塩原温泉 やまの宿下藤屋 に宿泊してきました

15a45143.jpg


宿のホームページはコチラ

夕食&朝食編です
夕食は3名までは部屋食だそうです
6時に希望したら、ほぼ時間通りに
大きなお膳でまずはこれだけ運ばれて来ました

ce32c29e.jpg

お品書き
ほぼ、HPの内容と同じで
メインのみ、プランによって変わるようですね
ちなみに、季節でHPの料理の内容も変わっているようです

6e8dd69b.jpg

お酒のメニューが部屋にあったんですけど、写真撮影忘れました(;´Д`)
部屋の冷蔵庫にも引き抜き式自動カウントの冷蔵庫あります

次郎さんは、利き酒セットと、部屋の冷蔵庫の冷酒飲んでました

d6309e3c.jpg

私はこの梅酒を

b6c1728b.jpg

でも、結局半分しか飲めなくて、次郎さんに飲んで貰ったんです
アルコール5%もあるので
氷はお願いしたら、無料で下さいました

今回やはり、一番のメインは
「とちぎ和牛サーロインの陶板焼きステーキ」
6切れもあって、食べ応えありました
柔らかジューシーで美味しかったです

1a9bc037.jpg
bdbd815a.jpg

ジューってね

11d04103.jpg

前菜🎵

e4416cf0.jpg

お浸しも、サッパリして美味しかったし

169a8400.jpg

お刺身も変化球があって良かったけど、下に敷いてあるのは保冷剤だったの、笑える

ca5182e1.jpg

カニの入った酢の物もサッパリしてて美味しかった

474c4aab.jpg

岩魚の塩焼きが後出しで温かく来ました

ccc27b41.jpg

塩原高原大根と那須鶏の煮物もいいお味だったし

9203830d.jpg

ゆば刺しのあんかけは冷たいあんかけで美味しい

d31f0272.jpg

※この画像忘れてました
舞茸と大根と生麩にししとう、天ぷらです
揚げたてが運ばれました


34ff0c65.jpg

少し時間おいて、舞茸の土瓶蒸しに火が入ります

c509381a.jpg

結構お腹一杯だったんだけど、お出汁が美味しかったので、食べきれました

ea243c9d.jpg

白いご飯か鮭茶漬けが選べたので、鮭茶漬けにしたんです

29ed7f1b.jpg

お茶漬けだと、お腹一杯でも食べきれますね

ほうじ茶ムースも、美味しかったです

887c0f2e.jpg

はぁ~お腹苦しい。。。
お布団敷きにきて下さって、20時には横になって2人して爆睡しました

朝、早く目が覚めたので、朝風呂堪能して
朝食は1階のフロント前の大広間に
ここで皆さんと一緒に食べます
ここで、やっと
こんなに宿泊者がいたのね~と

お子さん連れも2組いらっしゃいましたが、お風呂で一緒にならなかったので、気づかなかった

ここにも、山岡鉄舟の書が有ります

f285edac.jpg

山岡鉄舟って誰
ウィキ→山岡鉄舟

で、この書にはこんなことが書いてあるんですよ、、、と

d180daf3.jpg

んー
余り興味が無い

それは置いといて、朝食です
最初のセッティング

e6d17a75.jpg

添えられた紙に色々説明が有りました

8a79c146.jpg

チョコチョコ盛りのご飯がススムおかず
特に、青い小鉢のゴボウ味噌が美味しい
近くの宿の渓雲閣でも、出してなかったっけ

フキの煮物、おから、アサリやキャラブキなどの佃煮、板わさ

60415390.jpg

サラダには、青しそのドレッシングが添えてアリ

4182d881.jpg

鮭は、焼き浸しで
白いのはバターで温めて食べます
塩鮭じゃないのも、たまにはいいね

040578d5.jpg

温めて作る豆腐も美味しかったです

da6eec2a.jpg

漬物・小梅・焼き海苔・リンゴジュースに
蓋が付いたものは

5b881d2d.jpg

温かい高野豆腐の煮物

f580dc52.jpg

温泉卵

935f62ea.jpg

ご飯とお味噌汁はよそって運んで下さいます
おかわりも聞いてくれて、2人でおかわりして食べたよ
お味噌汁の具は豆腐となめこと三つ葉でした

e90ea193.jpg

久しぶりに、The 旅館飯の食事だったな
来月行く再訪宿は、旅館飯ではないしねぇ~
修正※都合により、予定が変わったので多分、旅館飯です。。。m(__)m
再訪宿ではなく、新規宿ですm(__)m

今回のお会計はふるさとクーポンのお蔭で2人で2万7千円也
正規料金では、とてもとても。。。

d372bd53.jpg

でも、いい宿だったし気に入ったので、格安プランとか格安に泊まれるアイテムをゲットして
また宿泊したいです
フロント係の方は若旦那かな
親切だったし、仲居さんもチェックインから帰りまで同じ方が担当して下さって、丁寧だった

下藤屋宿泊記はこれでオシマイです
ラスト、オマケ編は、書きあがったので、掲載しますねm(__)m