【登場人物】

父さんダック    A男
母さんダック    B女
醜いあひるの子  C
婆さんダック

もしも、あひるの世界で民法が適用されたら…という
お話です。
【物語】

日当たりの良い川岸。かあさんダックは巣に篭って卵を
3つ温めていました。

婆さんダック:おやまぁ、まだ生まれてこないのかい?

父さんダック:俺との卵を身篭ったのは婚姻前だったろ。
   そろそろ、生まれてきてもよさそうなものだが。

母さんダック:もうちょっとですよ。ほらっ。

すると1つの卵の殻が破れ、中からピーピー声が聞こえて
きました。
続けて、2つ目の卵の殻も破れ、中から小さなアヒルが
顔を出しました。

父さんダック:うわぁ、2匹とも俺にそっくりだ
   さては、あともう1個だな。
   それにしても妙に大きい卵だが…。

母さんダック:卵の大きさだって、みんな同じという
   わけにはいきませんよ。
   今日は婚姻届を出した日から数えて150日目。
   もう少し温めてみましょう。

そして翌日。とうとう大きな卵が割れて、中から雛鳥が
出てきました。

母さんダック:まぁ、なんて大きな子でしょう

父さんダック:それに、不細工で、誰にも似てない。
   これは俺の嫡出子じゃないぞ。嫡出否認の訴えで
   白黒つけてやる。

母さんダック:せっかく大事に温めたのですから、
    もうしばらく様子をみましょうよ。

婆さんダック:いいや、これは七面鳥の子だよ。
    親子関係不存在確認の訴えによるべきじゃよ。

【問題】
 B女は、A男との内縁関係の継続中に懐胎し、その後、Aと適法に婚姻をし、婚姻成立後150日を経てCを出産した場合において、AがCとの間に父子関係が存在しないことを争うには、嫡出否認の訴えではなく、親子関係不存在確認の訴えによる。(H22−34)

正解はこちら>> (ベリースのサイトにジャンプします)