素直に行動すれば、

「やりたい!」という心の声を
素直に行動していけば、
そこにはたくさんの学びと成長が
あります。

人生は本来、
うまくいくようにできています。

「うまくいかないかも、、」
「できないかも、、、」

自己防衛本能である、
こんなメンタルブロックを壊せば、
自然と人生はよい方向へと
進み始めます。


クリスマスツリーめがけて
ケーキ美味しいよ

人が持つ悩み

人が持つ悩みのほとんどが、
身近な人間関係の悩み。

多くの人が限界まで
「我慢」をしています。

我慢することで関係を維持しようと
するからです。

この我慢というものは、
心の中にどんどん負の感情を
押し込んでいきます。

結果、マグマの噴火のように、
限界値を超えると爆発して、
人間関係を壊してしまいます。

もちろん、我慢しなければならない
状況というものも現実にはあるのかも
しれません。

相手のために支援していることが
ちゃんと理解してもらえず、
相手が不満をぶつけてくることも
あります。

そんな時、悲しくなったり、
怒りを感じてしまい、
相手にその怒りをぶつけてしまうと
関係が壊れます。

だからと言って、
ただ我慢をするのは一時凌ぎにしか
なりません。

この悲しみや怒りという感情を
受け入れ、自分が乗り越えようと
する時に自己の成長があり、
さらに相手との関係も強固になる。

と、信じることができたら、
それは我慢から忍耐へと変わります。

我慢はおそれからはじまり、
忍耐は愛から生まれます。

関係が壊れることを恐れて、
痛みを我慢するよりも、

自分の気持ちや思いを
素直に開示しましょう。

もちろん、伝え方には工夫が必要。
不満や怒りをぶつけるのではなく、
自分の思いを素直に伝えましょう。

相手への感謝と敬意を忘れずに。

立派なのが出来たわっ

目的と目標のちがい

できない事に意識が向いて、
悩んでいませんか?

もし、そんな状態にあるのなら、

まず、行動の目的を明確に意識して、
目的を達成しようする明確な自覚を
持つことからが必要です。

目的を達成しようとする
「意識と意欲」がなければ、
日々の仕事は苦痛になります。

「目標」が「ノルマ」に
なっていないか

「やりたかった」ことが
「やらなければいけない」ものに
すり替わっていないか

できる事よりできない事に
意識が向いていないか

ワクワクしていたはずの心が
いつの間にかモヤモヤとして、

楽しむはずの仕事に
焦りや不安が生まれてしまう場合、

「目的」と「目標」の整理を
する必要があります。

「目的」とは、
あなたが人生で実現しようと
目指しているものです。

いわば、目指し続けるもの。

そして、「目標」とは、
その目的を実現するための
「目印」です。

目的はゴールで、
目標は通過点。

マラソンで言えば、ゴールまでの
通過点が目標であり、
そのゴールまでの道のりにある
「電柱」のようなものです。

あなたの人生の目的は今、
何でしょうか?

そして、今、どこまで通過点を
走ってきていますか?

「目的」は長期的な「到達点」です。

そして、「目標」はどこまで通過したかの、
「指標」なので、具体的な数値や数量で
表現します。

はき違えていけないのは
その数値目標は目的ではないということ。

目標を達成するために
日々の行動があるのではなく、
目的を実現するために私たちは行動しています。


今まだ、行動する意欲に
燃えていないのなら、
目的の明確化が必要です。

目標の計画化の前に、
目的の明確化。

つまり、
「何のために、」を明確化することが
 意欲の源です。


うさぎの作品つくり

わおんホームページ
楽天市場
記事検索
プロフィール

たか

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ