さくら総合リート投資法人(3473)から分配金到着インヴィンシブル投資法人(8963)から分配金到着

2019年11月08日

赤転・タコ配発表の助川電気を成り売り、T&Dを一部利確、東京産業・トーセイリート・タカラリートを買い増し

  昨日のIRで今期の赤転・タコ配を発表した助川電気(7711)を、全300株成り売りしました(約定値は625円)。29円配当は維持予想ですが、赤転・タコ配では減配リスクが大きいので処分しました。

 また、生保持株会社のT&Dホールディングス(8795)を、1341円で100株利確し、残り100株にしました。


 一方、売却資金で、
(1)東京産業(8070)を576円で100株買い増して700株、
 本日、大暴落したJリートの中から、
(2)トーセイ・リート(3451)を134300円で1口買い増して22口、
(3)タカラレーベン不動産リート(3492)を119700円で1口買い増して31口、
にしました。

 日米の長期金利上昇により、外国人等の機関投資家がリート売りに動いたようです。

 間接不動産投資と考えているJリートは、あくまで利回りのみに着目して買っていますので、今後も投資口価格が下がって自分が納得する利回りになったJリートに関しては淡々と買っていきます。日銀による低金利政策が続く間(長期間続くと思います)は分配金へのマイナス影響は無いと考えています。
 もっとも、いつもの悪い癖で、今日の早い段階で買ってしまったのは失敗でした。
 Jリート・インフラファンドの爆下げで、1日で評価額が約300万円減りました。ここまで下げるとは全く予想できませんでした。


 尚、東京産業(8070)については過去記事(1)トーセイ・リート(3451)については過去記事(2)タカラレーベン不動産リート(3492)については過去記事(3)を御参照下さい。
 
【売却銘柄】
(1)助川電気(7711)を成り売り
・売却数=300株
・購入価格600円→売却価格625円
・売買損益(税引前)=7,308円
・残り保有数=0株

(2)T&Dホールディングス(8795)を一部利確
・売却数=100株
・購入価格981円→売却価格1,341円
・売買損益(税引前)=35,808円
・残り保有数=100株(@981円)

【購入銘柄】
(1)東京産業(8070)を買い増し
・購入数=100株
・購入価格=576円
・現在保有数=700株(@496円)

(2)トーセイ・リート(3451)を買い増し
・購入数=1口
・購入価格=134,300円
・現在保有数=22口(@113,444円)

(3)タカラレーベン不動産リート(3492)を買い増し
・購入数=1口
・購入価格=119,700円
・現在保有数=31口(@103,054円)



wannyan07 at 18:01│Comments(0)取引履歴 | 投資日記

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
さくら総合リート投資法人(3473)から分配金到着インヴィンシブル投資法人(8963)から分配金到着