2012年02月09日

‘12年度 第11回 自己契約(108条他)

【登場人物】
シンデレラ A
継母    B
高利貸し  C
姉 継母の連れ子

【物語】

シンデレラの父が亡くなった後、継母はシンデレラを
扱き使いながら、浪費に明け暮れる日々。
残された財産も、だんだん底をつくようになっていっていた。

そんなある日、お城から舞踏会の案内状が届いたが―。

継母:いいかいお前たち。王子様にしっかり気に入って
   もらうんだよ。
   大金が入ってくる起死回生のチャンスだからね。

姉:母さん、それには舞踏会で目立たなくっちゃ。
  パッと目立つように大きなダイヤとかあれば、
  王子様の目にとまるんじゃない。

継母:そうだね。こうなったら先行投資だ。
   金を借りてでも買ってやろうじゃないか。

姉:でも、そんな大金、どうやって借りるの?

継母:ほら、シンデレラが相続した建物。
   あれを担保にすれば金を貸してもらえるさ。
   あの子は未成年者だから、法定代理人である
   私が、代理して抵当権を設定する契約を
   すればいいんだよ。

かくして、継母は金貸しを尋ねた。

高利貸し:これは、これは奥様。また随分とご所望ですな。
     しかし、そんな大金、タダでは貸せませんな。

継母:シンデレラが父親から相続した建物に
   私が代理して抵当権を設定するから。
   それならあんたも文句ないだろう。

高利貸し:お金を借りる貴方が、その担保となる抵当権の
     設定契約を代理できるんでしたっけ?

継母:確かに私があの子の代理人になって、あの子と私が
   契約するのは、自己契約になるからダメさ。
   でも、抵当権の設定は、あんたとシンデレラの間で
   やることだからね。それを私が代理しても、
   自己契約にならないから大丈夫。
   万一のときは、シンデレラの建物から貸金を回収
   しておくれ。

【問題】
 未成年者Aが相続により建物を取得した後に、Aの法定代理人である母Bが、自分が金融業者Cから金銭を借りる際に、Aを代理して行ったCとの間の当該建物への抵当権設定契約は、自己契約に該当しないので、その効果はAに帰属する。(H21−27)


【正解】×

高利貸し:えーと。奥様には自己契約には該当しないって
      言われてましたが。

さくら:自己契約(108条)とは、Aが、Bを代理して、
    Bと契約することですからね。
    ところが、抵当権設定契約は、シンデレラ嬢(A)と、
    貴方(C)との間の契約です。
    よって、継母(B)がシンデレラ嬢(A)を代理して、
    貴方(C)と抵当権設定契約を締結しても、
    自己契約には該当しません。

継母:自己契約じゃないのに、私が抵当権設定の契約を
   代理しても、シンデレラに効果が帰属しないって
   どういうことかい?

さくら:親権者である母は、法定代理人として子の
    財産管理について代理権を有しますが(824条)、
    利益相反行為については代理できません。
    特別代理人の選任を家庭裁判所に請求しないと
    いけないんですよ(826条1項)。

継母:利益相反だって人聞きの悪い!
   あの子の建物を担保にしてお金を借りたら、
   姉にダイヤの1つも買ってやれるんだよ。
   そうしたら、王子様の目に留まるかもしれないし、
   ウチの暮らしも上向く。
   あの子のためにもなるってもんさ。

さくら:母親が金銭を借りるにあったって、子が所有する
    不動産に、母が子を代理して抵当権を設定する
    行為は、母と子の利害が対立していますから、
    利益相反行為にあたります(最判S37.10.2)。

高利貸し:ということは、奥様が代理人となって抵当権
     設定契約をしても、無権代理行為。
     シンデレラ嬢には抵当権設定の効果が帰属
     しないというわけですな。
     いや〜危ないところでした。やれやれ。

継母:こうなったら特別代理人を選任してやろうじゃないか。
   抵当権の設定が必要なら、高利貸しのあんたが
   シンデレラの特別代理人になっておくれ。

高利貸し:それこそ自己契約の禁止に触れますって
     第一、ダイヤを買うより、ガラスの靴
     履けるようにすることですな。


(自己契約及び双方代理)
第108条  同一の法律行為については、相手方の代理人となり、又は当事者双方の代理人となることはできない。ただし、債務の履行及び本人があらかじめ許諾した行為については、この限りでない。

(財産の管理及び代表)
第824条  親権を行う者は、子の財産を管理し、かつ、その財産に関する法律行為についてその子を代表する。ただし、その子の行為を目的とする債務を生ずべき場合には、本人の同意を得なければならない。

(利益相反行為)
第826条  親権を行う父又は母とその子との利益が相反する行為については、親権を行う者は、その子のために特別代理人を選任することを家庭裁判所に請求しなければならない。
2  親権を行う者が数人の子に対して親権を行う場合において、その一人と他の子との利益が相反する行為については、親権を行う者は、その一方のために特別代理人を選任することを家庭裁判所に請求しなければならない。

短期合格を叶える学習ソフト
goukakusyuutyuu

生講義・学習ソフト・無料ゼミとで磐石の試験対策

meiji03




オンライン講義&SLTソフトによる行政書士講座
gokaku_syu_kouza
 
 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
ベリースの行政書士講座
Recent Comments
訪問者数