年間予想配当金と資産状況

2019年07月30日

年間予想配当金と投資資産状況(2019年7月30日現在)

    今年も半分以上経過し、前回の集計記事(3月26日)からも大分経ちますので、本日(2019年7月30日)現在の投資資産状況等を備忘録として記録しておきます。

(1)投資資産状況(時価評価)
154,667,498円
(含み損益:+ 34,421,316円)
*証券口座はカブドットコム証券、マネックス、マネックス(家族名義)、大和証券を使用
*生活防衛資金は含んでおりません。

(2)年間予想配当金
7,060,878円(税引後:約5,648,702円、税引後月平均:約470,725円)
*年間予想配当金には、金券優待、食事券優待等の株主優待の額面金額を含みます。
*年間予想配当金は来年以降に受領予定の配当金です。

(3)2019年配当金(分配金)実績
総額=3,074,770円(税引後)
(1月= 364,004円)
(2月= 187,995円)
(3月= 416,048円)
(4月= 399,658円)
(5月= 297,362円)
(6月=1,024,540円)
(7月= 385,163円)
*自己銀行口座入金分のみの合計で、クオカード等の優待金額・家族証券口座への入金分は含んでおりません。

(4)2019年売買損益(キャピタルゲイン)
+3,225,403円(税引後=+2,570,163円)

(5)保有銘柄数
・331銘柄(内、Jリート44銘柄、インフラファンド5銘柄、上場ETF2銘柄)

 今まで通り、「受領した配当金(分配金)の再投資」、「値上がりによる低利回銘柄の売却」→「高利回銘柄への乗換」を行っています。

 なかなか1.5億円を超えなかった投資資産の時価評価が、ようやく超えてきました。もっとも、時価評価は株価調整が入ると簡単に減少しますので、あまり気にしないようにしています。
 投資資産は昨年(2018年)末の「 138,103,274円」から約+1650万、含み損益は昨年(2018年)末の「 25,031,307円」から約+939万円増加しました。もっぱらJリートの値上りが寄与していると思います。

 また、年間予想配当金は、昨年末の「6,578,681円(税引後:約5,262,944円、税引後月平均:約438,578円)」から「7,060,878円(税引後:約5,648,702円、税引後月平均:約470,725円)」へ、税引前で約+48万円の増加でした。

 引き続き配当金(分配金)の積み上げを行っていきます。
 
にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村

wannyan07 at 18:01|PermalinkComments(2)

2019年03月26日

年間予想配当金と投資資産状況(2019年3月26日現在)

 本日(2019年3月26日)現在の投資資産状況等を備忘録として記録しておきます。2019年に入って初めての集計記事です。
 今日記録しておかないと、明日は100万以上権利落する予定ですので、高い内に集計しておきます。

(1)投資資産状況(時価評価)
148,551,473円
(含み損益:+ 32,634,606円)
*証券口座はカブドットコム証券、マネックス、マネックス(家族名義)、大和証券を使用
*生活防衛資金は含んでおりません。

(2)年間予想配当金
6,729,278円(税引後:約5,383,422円、税引後月平均:約448,618円)
*年間予想配当金には、金券優待、食事券優待等の株主優待の額面金額を含みます。
*年間予想配当金は来年以降に受領予定の配当金です。

(3)2019年配当金(分配金)実績
総額=871,789円(税引後)
(1月=364,004円)
(2月=187,995円)
(3月=319,790円)
*自己銀行口座入金分のみの合計で、クオカード等の優待金額・家族証券口座への入金分は含んでおりません。

(4)2019年売買損益(キャピタルゲイン)
+1,389,262円(税引後=+1,107,034円)

(5)保有銘柄数
・316銘柄(内、Jリート44銘柄、インフラファンド5銘柄、上場ETF2銘柄)


 2019年に入っても、今まで通り、「受領した配当金(分配金)の再投資」、「値上がりによる低利回銘柄の売却」→「高利回銘柄への乗換」を行っています。

 時価評価投資資産は昨年(2018年)末の「 138,103,274円」から約+1000万、含み損益は昨年(2018年)末の「 25,031,307円」から約+760万円と大きく回復しました。もっぱらJリートの値上りが寄与しています。


 また、年間予想配当金は、昨年末の「6,578,681円(税引後:約5,262,944円、税引後月平均:約438,578円)」から「6,729,278円(税引後:約5,383,422円、税引後月平均:約448,618円)」へ、税引前で約+15万円の増加でした。最近は、あおぞら銀行等、減配を発表する企業が多く、年間予想配当金は伸び悩んでいます。

 引き続き配当金(分配金)の積み上げを行っていきます。
 
 今日の年間予想配当金と投資資産状況が、今年の最高値になってしまわず、株価がもっと上がってくれることを願っています。

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村

wannyan07 at 18:01|PermalinkComments(3)

2018年12月28日

年間予想配当金と投資資産状況(2018年12月28日現在)

 日米の株価共に、はっきりと底打ちしたとはいえませんが、底打ちらしい動きも出てきました。
 毎年の年末時点の「年間予想配当金と投資資産状況」を備忘録として記録しておかないと、前年比の推移が確認できず、日記的に株ブログをやっている意味がなくなりますので、本日、算出してみました。
 一昨日の日経19000円割れからの値上がり、昨日の20000円回復、昨夜のアメリカ株の-600ドル安からの+200ドルへの上昇により、このまま底打ちしてくれることを期待すると共に願っています(トランプ次第のところがありますが)。

 本年も、昨年同様、「受領した配当金(分配金)の再投資」、「値上がりによる低利回銘柄の売却」→「高利回銘柄への乗換」を行いました。
 今年はJリートの好調に救われましたが、年後半の株価暴落により、時価評価投資資産・含み損益が減少しました。
 時価評価投資資産は昨年末より約-345万、含み損益は約-1790万円となりました。
 含み損益の減少が特に大きいのは、年途中までの株価好調時に、含み益銘柄の積極的な利確(実現益への転換←ポジティブな含み益の減少)を行った上で買い換えた銘柄がほぼ全て大きく含み損に転落すると共に、長年保有している銘柄の含み益が激減(←ネガティブな含み益の減少)したためです。
 尚、年途中の好調時には時価評価投資資産は約1.5億でしたので、そこからは約1200万円のマイナスです。

 一方、「配当金(分配金)再投資」、「値上がりによる低利回銘柄の売却」→「高利回銘柄への乗換」による配当金(分配金)の積み上げは順調で、年間予想配当金は、昨年末の「5,486,577円(税引後:約4,389,261円、税引後月平均:約365,771円)」から「6,578,681円(税引後:約5,262,944円、税引後月平均:約438,578円)へ、税引前で100万円以上の増加となりました。

 また、キャピタルゲインは株価好調だった昨年の「+10,641,593円(税引後=+8,479,753円)」から「+6,037,525円(税引後=+4,811,003円)」に減少しました。
 年途中の株価好調時には900万弱程度のキャピタルゲインがありましたが、年末の株価暴落時に連日積極的な節税ナンピン(25日は120銘柄以上)を行ってキャピタルロスを出し、600万程度にまで減少させました。含み損銘柄がまだまだ沢山あるので、年内受渡取引日がもっと欲しかったです。

 来年も本来の目的である配当金(分配金)の積み上げを行っていくと共に、株価が回復して時価評価投資資産及び含み損益が増えてくれることも願っています。

(1)投資資産状況(時価評価)
138,103,274円
(含み損益:+25,031,307円)
*証券口座はカブドットコム証券、マネックス、マネックス(家族名義)、大和証券を使用
*生活防衛資金は含んでおりません。

(2)年間予想配当金
6,578,681円(税引後:約5,262,944円、税引後月平均:約438,578円)
*年間予想配当金には、金券優待、食事券優待等の株主優待の額面金額を含みます。
*年間予想配当金は来年以降に受領予定の配当金です。

(3)2018年配当金(分配金)実績
 総額=4,296,511円(税引後)
(1月=253,908円)
(2月=160,741円)
(3月=257,496円)
(4月=308,505円)
(5月=281,737円)
(6月=941,427円)
(7月=341,613円)
(8月=215,284円)
(9月=306,544円)
(10月=315,098円)
(11月=332,765円)
(12月=581,393円)
*自己銀行口座入金分のみの合計で、クオカード等の優待金額・家族証券口座への入金分は含んでおりません。

(4)2018年売買損益(キャピタルゲイン)
+6,037,525円(税引後=+4,811,003円)

(5)保有銘柄数
・300銘柄(内、Jリート43銘柄、インフラファンド4銘柄、上場ETF2銘柄)

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村

wannyan07 at 18:01|PermalinkComments(0)

2018年09月25日

年間予想配当金と投資資産状況(2018年9月25日現在)

 前回(2018年5月3日)から約5ヶ月も経ちましたので、本日(2018年9月25日)現在の年間予想配当金と投資資産状況を備忘録として記録しておきます。

 今年の1月~9月に入金された配当金(分配金)の再投資、「値上がりによる低利回銘柄の利確」→「高利回銘柄への乗換」を積極的に行いました。

 時価評価の投資資産は、前回から約400万円の増加となりました。一方、含み損益は、バイテック、エフティグループ等大きく上がった銘柄の利確を積極的に進めたことから、約180万円の減少となりました。

 年間予想配当金は、前回から約46万円の増加となりました。

 キャピタルゲインは、前回から約360万円の増加となりました。

 尚、明日は数が多い9月権利銘柄の権利落日ですので、評価額は大きく下がります。
 
(1)投資資産状況(時価評価)
148,058,823円
(含み損益:+39,140,978円)
*証券口座はカブドットコム証券、マネックス、マネックス(家族名義)、大和証券を使用
*生活防衛資金は含んでおりません。

(2)年間予想配当金
6,219,847円(税引後:約4,975,877円、税引後月平均:約414,656円)
*年間予想配当金には、金券優待、食事券優待等の株主優待を含みます。
*年間予想配当金は来年以降に受領予定の配当金です。

(3)2018年配当金(分配金)実績
総額=3,012,429円(税引後)
(1月=253,908円)
(2月=160,741円)
(3月=257,496円)
(4月=308,505円)
(5月=281,737円)
(6月=941,427円)
(7月=341,613円)
(8月=215,284円)
(9月=251,718円)
*自己銀行口座入金分のみの合計で、株主優待や家族証券口座への入金分は含んでおりません。

(4)2018年売買損益(キャピタルゲイン)
+6,990,761円(税引後=約+5,592,608円)

(5)保有銘柄数
・276銘柄(内、Jリート42銘柄、インフラファンド3銘柄、上場ETF2銘柄)

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村

wannyan07 at 18:03|PermalinkComments(0)

2018年05月03日

年間予想配当金と投資資産状況(2018年5月3日現在)

 前回(2017年12月27日)から既に約4ヶ月間も経ちましたので、本日(2018年5月3日)現在の年間予想配当金と投資資産状況を備忘録として記録しておきます。

 今年の1月~4月に入金された配当金(分配金)の再投資、「値上がりによる低利回銘柄の利確」→「高利回銘柄への乗換」を行いました。
 時価評価の投資資産は、前回から約250万円の増加となりました。
 また、年間予想配当金は、前回から約26万円の増加となりました。
 
(1)投資資産状況(時価評価)
144,046,867円
(含み損益:+40,931,103円)
*証券口座はカブドットコム証券、マネックス、マネックス(家族名義)、大和証券を使用
*生活防衛資金は含んでおりません。

(2)年間予想配当金
5,753,676円(税引後:約4,602,940円、税引後月平均:約383,578円)
*年間予想配当金には、金券優待、食事券優待等の株主優待を含みます。
*年間予想配当金は来年以降に受領予定の配当金です。

(3)2018年配当金(分配金)実績
総額=980,650円(税引後)
(1月=253,908円)
(2月=160,741円)
(3月=257,496円)
(4月=308,505円)
*自己銀行口座入金分のみの合計で、株主優待や家族証券口座への入金分は含んでおりません。

(4)2018年売買損益(キャピタルゲイン)
+3,355,068円(税引後=+2,684,054円)

(5)保有銘柄数
・273銘柄(内、Jリート41銘柄、インフラファンド3銘柄)

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村

wannyan07 at 12:02|PermalinkComments(4)