June 23, 2006

図書館詣でNO.3

北欧北欧の道具と暮らしたい(主婦と生活社)
これ予約待ちで1ヶ月は待ったかしら〜人気あるのね。
☆5つ(欲しい〜)
北欧ファンにはとっても楽しい本。
北欧のデザインって日本の風土にもぴったり合いますね。
ヨーロッパエレガンスやアーリーアメリカン、プロバンススタイルといろいろあるけど、なんか日本では無理があるような気がする。
ロココ調にまとめられた家なんか見ると笑っちゃいます。





高校生のころ、学校の帰りの道草場所と言えば池袋パルコ周辺
西武デパートには北欧の家具、食器、照明置いているコーナーが。
吸い寄せられるように、いつも覗くのが日課だったっけ。
そこで見つけた赤いカップ
文句なしに好きなデザインだったのです。
ひとめ惚れしたこの赤いカップは結婚してからもしばらく食卓を飾ってた。
ところが子供が落として割っちゃった。

ルスカ1そしてウラ・プロコッペがデザインしたルスカシリーズのこのカップ
つや消しの焦げ茶の陶器、たぶん何処かで見かけられたことがあるのでは?
日本の民芸品のような感じ。
ところが買おう買おうと思ってるうちに廃盤になってしまった。
現在はアンティークショップかオークションでしか手に入らないんです。
ガッカリ〜
あのとき無理してでも買っておけばよかった・・・
そんなに高いものでもなかったのに・・・。
でもやっぱ、子供に割られてたかもね(笑)

いつかきっと北欧旅行に行こう


wanwan3310coro at 23:25BOOK この記事をクリップ!

June 18, 2006

一週間おくれの誕生日

17日の土曜日に旦那と川越へ。

じつは先週がお誕生日でしたが、も無いし何処へも出かけられませんでした(今週は息子がを返しにきた)
目的はうなぎの小川籐さん
ココは川越市民の行きたい鰻屋さんランキングで1位になったお店。
以前TVでこぐれひでこさんも「おいしい!」って言ってましたね〜
いつも前を通るたびに「入ってみたいな〜」と思ってました。
実現して嬉しい!
小川籐
注文して出てくるまで時間がかかりましたが、待つだけのことはありました。
炭火のこげ具合が絶妙。香ばしくて美味。
うなぎはそれほど好物ではないのですが、ここの鰻は太鼓判です。
この日は梅雨の合間の晴れ日で暑かった〜
で、早めの暑気払いとなりました。
うな重


そして誕生日プレゼントは・・・
いろいろ迷って印伝の合切袋に決定。
前から欲しかったけど、なんか踏ん切りがつかなかった。
今回は丁度帰省してた息子のカンパもありで予算がUPしたので、思い切りました。
着物に持つといいかな〜なんて思いまして・・・(ホントは男が持つもの?)
印伝は鹿の皮に漆で柄を描いたもの。
けっこう丈夫な皮らしい。
せっかくの誕生日、いつまでも残るものがいいしね。
画像UPしたいのですが、あいにく品切れでお取り寄せとなりました。
手元にくるのが楽しみです。

しかし夏生まれなのにどうして夏に弱いの?
6月に入ると決まって調子がイマイチになってしまいます何故?



wanwan3310coro at 23:08彩の国 この記事をクリップ!
Profile
Archives
Recent Comments
アクセスカウンター

livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)