冷静妻 浮気夫を観察日記

ついに精神病んじゃった人生迷いっぱなしの馬鹿妻による、オレ様への愚痴と生活の記録

2730. 久しぶりのいろいろ休みの日

長いこと更新できなくなってしまった。

記録しておかなければならないことが山のようにある。
記録しなければというような出来事が続いていた。
しかし、もう忙しすぎて、ちょっと座ると座ったまま寝てしまうような状態であった。


オモラシはいまだ働いていず、もう1年以上たつ。
2017年の4月3日が最後の出社だった。
よく平気で1年以上遊んでいられるものだ、あの図太さ、自信っぷりには呆れるというより尊敬。
ワタクシは自分に自信がなく、いつもおびえてびくびくしている。
オモラシが本当にうらやましい。


母が入院した。
今はもう退院しているが、検査入院だった。
その検査がハードで、高熱だすわ食禁だわ水すら飲めないという状態で、毎日病院に通い、こっそり仕事をし、精神的にきつかった。
弟と相談して母には本当の結果は伏せよう、ふわっとだけ説明しておこう、ということにした。
母が通っている病院すべてに行き、病名をふんわりとだけ伝えてもらうように頭を下げてまわった。
父は放置。
父を放置できるようになっただけ、ワタクシ、成長したなと、今更だけど思った。


合間を縫ってこっそり仕事。
3月4月はありがたいことに仕事をまわしてもらえる時期、季節である。
ここでうっかり仕事を断ったりすれば、今後に影響してしまう。
体的にもメンタル面もちょっときつかったが、必死で働く。
無理やり栄養とって2キロ太る。
リポビタンとかユンケルとか、頼ってみる。

忙しいせいか、背中や腰が痛い。
整骨院にもマメに通う。
整骨院、効く、ありがたや。


さらに時間を見つけて、がん患者ボランティア。
これはワタクシがしなければいけないもの、したいもの。
今忙しいし、癌にかかわるのはメンタルもきついので、ほんとうにかかわりたい人にだけ会いに行く。


というわけで、いまだにクローゼットを開けると冬物がどっさり。
今日はこれを何とかしなければ。


忙しいここ1か月くらい、寝る前に毎日思ったことがある。

寝る前、ほんの数秒だけど。
あまりに疲れているせいか、横になると本当に数秒で寝る。
横にならなくても、座っているだけで寝た。

何を思ったかというと、「離婚しよう」
今更何度も思っているし、思ってるだけじゃん、と突っ込みを入れたくなっていたけど
忙しければ忙しいほど、考える余裕がなければないほど、一番やりたいことだけが浮かんでくる。

必死でこっそりお金ためなきゃ、
いくらあったら病気になったり再発したりしても、離婚して働けなくて収入がなくても、当面治療できて食べていけて生活できるだけかかるだろう、と
もうそればっか、頭の中をぐるぐる。

癌治療は高い。
次に再発や転移、新たに発覚したら、もうそれは死に向かっての治療になる。
治療というより、苦しまずにできる限り普通に生活をすることを目標に生きることになる。
アッというまに死ぬかもしれないし、意外と頑張るかもしれない。
いくらあればいいだろう。
とりあえず、今は必死に貯金。
それだけ頑張っておけば、それを頑張らなければ先に進まない。

母が死んだら、父が死んだら、相続できる小金もあるかもしれない。
もちろん両親はすべて弟に渡す気だろうし、いまから贈与がかからない金額を毎年弟名義にしているだろう。
でも、それでもワタクシは法定遺留分は絶対に主張して、自分のがん治療に充てたい。


あー、言いたいこととりあえず吐き出した。
読み返す気力もないので誤字脱字あるかも、もういいや、記録だ、記録、じぶんでわかりゃいい。


2018年4月12日10じ37ふん、
紅茶がぶ飲みしながら柿の種かじりながら。
どうして自分のためにはきちんとご飯を作らないんだろうワタクシ。
離婚したらきっと、全面的に買い食いだろうな。




2729. オモラシの近況2

オモラシに宅急便が届いた。

いそいそと開封するオモラシ。
見るとはなしに目に入ったのだが
『アラビア語』と書いてあるCDが出てきた。

アラビア語?
アラビア石油にでも入るのか?
何でアラビア語?
趣味か?


あー、趣味かも。
オモラシ、イスラム系のお話が大好きである。
ニュースとか、本とかよく読んでる。
イスラム教にもすごく詳しい。




暇持て余しているんだね、オモラシ。

とっとと働け。
昼間家にいないでくれ。


2728. オモラシの近況

相変わらず、家にいる。

職探しをしているように、あまり見えない。
探してはいるんだろうけど、かなりえり好みしている様子。
職安には月1で行っている様子。
すでに雇用保険を受給しているもよう。


さて、家にい続けるのでワタクシがチョコチョコ出かけるのが気に入らないオモラシ。

ワタクシは実際に病院に行ったり、プールでリハビリしたり、こっそり仕事したり、いろいろ。
それが気に入らないけど、言葉では文句は言わない。
態度に出す。


家にいるもんだから食事を作らないといけない、昼も。
作り置きして出かけると「冷めているものなんか食いたくない」とおっしゃる。
「冷めているものを食べるくらいなら作らなくていい!」と怒るので、昼にかけて出かけるときは本当にワタクシは作らなくなってしまった。
オモラシは自分で買ってきたカップラーメンとかレトルトカレーを食べている。
その方がいいのならそれを食べればいい、と思ったワタクシは、オモラシの態度に出る恫喝に屈することなく、ビビりながらも頑張って抵抗。


家に昼時いるときは簡単なものを作る。
この「簡単なもの」がオモラシは気に入らない。
ハムチーズトーストとか、チャーハンとか、気に入らないオモラシ。
しかし昼ごはんにそんな手のこんだものなんか作らない、絶対。
一度でも作っちゃったら終わりである。
それが「当然」になってしまう。

今日はもう面倒くさくて昼にキャベツ、卵、ベーコンでなんか作ろうと思い、一応オモラシに伝えた。
オモラシは「そんなもん食いたくない」と言うので
「私はこれが食べたいの」といい、厚切りベーコンとキャベツをソテーし、プレーンオムレツを添えた。
オモラシは「食いたくない」と言うので一人で食べ始めた。

するとオモラシ、空腹だったのか、それを食べ始めた。
よほど空腹だったのか。
文句を言えばワタクシがもっと手の込んだものを作ると思ったのか。

食べるには食べたけど、非常に機嫌が悪くなったオモラシ。



数時間後。
オモラシが鼻水をずるずるし始めた。
か、かぜ???
ワタクシはオモラシに風邪を持ち込まれるとえらいことになる。
この時点ではまだワタクシ黙っていた。

しばらくして「あー体調わりい」と言い出すオモラシ。
ワタクシ耐え切れず「風邪なの?」と聞いた。
するとオモラシは「風邪じゃない、花粉だ」と言う。
オモラシは花粉症ではない。
ワタクシは今期まだ花粉の症状は出ていない。

オモラシが風邪なら、ワタクシはうつらないように何とかしなければ。
また1ヶ月以上治らなくなり、点滴に通うことになったら恐怖。
本当にそれは困る。
オモラシは風邪を引いても3日で治るしいつでも元気だが、
ワタクシはそれをうつされると1ヶ月は治らないわ、仕事に差し障るわ、あれこれ支障をきたすわ……。
ワタクシは免疫力が非常に低く、体も弱く、とにかくやばいんである。
手洗いうがいマスクで必死に防御しているのに、家に持ち込まれたらアウトである。

小さく「風邪は困る」とつぶやいてしまうワタクシ。


その呟きがオモラシのスイッチを押してしまった。
「うぜえ」
「風邪じゃないって言ってるだろう」
頭から湯気を出し、自分のPCを音を立てて閉じ、自室に入っていった。


あーあ、怒ってるよ。
これ当分続くな〜。
まあ、オモラシが自室に入ってくれたことはありがたいが。


ワタクシはうかつに口も利けないんである。
北朝鮮か、ここは。
いつもいつもオモラシの顔色を伺い生活。



北朝鮮と言えば、将軍様の妹、こわっ。



オモラシのこういう態度を見るにつけ、
ワタクシは「絶対何とかするんだ。もう我慢なんかしないんだ」
という決意だけは新たにするのであった。


決意ばっかで全然前に進んでないけど、せいぜい数センチレベルの前進だけど、気持ちだけはどんどん固まって石になってるなー。



記事検索
Categories
livedoor プロフィール

waraeruwa

TagCloud
  • ライブドアブログ