    
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村

2019年03月28日

阪急阪神リート投資法人(8977)から分配金が到着

 今日の下げはきついですね。1日遅れで権利落がやってきた感じです。株価軟調時は、配当金(分配金)をもらいながら耐えます。

 阪急阪神リート投資法人(8977)から分配金が到着しました。

 昨年11月権利の分配金です。

 ここは商業施設を中心としつつ、それ以外にも投資を行う総合型リートです。スポンサーは阪急阪神グループでAA格を取得しており、日銀の買入対象となっています。
 関西エリアの物件を主要な投資対象としていて地域分散の観点から投資を行っていますが、最近は東京の物件も保有率が上がってきています。

 昨年11月に行った公募増資で 大阪中心部の都心型大規模複合施設「グランフロント大阪」の持分を取得しており、今後の分配金成長に期待が持てるようになりました。 

 今回の分配金は3117円です。

 次回の分配金は3160円、次々回の分配金は3100円です。

【配当金(分配金)履歴】 
(1)阪急阪神リート投資法人(8977) 
・権利数=6口
・1株(口)当り配当金(分配金)=3,117円
・受取配当(分配)金(税引後)=14,903円
・現在保有数=6口(@90,745円)
・受領日=2019年2月21日

にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村    
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村

2019年03月27日

利回3.3%台のコンフォリアリートを一部利確、権利落のJXTGを新規購入、日本賃貸リート、エスコンリートを買い増し

 今日は権利落で100万以上マイナスになる想定でしたが、Jリートが急上昇したおかげで僅かマイナス3万で済みました。Jリートは一方通行で動くことが多く、最近の上げが急すぎるので反動が来ることも頭に入れておきたいです。

 そんな中、高格付(AA)住宅系リートであるコンフォリア・レジデンシャル投資法人(3282)の投資口価格が再び30万円を超え、利回りが3.3%台に下がってきたので、301,000円で1口利確して残り8口にしました。
 

 代わりに、本日権利落で配当利回4%超となったJXTGホールディングス(5020)を519.1円で400株新規購入しました。
 ここは、国内シェア5割の石油元売り首位で、売上10兆円を超える巨大企業です。
 機関投資家が買わないような中小型の高配当株が好きですが、中小型株は悪材料が出た際に売るに売れない状況になりますので、今回は流動性の高い大型株を購入しました。
 配当は年2回3月/9月権利で21円ですので、今日の買値(519.1円)ベースの利回りは約4.04%です。
 EPSは約88円ありますので、増配期待を持てる株です。


 また、ここ最近、高格付(AA)住宅系リートのアドバンスレジデンスとコンフォリアを幾つか利確し、住宅系リートの保有が少なくなったので、本日、権利落の日本賃貸住宅投資法人(8986)を、88,600円で1口買い増して37口にしました。
 格付はシングルAで、スポンサーは大和証券グループです。
 分配は年2回3月/9月権利で3900円ですので、今日の買値(88,600円)ベースの利回りは約4.40%です。
 37口の平均購入単価(65,273円)ベースの利回は約5.97%になります。

 さらに、前場で年初来高値を付けたものの、後場に入って安くなったエスコンジャパンリート投資法人(2971)を、またまた100,800円で1口買い増して13口にしました。
 ここは1部上場の日本エスコンをスポンサーとするリートで、格付の取得はありません。
 分配金は年2回1月/7月権利で、2019年7月期=2629円、2020年1月期=3653円、2020年7月期=3218円です。利益超過分配はしない方針です。
 固都税の発生する2020年7月期の3218円を半期巡行分配金とすると、今日の買値(100,800円)ベースの利回りは約6.38%です。

 他のJリートは上げすぎで、値頃感的・利回り的に買えるのはここ位です。

【売却銘柄】
 (1)コンフォリア・レジデンシャル投資法人(3282)を一部利確
・売却数=1口
・購入価格153,665円→売却価格301,000円
・売買損益(税引前)=147,071円
・残り保有数=8口(@152,788円)
*カブドットコム証券で4口(@153,665円)、マネックスで4口(@151,910円)保有

【購入銘柄】
(1)JXTGホールディングス(5020)を新規購入
・購入数=400株
・購入価格=519.1円

(2)日本賃貸住宅投資法人(8986)を買い増し
・購入数=1口
・購入価格=88,600円
・現在保有数=37口(@65,273円)

(3)エスコンジャパンリート投資法人(2971)を買い増し
・購入数=1口
・購入価格=100,800円
・現在保有数=13口(@100,906円)

にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ


wannyan07 at 18:01|PermalinkComments(0)取引履歴 | 投資日記