冷静妻 浮気夫を観察日記

ついに精神病んじゃった人生迷いっぱなしの馬鹿妻による、オレ様への愚痴と生活の記録

2733. オモラシの近況 2

ワタクシ、少しでも働きたいのと、ほんの少しだけ働いているとオモラシにわかっておいてもらいたいので、金曜日の夕方4時〜7時半に近所の塾で時給1000円で働いていることだけは伝えている。
それ以外の仕事は内緒にしている。


13日金曜日、仕事に行く前に夕食の準備をするワタクシ。
汁物と、サラダと、炊飯器のタイマーセットと、お浸しを作った。
あとは帰宅してお肉でも焼けばいいわ、と思っていた。
オモラシは一日家にいて仕事してないし家事は一切やらないし、それで十分じゃん、と思っていた。

仕事は7時半までだけど、時間が来たからといってすぐは出られない。
7時半まで働いて、そこから片づけをして出る。
歩いて行ける場所だけど、帰宅は8時を15分くらい回る。

オモラシはワタクシが食事の時間ギリギリ、というより、今家にいるオモラシが食事をしたい時間を超えて帰宅することが気に入らない様子。
8時15分に帰宅したワタクシに
「腹減って我慢できないから食ってくる。」
と怒り気味で言うので
「ほとんどできてるけど。」
と伝えたけど、外に出て行った。

そのまま飲んだくれていた様子でオモラシは12時ごろ帰宅した。


ワタクシは、一人で黙々と夕食。
オモラシがいないほうが気楽でいいので出かけてくれてて結構だけど、いやな気分である。

オモラシはワタクシが常に家にいて、自分が食べたいときに食事が出てくるのが当然と思っているようだが、あほなのかお前は。
とっとと働きに行け。
ワタクシはこっそり離婚の準備していることなんか、全く気が付いてないオモラシ。
病気で保険も入ってないから自分の言うことを聞くしかないと思っているオモラシ。
ばーかばーか。





2732. オモラシの近況

1年以上たつが、相変わらず働いてはいない。

昨日、電話で何やら改まって話している様子だったので、そばに寄らず自室に避難したワタクシ。
うかつにそばにいて電話の内容にそば耳立てていると思われても嫌だし。

その後、オモラシは電話を投げていたので、あれが採用関係の電話だったとしたら、不採用であろう。



時々、自分用のステーキ肉を買ってくるオモラシ。
自分の分だけである。
ワタクシはステーキなんて全然食べたくないので別に構わないけど、いやな感じである。

2731. 続・休み

ああいけない、オモラシのこと書いてない。

オモラシは母が入院して、よくない状態で、ワタクシが毎日病院通いをしているというのに、かわらず飲んだくれて朝寝て昼頃起きて夕方ジムに行くという生活。
3食ワタクシが作って当然という顔をしているので、疲れて作りきも起きないワタクシは、病院帰りに毎日出来合いの総菜とか弁当とか買って帰宅。
さすがに怒りはしなかったものの、文句たらたら。
挙句の果てには「飯いらない」と言い放ち、外に飲みに出かけていた。

女中か。
女中なら給料出るよね。
住まわせてやっている、とでもいうのか?


もう言い争いをする気もなく、けんかになれば絶対勝たねば気が済まないオモラシなので、適当に放っておく。
毎日外に飲みに出てくれオモラシ。


オモラシがけがした時のことも、きちんと記録しておかねば。
ワタクシが大けがして「救急車呼んで」と頼んでも放置して、病院にも来ず、がんの手術の日にもワタクシに付き添わなかったオモラシ。
オモラシがワタクシの保険を解約したから全部実費だったのに、それを払い渋ったオモラシ。
しかし、自分が不注意でちょっとけがした時には大騒ぎして夜中にぎゃあぎゃあうるさかったオモラシ。
恐ろしいほど鮮明にワタクシ記憶している、絶対忘れない。
これも、後でちゃんと書く。


記事検索
Categories
livedoor プロフィール

waraeruwa

TagCloud
  • ライブドアブログ