【登場人物】
石ノ原新太郎 太陽族
河村商会のおやじ ボート屋

【物語】

時は遡って昭和25年。
湘南海岸近くに住む石ノ原青年は、河村商会から
中古ヨットを購入した。

石ノ原:弟の裕太郎ばかりモテやがるんだよね。
    でも、このヨットがあれば、俺もアイツに勝てるって
    もんだぜ。

河村商会:今度の夏は、俺のヨットに乗らないかって
     誘うてみーちょ。
     おなごが、どんどん乗せてぇ〜って
     ついてくるっちゅーもんよ。

石ノ原:はっ、はっ、はっ。
    いい買い物をさせてもらったぜ。
    これからも、よろしく

ところがその翌日。石ノ原は、売買契約を取り消すと
言ってきた。

石ノ原:俺さ、未成年者なんだけど、親の同意を得て
    いなかったんだよね。
    親の同意を得ないでした契約は、取り消せる
    だろ(5条2項)。
    中古ヨットに、「減税」とかペンキで書いて
    あるのもカッコ悪いしさ。

河村商会:昨日の今日で取り消しかい。
     どうせまた、維新商事さんところから、もっと
     ええヨットがあるとか、言われたんじゃろうて。。。

仕方なく取消しを認める河村商会を尻目に、石ノ原は、
維新商事から中古ヨットを購入。
しかし、その石ノ原も、日が経つにつれてヨットの軋みが
気になってきて、そして、再び河村商会を訪ねると―。

石ノ原:いろいろ考えたんだけど。こっちのヨットも
    いいんだよね。
    売買契約の取消しは、やっぱやめるわ。

河村商会:おみゃーさん、今更、何を言うかと思ったら。
     取消しの取消しなんて、認められんちゅーて。

石ノ原:でも、取消しについて親の同意を得ていなかった
    から、未成年者の俺は、取り消せるはずだぜ


【問題】
 未成年者が、法定代理人の同意を得ないでした売買契約を、法定代理人の同意を得ないで取り消した行為は、行為能力の制限を理由に取り消すことができる。(司S60−29)
【正解】「×」

河村商会:やっぱり取消しの取消しはできないって
     俺の言ったとおりじゃ。
     商売をやってるとよ。だいたいのところは
     常識で判断できるっちゅーもんよ。

さくら:未成年者が、法定代理人の同意を得ないでした
    契約は、未成年者自らが有効に取り消すことが
    できますからね(5条2項、120条)。

河村商会:そりゃ、そうだわな。
     契約を取り消せば、元の状態に戻るだけでよ、
     なーんも、未成年者に不利にならんもんな
     ちゅーことはだ。未成年者保護のために
     さらに取消しを認める必要もにゃーでな。

さくら:それに、取消しの取消しを認めると、法律関係
    不安定になりますしね。
    したがって、法定代理人の同意を得ないで
    未成年者が取り消した行為は、行為能力の
    制限を理由に取り消すことができません。

河村商会:さぁて、一件落着。
     男、河村。後ろは振返らず。未来に、未来に進むでよ。
     まかしてちょー


【条文】
(未成年者の法律行為)
第5条 未成年者が法律行為をするには、その法定代理人の同意を得なければならない。ただし、単に権利を得、又は義務を免れる法律行為については、この限りでない。
2 前項の規定に反する法律行為は、取り消すことができる。
3 第1項の規定にかかわらず、法定代理人が目的を定めて処分を許した財産は、その目的の範囲内において、未成年者が自由に処分することができる。目的を定めないで処分を許した財産を処分するときも、同様とする。

(取消権者)
第120条 行為能力の制限によって取り消すことができる行為は、制限行為能力者又はその代理人、承継人若しくは同意をすることができる者に限り、取り消すことができる。
2  詐欺又は強迫によって取り消すことができる行為は、瑕疵ある意思表示をした者又はその代理人若しくは承継人に限り、取り消すことができる。