2012年07月26日

‘12年度 第34回 保証2(465条)

【登場人物】

両頭堪吉 A
亀有信用金庫 B
巡査部長・尾原大二郎 保証人その1 C
中山恵一 保証人その2


【物語】

両頭:今日も暑いぜキャンプに最適 
   おい、中山。
   今度、俺様がキャンピングカーを買うから、
   お前、保証人になってくれ。

中山:もういい加減、保証人になるのは勘弁して
   くださいよぉ。

両頭:嫌なら、お前の家に住みついてやっても
   いいんだぜ。
   俺様はもうアパートを引き払ったから、
   キャンピングカーでもないと、寝るところが
   ないんだよねぇ。
   蚤とダニと一緒に中山家にお引越しかなぁ? 

中山:先輩は、賃料を払わないからアパートを
   追い出されたんじゃないですか。
   そのときの滞納分なども、保証人になっていた私が
   払ったんですよ。

両頭:もう固いこと言わないの
   今度はさ、巡査部長にも保証人になって
   もらったから。
   お前は、俺様の親戚なんだから、保証人を断る
   筋合いにはないだろう。

中山:あぁぁ、まったくもう。
   しょうがないんだから。。。

両頭:で、亀有銀行さんからのリクエストなんだけど
   400万円全額について責任を負う特約付きだから。
   巡査部長も同じだから、よろしく

――――――――――――――――――――――

亀有銀行:中山さんも、相変わらず苦労するねぇ。
     悪いけど、保証人として400万円全額弁済して
     もらうよ。

中山:もう、いつものことですから。これで僕は400万円
   払いましたからね。
   あれっ?
   そういえば、今回は巡査部長も保証人として
   全額について責任を負ってるんだよなぁ。
   ということは、巡査部長に200万円の求償を
   請求できるとか。。。

【過去問】
 私は、AがBから400万円の貸付を受けるにあたり、Aから依頼されてCとともに保証人となりましたが、その際、私およびCは、Aの債務の全額について責任を負うものとする特約を結びました。このたび、私はBから保証債務の履行を求められて400万円全額を弁済しましたが、私は、Cに対して200万円の求償を請求することが可能でしょうか。(H22−31)

【正解】「可能である」

【解説】

さくら:保証人が数人いる場合は、各共同保証人は、
    原則として、主たる債務の額を平等に分割した
    額について保証債務を負担します(456条)。
    これを分別の利益といいます。

中山:でも、僕の場合は、主債務の全額を保証する
   契約になってましたから。。。

さくら:全額を保証するという特約をつけたんですね。

部長:そうだ、お前は全額について保証したんだから
   全額を支払って当然なんだ。
   上司の俺に求償するなんて、考えなくて
   よろしい!

中山:部長も、全額について保証していたじゃないですか。。。

さくら:共同保証人が全額を保証するという特約に
    基づいて、全額を弁済した場合でも、
    共同保証人の間では負担部分についてだけ責任を
    負うべきですから、自分の負担部分を超える部分
    については、他の保証人に求償できます
    (465条1項、442条)。
    中山さんの負担部分は、400万円÷2人=200万円
    ですから、巡査部長に200万円を求償できます。

部長:おい、中山。ちょっ、ちょっと待て! 
   俺は、お前の親戚にどれだけ頭を悩ませているのか
   わかっているだろう。
   これは夏のボーナスの査定にもかかわる事項だ。
   求償するかどうかは、よーく考えてからにしろ。

中山:もう部長まで、両頭先輩みたいなことを
   言うんだから。。。
   僕に200万円支払って、後は先輩から取り立てて
   ください


【条文】
(共同保証人間の求償権)
第465条 第442条から第444条までの規定は、数人の保証人がある場合において、そのうちの一人の保証人が、主たる債務が不可分であるため又は各保証人が全額を弁済すべき旨の特約があるため、その全額又は自己の負担部分を超える額を弁済したときについて準用する。
2 第462条の規定は、前項に規定する場合を除き、互いに連帯しない保証人の一人が全額又は自己の負担部分を超える額を弁済したときについて準用する。

(連帯債務者間の求償権)
第442条 連帯債務者の一人が弁済をし、その他自己の財産をもって共同の免責を得たときは、その連帯債務者は、他の連帯債務者に対し、各自の負担部分について求償権を有する。
2 前項の規定による求償は、弁済その他免責があった日以後の法定利息及び避けることができなかった費用その他の損害の賠償を包含する。


オンライン講義&SLTソフトによる行政書士講座
gokaku_syu_kouza
 
 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
ベリースの行政書士講座
Recent Comments
訪問者数