2014年02月08日

‘13年度 第47回 親権

【登場人物】

綾小路麻呂 未成年者
大道よし子 麻呂の叔母



【物語】

飛行機事故で両親を亡くした綾小路麻呂。
叔母のよし子が引き取ることになった。

よし子:麻呂ちゃん、遠慮せんでええよ。
    おばちゃん、未成年後見人としてあんたのこと
    立派に育てるさかい、安心しぃ。

麻呂:おばちゃん家には子どもが4人もいるやろ。
   僕を引き取って大丈夫なん?

よし子:あんたの両親は、ごっつう遺産を残しとるし、
    飛行機事故で保険金もバッチリや。
    大きな声ではよう言わんけど、あんたに来て
    もろうたら、こっちも助かるんよ。

そう言いつつも、お調子モンのよし子は、麻呂が
寂しい思いをしないように張り切る毎日であった。
しかしそれも束の間―。

よし子:あぁ、もうジャマ臭いわ。
    ご飯作って、洗濯して、財産目録や年間収支
    予定表まで作らなアカン。
    どうにかしてもらえんやろか。

麻呂:おばちゃん、やっぱり僕の未成年後見人になった
   こと、後悔してるんとちゃう?

よし子:そんなことあらへんて。
    麻呂ちゃんに来てもろうたから、タコなしの
    タコ焼きがタコ入りになったし。
    手羽のから揚げが、牛カツになったんや。

麻呂:でも…。

よし子:あのな、おばちゃんが面倒なのは、
    財産目録とか作ることなんよ。
    これさえなければ、なんも問題ないんよ。

麻呂:じゃ、財産目録とかを作るための後見人を選任
   してもらおうよ。
   僕はおばちゃんのご飯が食べたいし。

よし子:そんなうまいこといくかいな。


【問題】
 未成年後見人が選任されている場合においても、家庭裁判所は、必要があると認めるときは、職権で、さらに別の未成年後見人を選任することができる。(H23−35)

正解はこちら>> (ベリースのサイトにジャンプします)

オンライン講義&SLTソフトによる行政書士講座
gokaku_syu_kouza
 
 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
ベリースの行政書士講座
Recent Comments
訪問者数