9f24dc5b.gif先日は『潜在酵素』のお話と、酵素って生きていくために重要だというお話をさせていただきました。

今日は減るばかりの『潜在酵素』を補うことができる『外部酵素』のお話をしましよう

よっホリスティックケア・カウンセラー

はいはいどもです。

『外部酵素』には『食物酵素』と『サプリメント』があります。
『食物酵素』とは人間や動物と同じく食材(野菜や果物、肉、魚)なども自分たちでそれぞれ『潜在酵素』を持っていますので、それを取り入れることで『酵素』を取り入れることが出来ます

でも酵素ってとっても熱に弱いのです
一般に酵素は48℃以上で失活してしまうといわれています。
ようは加熱された食べ物の中には残念ながら酵素の働きは無いということですね
なので、一般的な加工されたフードは高温・高圧で生産されていますので酵素は存在していないということになりますの
なのでフードよりは生の野菜などのトッピングを加えてあげたほうがより自然な酵素が摂取できるということになります。
生の肉や魚・生野菜・果物・発酵食品です。
生では与えてはいけないもの。基本には与えてはいけないものもありますので、などでご確認ください。
ぢょん・ちゃこは納豆食べます!長いもも大根もバリバリ!
フードから手つくりごはんに変えたときには解毒でいろんな症状が起こりました。
下痢だったり、体臭だったり。でも今は健康優良児

ただ、どうしても体質的に生ものはダメというちゃんもいるでしょう。
できるだけ良質なフードと『サプリメント』で補ってあげましょう。

『潜在酵素』は増やすことは出来ません。減る一方です。
それを『外部酵素』で補うことで『潜在酵素』の減少を遅らせることが出来るのです。
またビタミンやミネラルの『サプリメント』をとっても酵素が無ければ充分に効力を発揮できません。
『酵素あっての効力』なのでただ単にビタミン・ミネラルのサプリメントを取っていればだいぢょぶぢゃないことをご理解くださいませ。

♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪

へぇ〜酵素ってすごいなぁ〜と改めて理解しましたね。
勉強しても机上だけのものでは『知識』だけでちっとも身になりません。
勉強の機会を与えてくれているぢょん・ちゃこに感謝します。

♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪
こんな栄養学をなぜ旦那様には活かせないのかと・・・反省だけで実践してませんが。
とりあえず生野菜だけは食べさせますか。