【登場人物】
磯辺浪兵衛 故人
  フナ (80):妻・しっかり者
  アワビ(54):長女・おっちょこちょい
  マグロ(41):長男・お調子者
  コンブ(38):二女・優等生タイプ

【物語】

1月27日に亡くなった浪兵衛のお葬式も無事に終わり、
家族で少しずつ遺品を整理し始めた。

フナ:あら。この紙の束は何かしら。

マグロ:あぁ、飲み屋の請求書だね。

フナ:まぁ、父さんたら。
   こんなに請求書ばかり残して亡くなるなんて。。。

アワビ:母さん、見て。
    100万円の借用書まであるわよ
    父さんたら保証人になってるわ。

フナ:まぁ、なんてことかしら。
   私に黙ってこんなことまでしてっ(怒) 

コンブ:でも、父さんは家を残してくれたし。
    預金も少しはあるから、なんとかなるんじゃ
    ないかしら。

フナ:こんなに次から次に出てくるようじゃ
   この先、どうなるかわかったもんじゃありませんよ。
   こうなったら限定承認するしかありませんね。

コンブ:確かに限定承認をすれば、父さんの残してくれた
    財産の範囲で、父さんの借金を返せば済むけど。。。

アワビ:でも、限定承認なんてしたら、貸してくれた
    人達に悪いじゃない。

マグロ:そうだよ。
    それに僕だって飲み屋に行きづらくなるよ。

フナ:わかりましたよ。
   お前達が限定承認したくないというなら、
   私だけで限定承認しますから、結構ですよ。

【問題】
 Aは2014年1月27日に死亡したが、その死亡時に妻B、長男C、長女D、次女Eがいた。Bが2014年1月27日にAの死亡を知った場合において、Bは、その時から3ヶ月以内に単独で限定承認をすることができ、相続人全員で共同してする必要はない。(H24−35改)

正解はこちら>> (ベリースのサイトにジャンプします。)