2006年11月12日

上海旅行ガイド♪

9月の終わりに妹が遊びに来てくれました☆
金曜日の夜に着いて、土日と上海観光して、月曜日に帰りました。

私はせっかくの妹の初中国を満喫してほしかったので、
ものすごいタイトにいっぱいいっぱい観光地のスケジュールをくんじゃったら、
体育会ダンス部で疲れきってる妹にはちょっときつすぎたみたい・・・

それでもかなり充実した上海ツアーができました

もう2週間くらい前からあたしはすっごい楽しみにしてて、
友達や同僚に、妹が来たときにどこに連れて行けばいいか聞き回って、
完璧なプランを立ててあげたんです☆笑 
せっかくだから、ただ観光だけじゃなくて、現地の学生とか、
世界中から上海に集まってる学生とも交われる機会を設定してあげたんですよー
相変わらずシスコンな私。。。


金曜の夜
・世界一速いマグレブ(モノレール)に乗る。時速430km!!!!!
・上海の夜景をオフィスから見る
・高級上海料理を食べる
・台湾デザートを食べる

土曜
・巨大スーパー見学 笑 あたしがいつも使ってるスーパーです。笑
・豫園観光
・茶館
・ショウロンポー食べる
・おみやげ購入
・新天地
・Oliverのお別れパーティーに飛び入り参加
・中国人、スイス人、オランダ人、ノルウェー人、ドイツ人と一緒に夕食
・同じメンバーでカラオケ
・同じメンバーでクラブ

日曜
・金茂タワーに上る(420.5メートル!!世界で4番目に高いビル。
 現在、世界一高いビルを森ビルが上海で建設中です!!)
・カニ料理食べる
・偽物市場に行く
・私が一番好きな焼ショウロンポー(生煎)を食べる
・上海料理食べる
・上海で一番高級なとおりを歩く
・上海雑技団見る

そのときの写真です







更新怠ってすみませんでした・・・ 10月30日の日記

パソコンが壊れる前と壊れてからの私の生活は、だいぶ変わりました。
パソコンが家で使えてたころは、毎晩、帰ったらまずパソコンを開き
スカイプで日本に電話をかけたりMSNのチャットをしたりして寂しさを紛らわしたり、
ブログを書いたりして過ごしてました、
今考えると毎晩パソコンにへばり付いてた感じですね。笑

でも、パソコンが壊れたちょうどそのころ、世間では学生の夏休みが始まり
日本からも私と同じアイ☆ックのプログラムで学生が6人も来中したり
ほかの国からも短期語学留学やらインターンやらで上海に各国のアイ☆ッカーが
集まったので、友達が一気に増えたので遊べる日は外で遊びまわったり、
ちょうど仕事も忙しくなってきた時期だったので残業したり、
週に2回は中国語のレッスンに通ったり、という生活をしてました。
早く家に帰ってもする事がないので、ほぼ毎晩10時以前に帰ることはなかったですね

土日も、ドイツのLauraとスイスのOliverっていうアイ☆ッカー仲良くなって、
この二人が彼らの友達をたくさん紹介してくれたので、友達の輪も一気に
ぐんと広がりましたね。この2人に知り合った経緯がまた面白いんですよ〜




まず、ある日突然、“Greetings from German @er”という件名のメールを
受け取りました。なんだろうと思って見てみると、
復旦大学で仲良くしてたアイ☆ッカーのNellが
あなたを紹介してくれてメールしてるよ〜! 
私も今上海でインターンしてるよ!10月までいるよ〜!
マヨは上海の生活楽しんでる?いつまでいるの〜?
今度お茶でもどう?日本料理もぜひ食べてみたいわ!
みたいなメールでした。
私もすぐ返事して、その3日後の日曜日に会うことになったのです。笑

で!そのときにスイス人のOliverも連れてきたんですけど、
OliverとLauraの出会いも超笑えるんですよ。。笑
 
Oliverが“上海”と“アイ☆ック”でドイツ系のグーグルでぐぐったら、
Lauraのブログが出てきて、Lauraにメールしたらもう友達。
アイセックってそんな団体です。笑

会ったその日に普通に打ち解けて夕方にはゲラゲラ笑いながら中国人批判。笑
っていうと言い方が悪いけど、ドイツ人とスイス人と日本人はものの考え方の
共通点がたくさんあるんですよ!
簡単に言うと、しっかりと計画を立てて、時間を気にして動いて、ルールを作る
のが大好き。笑


とにかく、そうやって出会った3人はすっごく仲良くなって、
毎週のように旅行に行ったりして遊んでました。






3人で南京に一泊旅行行ったときとか、マジ面白かったです☆☆ 
もうすぐ写真を送ってくれることになってるので、
そのときの様子は写真が手に入ってから書きます〜!


それが8,9月ですね。
9月の最終週の週末は妹も遊びに来てくれて、上海観光を3日間しました☆
10月の頭は1週間国慶節の休みだったのですが、ビリヤードばっかやって気がする。笑
夏休みの間に来ていた仲間がどんどん、ぞくぞくそれぞれの国に帰って
行っちゃってものすごい寂しくなるのかと思いきや、また新しい出会いもあり、
アイ☆ックの後輩のテラが遊びに来てくれたりで、
あっと間に10月も終わっていく・・・
もう、ほんと、なんて時間が過ぎるのは早いのでしょうね・・・

そういえば、先週の金曜日は会社の3ヶ月に1度の歓送迎会で、
私はあと1月研修期間があるにも関わらず、
その日の朝、いきなり上司に中国でスピーチしろ!!と言われてスピーチしました。笑 
わりとお酒も入ってるときだったので、うけてて良かった

言ったことは超簡単で月並み。笑

今天早上,我的老板突然告诉我,
‘上田小姐,我们公司的欢送会是三个月一次,
所以,虽然你还有一个月,你因该做一个“讲话”。
而且,我们要听你说中文。’
真可惜我不会准备好。。没办法。这个是我上司的命令。。

六个月已经过了。我感觉,时间过得真快。
与此同时,我学到的事情非常多。

我感到在中国能够在这么好的公司实习真是很幸运的事情。
很难得遇到这么好的机会。我不知该如何表示感谢。

我想我所学到的事情将成为我一生的财产。
请别忘记,我还有一个月的实习期间,我还有很多事情想去做。
今后,请多多关照。谢谢大家。

中国語選択じゃない人もなんとなく、感じつかめるんではないでしょうか?
漢字だからね。

本当にせつない・・・
研修期間はあとちょうど一ヶ月です。
今朝、帰りの飛行機のチケットも予約しちゃいました。。

12月11日帰ります。みなさん、あたたかく迎えてください笑


2006年10月04日

ビリヤード

   



ずっと、写真だけのっけてからずっと更新できず、すみませんでした・・・
そうです、ビリヤードにはまってました。笑
10月の頭、一週間国慶節で会社が休みだったのですが、
全国どこもかしこも旅行客で混むということが分かってたので
特に旅行することもなく、ずっと上海にいました。
その間、2日に1回はビリヤードやりに行ってた気がする。笑

なんで急にはまったかというと、
たまたま一橋のICSに通ってる人がこちらにインターンに来ていて知り合いになり、
たまたまご近所さまだということが発覚し、
しかもその人のマンションにビリヤード台があると聞いて、
さらに、その人がめちゃめちゃビリヤードがうまい人だったので
教えてもらったのがきっかけです。
コツが分かると、マジでおもしろい!基本をつかむとはまりますよね。

写真は、その人が私のフォームを直そうとして写真を撮って
ビフォア、アフターを見せてくれたときの写真と
その2日後に会社のみんなでビリヤードとボーリングをしに行ったときの
写真です。
こっちはナインボールはあまりやらなくて、エイトボールかスヌーカーばっかり。
しかも、なぜか玉が小さいときが多くて、その上穴が小さくて、難しいんですよ・・

でも、1台1時間20元〜30元です。(300円〜450円くらい)日本より全然安い
ですよね。だから、今のうちにいっぱい特訓してうまくなりたいです☆
日本帰ったら、やりましょうね〜!


2006年09月22日

新オフィスはMission Impossible 3の現場!!

私の働いているオフィスは6月26日に引っ越しました〜!
って3ヶ月も前のことだけど!!!笑

それまでは虹橋といって、日本領事館がある場所のすぐ近くの
日本企業がたくさん入ったビルに事務所があったのですが、
今は世界の金融の中心地といわれる上海の浦東地区です!!!

世界で2番目だか3番目だか知らないけど、高いビルがわんさか立ち並んでる場所で
有名なパールタワー(東方明珠)が私のデスクから見えるくらい近い場所です。笑
夜の夜景もまた絶好で、23階のオフィスからバンド(外灘)が窓から見渡せるのです!!
こりゃすごい。

オフィスから見える風景でーす♪♪







ここは、ミッション・インポッシブル3で、トム・クルーズが
中国銀行のビルから浦東発展銀行へ飛び移るという、名シーンの撮影された
ちょうど隣に位置するビルなんです。
すごくないですか???だれか見た人いますかね???

私はオフィスのすぐ近くでMI3を見たんですが、
帰り道のタクシーの中からトム・クルーズが飛んだビルを見ながら帰ったんですよ??
もう、マッジ興奮しましたね。笑
一緒に見たKさんとタクシーの中できゃあきゃあ騒いじゃいました。笑

てか、ちなみに、MI3のクライマックス・シーンも上海郊外の
西塔ってとこで撮影されたんですが、そこにも行ってきました♪
だいぶ前だけど。8月だったかな。






アイ☆ッカーで中国に旅行に来ていたオランダ人の女の子2人と
こっちで私のお世話をしている女の子とそのご両親と4人で行ってきました♪
あたしだけMI3を見ていたので、もう、興奮度合いに温度差がありましたね。笑


ちなみに、下はエキストラで映画に出演したらしい女性と
一緒にとった写真です。笑






あぁ〜だれかミッション・インポッシブル3見た人いるといいんだけどなぁ。。。
面白かったですよね?私、MIシリーズ大好きなんですよ〜。
あの、複雑に入り組んだ伏線たちが。
1の舞台のプラハの橋も昔、両親につれて行かれて見てきました☆笑

って、絶対見たことない人には、私の興奮は伝わらないことでしょう・・・


2006年09月15日

私の終戦記念日



コメントくれた人、本当にありがとうございました。超うれしかったぁ!
気づいてくれた人がいて、(しかも複数!!!)マジで感動しました!!
忘れられてなかった!笑
これからはちゃんと書かなきゃ!!!

今日で一ヶ月が経とうとしていますが、
終戦記念日の日のこちらの様子を書きたいと思います。

8月15日
あの日は、朝、会社に着いてからいつものようにメールチェックをしていると、
やたらとたくさんのメールが届いていて、ほとんどが速報でした。

私の会社のメールアカウントは、上海の新聞、中国全般の新聞、そして日経新聞など
たくさんのニュースのメーリングリストに加入しているのですが、速報はめったに流れません。
なんだろうと思って見てみると、30分おきくらいに10通以上連続で、
小泉首相の靖国神社参拝の様子が、メールで届けられていたのです。

◎小泉首相の靖国参拝は午前10時の閣議前に行われ、本殿で参拝する見通し 4:43
◎小泉首相の靖国神社参拝は午前7時40分ごろとなる 5:46
◎小泉首相が靖国神社を参拝した 6:44
◎小泉首相は参拝の際「内閣総理大臣 小泉純一郎」と記帳、献花した 7:04
・・・などなど

正直、2,3日前までは覚えていたんですが、その日の朝は忘れていて
そのニュースを見て、やっぱりかぁ〜〜・・・とショックを受けましたね。
日本でも大騒ぎだったのでしょうか??

まぁ、次の首相もほぼ決まっていることだし、きっと当日行くんだろうなぁと
思ってはいたものの、自分の立場を考えると、怖くなってしまいました。
午前中は同僚と、そのことについてちょっとだけおしゃべりした程度で終わりました。
しかしお昼過ぎ、領事館から会社にメールが来てから社内は騒然とし始めました。

私は急に会社の社長に部屋に呼ばれたのですが、部屋には日本人だけが集められてました。
不思議に思って入ってみると、北京と広州での小さな暴動のことが伝えれ、
今週いっぱいは日本人社員の、特に女性(私を含め2人のみ)には公共交通機関に乗るのを避け、
外を出歩かないでほしいといわれました。

正直びっくりしましたね・・・
まさか、そこまで厳重に行動を規制されるとは思わなかったので、
いったい何が起こるのかと、不安になりました。
結局、その週は朝と夜の往復はタクシーを用意してもらい、
日本料理店やたくさんの人が集まる場所には行かないでほしいといわれました。
さらに、土日は特に危ないかもしれないから、外には出ないでほしいと・・・

別に今となって振り返ってみると、何もたいしたこと起こらなかったし、
過剰に心配しすぎたのではないかとも思えるのですが、
そのときはヤバイ・・・自分も身の危険にさらされる可能性がゼロではないのだ・・・
と感じ、恐くなりました。

それまで、私は何度か日本人駐在員の方に、2005年春の大規模なデモのときの様子を
聞かされていました。
ここの日本の料理店はね〜、あのデモのとき石を投げつけられて
ずっと窓ガラスがすべて割れてたんだよ〜〜
とか
この辺の地域は日本人も多く住んでるし、領事館がすぐ近くにあるから
デモのときは人が集まりやすいんだよ〜笑
とか。
でも、そのときはそこまで深く心にとめていませんでした。

実際、あとからわかったことなのですが、他の日本企業で
私のインターン先ほどリスク意識の強かった企業はないようです。
他の日本人のインターン生には驚かれました。

しかし、私は頭ではたいしたことにはならないはずだと分かっていながら
どうしても不安をかき消せない理由がありました。

それは、そのさらにちょうど2週間前にさかのぼるある事件がきっかけです。

8月2日は、私の所属する戦略コンサルティング部門に新しく入ったHさんの
歓迎会の日でした。
歓迎会は、新疆ウイグル料理のローカルの人が多く集まるようなお店でやりました。
そのお店は一般的な中華料理店と同じように、大きな丸テーブルがたくさん並んでおり、
ひとつのテーブルに5〜8人程度座っていて、店内はにぎわっていました。

そのお店では30分に一回、踊り子がステージにでてきて、
大音量でかかる音楽にあわせてベリーダンスのような踊りをするのが名物でした。
水が入ったお皿を何枚も頭の上に乗せてぐるぐる回ったりして、すごかったです。笑

で、その小さなステージはダンスのあと、カラオケステージのようになり、
お店のオーナーがギターやエレクトーンを弾きながら歌い始めました。
何曲か民族音楽を歌った後、お客さんからも歌いたい人を募り始めました。

前回かいたCさんは美人で目立つためか、真っ先に指名され、
少し恥ずかしがりながらも、ステージで1曲歌ってました。
そのあと、さらに同僚のLさんも呼ばれ、中国語の友情に関する歌を歌いました。

会場では、あるテーブルの人が雰囲気を盛り上げようと、
ヒューヒューとか言って騒いでいて、特に気に留めていなかったのですが、
Lさんが歌っている途中から少し様子が変わりました。
あとから考えると、たぶんLさんがたまに日本語で歌詞を歌ったりしたからだったようです。

歌い終わってから、私は本当に怖かったです。
その騒いでいた人の一人が、急に私たちのテーブルのLさんの席の隣に座り
いきなり怒鳴り始めたのです。
おまえは、中国人じゃないのか??それとも日本人なのか??と。

そのあと、小泉首相のことなどが話しにあがったようですが、ぜんぜん聞き取れませんでした。
どうやら海軍に属していた人だったらしくて、がんがん怒鳴ってきました。
めちゃめちゃ怖かった・・・
中国語がよくわかる上司のKさんはものすごい恐い顔をしてただただ我慢して
座っていて、他の中国人の従業員は私たちに気を使って、とまだったような顔をしていました。

Lさんがたくさん話した後、なぜか私は握手とかさせられたのですが、
Lさんはその後気がすまなかったらしく、今度はその海軍の人の食卓のある個室に一人で
乗り込んでいきました。カーテンが閉められ、中で何があったかは分かりません。
たまに、ガラスの音が聞こえたりしてました。
他の同僚の人たちはみんなLさんに戻ってこいと部屋の外から呼びかけてました。

私は自分が何もできず、ものすごい複雑な気分でくやしくてしょうがなかったです。
自分が日本人であり、Lさんは私たちと一緒にいたからこんなことに巻き込まれてしまったんです。
なのに、当の自分は何が起こっているのか、よくわからない・・・

きっとそのとき一緒にいた中国人のCさんやHさん、Lさんが一番いやな気分だったと思います。
私たちにも気を使うし、自分は中国人の人格を大事にしていない、などとも言われてしまったんです。

こんなことは、そんなによくあることではありません。
たまたま相手も酔っ払っていて、海軍の人で、
私たちがローカルな店で日本語でべらべら話していたからなのでしょう。

この体験には本当にいろいろなことを考えさせられました。

私はよく、Lさんに、「上田さんには欧米で活躍する人になってほしいです。
中国はあなたの場所じゃないですよ。」
といわれます。その事件の次の日にも同じことを言われました。
昨日の事件で分かったでしょう?と。

中国人である彼が私にそれを言う気持ちはどんなものでしょう・・・

とにかく、そんなことがあったばかりだったので、会社が私の安全に気を使ってくれたのは
ありがたかったです。
その体験がなかったら、いったい、なんでそこまでするんだ。。。と思ったでしょうが・・・笑
その週はものすごいおとなしくしてました。残業も禁止だったし。

まぁ、今となっては面白い経験だったな。って感じかな。
Lさんに、中国はやめておけって言われるたびに悲しい気持ちになりますが、
そう言うLさんの気持ちが少し分かった気がした8月でした。


2006年09月11日

残り90日間

お久しぶりです。
本当にご無沙汰してしまって、申し訳ないです・・・・・・
こんなに長い間書いてないと、もう書いても誰にも気づかれない気がする・・・

7月は祖母の容態が急変し急遽、2週間ほど日本に帰ったり、
帰国したときに、付き合ってた彼と別れちゃって廃人みたいになってしまったり、(笑)
8月は日本から持ってきたパソコンに、中国のソフトをダウンロードしたら
急にパソコンが起動しなくなり、使えなくなっちゃったりで
全然書けなかったんですよ・・・
もし、誰かメールくれてたらすみません・・・旧アドレスは見れてません・・・

先週の金曜日がクライアントへの中間報告だったので、仕事でも結構忙しくしてました。
たぶん5週間くらい、10時前に家に帰ることは無かったです。笑
土日は単に遊び呆けてただけですが。。。

今は、会社の勤務時間後に残業してるふりして書いてます。笑

これまで、ほんと書きたいこといっぱいありました。
もうすぐ一ヶ月も経っちゃうけど、小泉首相の靖国神社参拝のとき
こっちでどんなことがあったのかとか、

会社が引っ越して新しいオフィスになった話とか
レストランで日本人と中国人の同僚と一緒にいたときに酔っ払いの海軍の人に、
中国人の同僚が日本人と仲良くするな!!っとか言われて、からまれた話とか。
日本からの夏休みの間だけ上海に来ている日本人学生のトレイニーとあそんだ話とか、
土日に行った観光の話しとか、
会社でCさんと一緒にたくらんだ悪戯めいた遊びとか。笑

あと、今週の土日は南京に一泊してきました。ドイツとスイスの友達といったので
外国人の少ない南京ではめっちゃ目だって、注目の的で、すごい楽しかったです。笑
ぜったいいつか詳しく書きます

これからはなんとかして残業のついでとか、朝早く来て時間見つけて書くようにします。
っというのも、昨日から会社のカレンダーで帰国までの日数をカウントダウンしたところ、
中国にいられるのは残り90日間、
そのうち、会社に出社できるのなんてたったの54日間しか無いってことが分かって、
微妙に焦り始めてるからです。笑

今日は月曜だったのでプロジェクトミーティングがあったのですが、
私の帰国日についての議題が出されてすっごい寂しい気分になりました。笑

と、言うわけでお久しぶりでした。
これからCさんとKさんと食事&バーに行ってきます〜!笑


2006年07月02日

隣の席のCさん

ここにきて良かったなと思うことはもちろん、数限りなくありますが、
中でも私にとってかけがえの無い財産になるだろうと思うことは、
隣に座っているCさんとの出会いです。

今の新しいオフィス移ってちょうど1週間経ったのですが、
現在新しいオフィスで隣の席に座らせてもらっている、Cさんのような女性に
私は今まで会ったことがありませんでした。
今、一番あこがれている女性です

Cさんは今年35歳になる、法律専門の中国人女性です。
日本語はもちろん社内でもトップレベルの流暢さであるだけでなく、
社内で一番法律に詳しく、戦略コンサルティング部署に属していながら
一人で社内の法務部的な役割も果たしています。

誰もが現行の法律について知りたいとき、彼女に質問に来ますし、
それは総経理でさえそうなのです。

私は、日本では法律とは「動かぬもの」という印象を持っていて、
解釈の仕方だけが幅を持つのだと思っていたのですが、
中国では大違いです。

大きな変化を遂げている現在の中国では、
毎日のように次々と新しい条例などが発表されます。
しかも、政治の体制が一党制であるため、法律が施行されるのが
日本では考えられないくらい早い!
だから、最新の制度がどうなっているのかを知るために、
毎日条例の更新をチェックしている頼れる法律の専門家の存在は、
中国ビジネスにおいて不可欠であるようです。

だからこそ、彼女は社内のみんなに頼られる存在なんですね。
ほんと、専門性を持つことって重要だなって、彼女を見ていて思いますね。
社内のいろいろな重要な話し合いに彼女は呼ばれますし、
投資部門のマネージャーにまでしばしば相談を受けています。

で。そんなバリバリ働けるデキル女、
普通なら厳しくて、しっかりしてて、愛想も無いような人を想像しませんか?
でも、ちがうんですよ〜それが、全く。むしろ逆!!

彼女を尊敬するのは、むしろその美貌と、周りを楽しませる明るい性格なんです!!
もうね〜、ほんと超〜〜美人ですよ。
洋服もセンスがいいし、背が高くて細くて、スタイルもよくて、姿勢もよくて、
長いウェーブのかかった髪は大人の女性らしさをかもし出してて。
ほんと、超ステキ

頭いいのに、全く気取っていないし、
すべてを知り尽くしているのに、余計な口は出さないし、
周りに対する気遣いは人並みならないし、
いつも笑っていて、誰もが彼女の近くにいると明るい気分になれます。

それに、中国人らしい正直さがあって、めっちゃ素直に感情を表すから
なんか、天真爛漫な感じがして好意を持てる感じなんですよね、35歳でもかわいらしさがある感じ。

たぶん、いろんなことがずっと先まで見えているのに、
周りを混乱させないためにその場で言うべきことを的確に判断しているのも
近くで働いていると見えてきて、ほんと人間の奥が深いなぁ〜って思います。

さらに、彼女は旦那様にぞっこんなのもかわいい。
お昼ごはんを一緒に食べるときは、絶対、日常生活の話をすると、
旦那さんがああ言った、こう言ったっていう話を聞かせてくれて、
旦那さまが言うことにすべて忠実に従っている様子がほんとにけなげで、ステキです。
8歳年上の旦那さまの言うことは、すべて正しくてさからえないって言っていました。

旦那様は本当に大人な方で、温和で優しくて、背も高くて、めっちゃ優秀で
日本企業で働いているらしいのですが、周りからも頼られる、とてもできた人間なのだとか。

あと、かわいいかわいい12歳の息子さんもいます。
共働きで、しかも両方が残業の多い日系企業で働いているので、
お子さんは寮の小学校に入っているそうですが、毎週末は家族と一緒に時間を過ごすそうです。

実は彼女はその若さで法律事務所の所長を勤めたこともある、
超〜〜エリートなのですが、家族との時間も大事にしたいという思いから
給料が半分以下の現在の会社に転職したそうです。
そんな経験を持つ彼女なので、会社の中のいろんなことがよく見えています。
そして、自分がどうしても必要なときは、経営陣の力になっているようですが、
普段は余計なことに足を踏み入れない良識を持ったひとです。


もう〜本当にあこがれます、彼女には

彼女はあたしのプレゼン資料とかまとめた資料を見てほめてくれたりするのもすっごい嬉しいです。
あと、上田さんはあたしに似ている部分があるから、
なんだか親近感が沸くって言ってもらえたときなんて、
超〜〜嬉しくて赤面しちゃったくらいです。

彼女がすでに教えてくれたことはほんとたくさんです。

社会で、特に女性が、認められるために、専門性を身に着けることの重要性。
多言語をビジネスで操れるようになることで、いかにさまざまな場面で有利に立つことができるのか。

その場その場で、知っていることすべてを伝えようとせずに、
相手の理解の範囲を察知して言葉を選ぶことの重要性。

組織の大きさとそこに属する人間の役割、求められる性質、
組織の中で、上に立つものの苦しみと責任、役割や、
下の者はそれに対していかに振舞うべきか、

常に周りの人間の気持ちを察すること。
笑顔を絶やさないこと。楽しむことを忘れないこと。

あと、自分を理解してくれる伴侶を持つことは人生の成功の鍵とも言ってました。笑

全部全部、あたしがこれからどんな人生を選んでいくのかを
考えるときに重要な話だと思います。

自分が近づきたいと思える人間のすぐ隣で、明日も明後日も働けるなんて、
私は今、本当に幸運です



2006年07月01日

北京最高〜〜〜〜〜!

先々週は上海で首脳会談があったため、交通規制がなされてて、
会社が水曜日から5連休でした
その間、私は勇気を出して、北京へ一人旅♪♪

と思ったのですが、現地には私を案内してくれる元北京大学の友達がいた上
私が一人で12時間夜行列車に乗って行くっていうことを同僚に伝えると、
やたら心配されてしまい、泊まる先のホテルの電話番号と一緒に行動する友達の
電話番号を上司に知らせておくことになり、さらに、実家が北京の同僚の里帰りと
同じ列車で行くように説得され、
結局一人で行動したのは最後の半日だけでしたが・・・笑

それにしても楽しかった〜北京。
もう超最高です、あの街は。また行きたい・・・
実は足を踏み入れたのは3回目だったのですが、
あの、万里の長城にまだ一度も上ったことが無く、
このままじゃ、中国に来たとは言えないなと思い決心しました。

上海が東京と変わらない大都会であることと対照的に、北京は町全体が
伝統的な建築物だらけで、たくさん見て回るところがあって、
丸まる4日でも足りないくらいでした。
それでも、かなりたくさんの名所を探索してきました。

ほとんど、バスでの移動だったし、ホテルは二つ星の一泊3000円のホテルで
めっちゃお徳。笑

行くときの夜行列車は同僚の女性とその息子さんと一緒にいきました。
2段ベッドが二つある個室なのですが、同じ部屋になったもうひとりの乗客は
北京大学物理学科卒の今IT系企業に勤めてるめちゃ好青年でした。

あたしが日本人で中国語を勉強中なことを伝えると、
めちゃめちゃゆっくりしゃべってくれて、
すっごい辛抱強く中国語を教えてくれながら、夜遅くまでいろんな話をしました。
あぁ〜楽しかったなぁ。

北京には朝7時に着いて、ワンシュウ(友達)が駅まで迎えに来てくれました。
それから怒涛の4日間。最初の日は朝8時にホテルに着いて、
すぐに出発し、いわ園と北京動物園と天壇公園と王府井。笑
全部めっちゃすごかった〜

今、2008年北京オリンピックに向けて北京は急速な発展を遂げていると同時に、
2008年にたくさんの外国人に見せるために、様相を整えているらしく
伝統的な建物は全部、修理中でしたが・・・笑

でも、すごかった〜。いわ園とか絶対一度は行かなきゃね。
日本の京都の公園とは規模が違う。
壮大でした。工事中だったけど。笑

北京動物園も楽しかった〜♪パンダいっぱい見ましたよ。パンダ。
写真取りまくり。かわいかった〜笹食べてました。

ですが、残念ながら写真はお見せできません。
その次の日に、日本からカメラと目覚まし時計代わりに持っていっていた
携帯電話を落としちゃったので・・・・(マジ凹み 笑)

天壇公園も広すぎてびっくり。
建物も修理が終わっていたらしく、本当に細かい造作が美しかったです。
でも暑くて、わんしゅうと二人、つかれきってました。

夜は王府井のデパートで夜ご飯食べて、大きい本屋さんに行って、
一日目の夜は上海からのお土産でもって行った日本産サワーを
ホテルの部屋で二人で飲んで終わりました。

二日目は疲れてたので朝11時出発で明の十三陵へ。
写真を楽しんでください。笑
ワンシュウがあとから送ってくれたものです。

  




三日目は待ちに待った万里の長城。
あれはやっぱり行く価値ありです。絶対。
あまり暑いと疲れると思って、朝早く出発しました。

もうね、写真で見るのと全然違うんです。
四方見渡してもずーっとどこまでも続いてる。

ワンシュウはあたしが写真落としたの気にしてくれたらしく、
ずっとあたしの写真撮っててくれました。笑
上海に戻ってからいっぱい送ってくれました。うれしかった〜♪

写真をごらんあれ。

  



早めの夜ご飯は、ワンシュウお勧めの北京料理屋さん。
北京ダック食べましたよ〜〜腹いっぱいに。
あぁ〜おいしかった。。。


夜は西単に骨董品を見に行ったのですが、
話に盛り上がりすぎて、あんまり見てませんでした。
テーマは日中関係について。
三日目にして始めて、めっちゃガチンコで日中の
経済関係やら、歴史やら、台湾問題やら、
中国の政治についてやら、毛沢東やら、なんやらかんやら
意見ぶつけあって議論してました。笑
たぶん4時頃から食べ始めた夜ご飯の途中から、夜11時に別れるまで
ずーっと。笑

最後の日は一人で北海公園行って、故宮行って、北京大学行って終わりました。

て訳で14〜18日は本当に楽しかったです><。
特に、三日目の万里の長城はすごかったし、北京ダックはおいしかったし、
ワンシュウとガチンコトークができたのが実は一番面白かったかも。笑
やっぱり北京の人は上海の人に比べて、いつも政治の話で議論するのが好きみたいです。

いつか、日本について中国人がどう思ってるのか、ぶっちゃけトークを
してみたいと思っていたのですが、彼らの考えを生に聞くのは、思った以上に興味深かったです。

特にワンシュウは話すのはゆっくりだけど、頭がめっちゃよくて、
いろんなことを知っていて、中国人側の事情など深い話も聞けて
ほんとに勉強になりました。

かつて無い、日本と中国の均衡する力関係の中で
いかに双方の利益につながる関係を構築すればよいのか、
現在の一党政治にいたることになった歴史と今後の展望、
世界の経済の行方と若い自分たちに求められていることとは何か。

ほんと、アイ☆ッカーらしい話題ですよね。。。笑

3日間付き合ってくれた感謝を述べて、ワンシュウと別れた後も、
この日は興奮してなかなか眠りにつけませんでした。


2006年06月23日

お宅訪問♪♪Facyの家☆

6月10日

この日は中国人の友達、Facyの家に招待されてました。
ご家族は当たり前ですが、みんな中国人。
せっかく遊びに行っても、会話できないのに、大丈夫かな?と
不安も多少ありましたが、
現地の人の家に足を踏み入れるのも、上海人の家庭の味を食べるのも
初めてだったので、だいぶ前から、すっごく楽しみにしてました☆

Facyは、私が初めてアイセックで担当した中国研修希望だった学生の
中国でのインターン先を探すときに、何度も連絡をとって知り合った複旦大学の子です。
2年前に中国に来たときに初めて対面し、それ以来ずっと友達でした。
こっちに来てからは、何度か遊んで一緒に遊んでいて、前回会ったときに
招待されたのです。

彼女も日本語を習い始めていたので、相互教育しようと約束してたのですが、
仲が良過ぎて、結局いつも会うと全部英語で会話しちゃいます。。。笑

ちなみに、彼女は今年の9月からアメリカの会計Big4のうちのひとつ(名前忘れた)に
行く超〜〜優秀な女性です。
彼氏は来年から日本の院生になるそうです☆

彼女の家は上海のもろ中心部にあって、一番有名な通りの一つから、歩いて5分で
着けます。私の家からも地下鉄一本、4駅の場所なのでとても通いやすい♪
すっごく人通りの多いショッピング通りからちょっと小道を奥に入っていくと
とたんに雰囲気が変わり、黄土色のアパートみたいな家がたくさん
立っていて、その中の一つに案内されました。

たぶん4階建てだったのかな。
1,2階は他の家族の家で、3階と4階がFacyの家のようです。
1,2階は他人の家なのに、ふっつーに通り抜けて上がっていきました。笑

家はそれほど大きくはありませんでしたが、部屋はすっごくたくさん
あるみたいです。ものがところせましと、いっぱい置いてあって、狭くなってる階段を
どんどん上っていきました。

どうやら3階はFacyのお父さんとお母さんのリビングやベッドルームがあって
Facyの部屋は2階と3階の間の階にあり、4階は祖父母の部屋とダイニングのようです。
4回のダイニングは日本の部屋よりもずっと暗く、薄暗い蛍光灯はついているものの
テレビの明るさだけが部屋の中で光を放って目立っていました。
部屋においてあるものは、日本の家庭とそれほど変わらないように見えました。

ダイニングルームに着くと、Facyのおじいちゃん、おばあちゃん、おかあさんが
立って迎え入れてくれて、おいしそうな中華料理のたくさん並んでいる
テーブルの席に案内されました。

このご家族はすっごく暖かい人たちで、めっちゃ歓迎してくれて
なんだかびっくりしちゃいました。
満面の笑顔で、どんどん食べ物を進めてきて、
飲み物も、コップが半分空いたかと思うと、どんどん次からついでくれて、
まだ箸をつけていない、遠くに置いてある食べ物があったら、
次々お皿につけてくれて。食べなさい食べなさいってにこにこしながら
3人ともが勧めてくれました。

もう彼らの接客に感動しちゃいましたね
もともと、Facyのご両親は特にFacyの友達に会うのが好きなようですが、
日本人で、言葉も通じない私まで招待してくれて、歓迎してくれるなんて。

ご家族との会話は何とかなりました。
−すっごくおいしそう!
−なら食べて!
−おいしい〜〜!
−おいしいなら、どんどん食べなさい。
 どこに住んでるの?
−中山公園です。
−なら2号線だね
−はい。3号線も通ってます。会社からすぐ近くです。
−うちにも近いから、いつでも遊びに来れるね、おなかが減ったらいつでもおいで。
−ありがとうございます!
 ご飯も、すっごく本当においしいです(本当においしかったんです。)
−なら、たくさん食べてね。ここをあなたの家と思って、
 会社の帰りにでも、いつでも寄りなさい。

てな、感じで。

あぁ〜本当に楽しかった。
中国人の一般家庭をこの目で見ることができて、すっごくよかったです。
ほんと、幸せそうでした。

その後は、Facyの部屋に行って、夜遅くまで恋話とか大学の話とか将来の話とか
して、久々に同年代の友達といっぱいしゃべって、心がすっきり晴れました。

夜は、お父様が帰ってきて、私の大好きなスイカまで切って出してくれて、
超〜〜お腹いっぱい食べてきちゃいました。
次の日、会社に行ったときに、パンツがきつくて、あせったくらい。笑
それでも食べ切れなかったスイカは袋に入れて持たせてくれたんです。
大好物をたくさんお土産に持たされて、超うれしかった〜♪
本当はあたしがお土産をもって行くべき立場だったのにな。

中国人はもともと、サービス精神がとても旺盛な人種だと聞いたことがありましたが
この日は本当にそれを実感しました。

例えば留学生が寮でパンを食べていたときに同じ部屋の学生が部屋に戻ってきたとする。
食べていた人が日本人の場合、一応は相手に食べていたパンを勧めるが、
いらないと言われたら、一人で食べ続ける。
アメリカ人の場合、快く挨拶をしておしゃべりを始めるが、
自分が食べていたパンは一人で食べ続ける。
その人が中国人だった場合、パンを半分に割って、無理やりにでも勧める。
というのを読んだことがあったのを思い出しました。
本当かどうか、知らないけど。笑

また機会があったら行きたいなぁ〜
お母様の中華料理の家庭の味の作り方を教えて欲しいと言っておいたので、
次回は教えてもらえるかもしれません


2006年06月22日

方向音痴!!!

今日超〜〜〜〜〜ショックなことがありました。
マジあたし死ぬほどばか!!

今日も中国語会話レッスンに行ってきました。
教室は会社のすぐ近くで、今は週に3回通ってます。
授業はすっごくおもしろくて、毎回たくさんのことを学んでます。

今日は6回目だったのですが、初めて教室に行ったときは
同僚の人に連れて行ってもらいました。
それ以来毎回行き道は同じ道を通って行ってました。

帰るときも、単に、会社から出て教室に行く道をそのまま帰って、
会社の前を通ってバス停に行っていました。
でも、今日は教室からバス停まで
初めて違う道を通って行って見ようと思ったのです。

いつもは教室の玄関を出たら、左に曲がって、
またすぐ左にまがって、しばらく歩いたらまた左に曲がって
さらにまた歩いて左に曲がってちょっと行ったところにある、
バス停まで歩いてました。

何の疑問も持たずに。。。

けど、5回も左に曲がるって、
普通に考えてみたらおかしいですよね・・・
昨日、帰り道に、ちょっと遠回りをしているような
気がして、今日は初めて右から帰ってみたのです。

するとなんと・・・

いつも帰るときに使っているバス停は、
教室をでて、すぐ右にあったのです!!!!!

ありえーーーーーーーーん。

なんで今まで気づかなかったのか全く分かりません・・・
超〜〜〜ショック。
ってかアホ?

授業のあと疲れてるのに、バス停まで歩くのめんどいから
タクシー乗っちゃおうかなとか考えたこともあったくらいなのに・・・
なんてアホなんだ。。。。。

ひとつのブロックをまるまるぐるっと回ってやっと
ただり着いてたんです。

あぁ、ほんと自分が信じられない・・・
景色とかでわかってもいいはずなのに・・・
三角形の2辺分遠回りしちゃったっていう話は聞いたことあるけど、
四角形の4辺分遠回りしてたなんて・・・・・・・

6回目で気づいてよかったです。
って今日で今まで通っていた教室は最後ですが・・・
土日でうちの会社は浦東に引っ越します。
明日はお引越し☆

それにしても、私の方向音痴も、これほど重症だったとは

右を見ればすぐ分かるところ自分の歩むべき人生も
きっと左周りを繰り返してやっと見つけるのかな。。。なんて思ってしまいました。
まぁ、見つかるだけましかな
いや、遠回りしすぎですね。笑