【登場人物】
金田如雲 A
伊藤明弘 B

【物語】

スポーツカー好きの如雲。
新しく手に入れた愛車・銀河3号を試乗すると、
満足そうに降り立った。


如雲:やぁ、明弘。
   どうだい。わが銀河3号の偉大な走りをみたかね。

明弘:この間は、エンジントラブルで乗車を延期するって
   言ってたくせに。

如雲:これが我が技術重視の誇り高き結実。
   偉大な遺訓の貫徹とも言えるな。
   そういえば、君のとこのスポーツカーは、
   まだ開発途中だったよね。

明弘:。。。

如雲:なんならこの銀河3号を譲ってやってやるぜ。

明弘:もうその手には引っかからないから。
   譲るなんて、どうせ口先だけだろ。
   こっちはわかってるんだ。

如雲:いやいや同胞。
   俺の顔写真でも掲げて、乗ってくれたまえ。
   (君が乗るわけがないから、言うんだけど)

明弘:君が考えていることはわかっちゃいるけど、
   そこまで言うなら、銀河3号を俺によこして
   もらおうか

【問題】
 AがBに「自動車を譲る」と真意ではなく言ったとき、Bはその言葉が真意ではないと知っていても、AからBに自動車を譲り渡す義務が生じる。(H8−27)
【正解】「×」

明弘:ふーん。
   如雲氏が銀河3号を僕に譲渡する義務は
   ないってことか。

さくら:如雲さんは、自動車を譲る気がないのに、
    「自動車を譲る」と言ってますよね。
    これは、内心の意思に反することを知りながら
    した意思表示ですから、心裡留保にあたります。

明弘:心裡留保!?
   まるで狸(タヌキ)みたいな字だね。

さくら:心裡留保の「裡」とは、ウチという意味で、
    真意は心のウチに留め置くということですね。
    相手方は、その真意がわかっているとは限り
    ませんから、心裡留保は原則有効とされます
    (93条本文)。
    つまり、「譲渡する」と意思表示をすれば、
    そのつもりがなくても、そのとおりに義務が
    生じます。

明弘:でも、今回は譲渡する義務はないわけでしょう。

さくら:はい。
    心裡留保の相手方が、その真意を知っていたか、
    または知ることができたときは、例外的に
    その意思表示は無効とされます(93条但書)。
    このような場合まで、意思表示を有効にする
    必要はないからです。

明弘:僕は、如雲氏が銀河3号を譲る気がないって
   わかっていたから、如雲氏の「譲渡する」という
   意思表示は無効だってことか。

さくら:そのとおりです。
    ですから、譲渡する義務も生じないということに
    なります。

明弘:もともと、エンジントラブルで乗車を延期すると
   言い出したときから、変な気がしてたんだ。
   やっぱりタヌキは狸だ

【条文】
(心裡留保)
第93条 意思表示は、表意者がその真意ではないことを知ってしたときであっても、そのためにその効力を妨げられない。ただし、相手方が表意者の真意を知り、又は知ることができたときは、その意思表示は、無効とする。