冷静妻 浮気夫を観察日記

ついに精神病んじゃった人生迷いっぱなしの馬鹿妻による、オレ様への愚痴と生活の記録

2010年08月

826. 殺し屋といえば…

夫、以前買ったアイポッド、どうするんだろうと思っていたら自分で使用している。

会社の往復で使用している様子。



何を聴いているのかは知らないのだが。




先日、夫が帰宅して玄関に入ってきたところにちょうど出くわした。

で、びっくりした。

狙撃手が入ってきたのかと思った。

ス、スナイパー!?



夫、いまどき誰も出先では使用しないような巨大なヘッドフォンをつけていたのである。


ゴ、ゴルゴ13?????



ツタヤの視聴機のような頭からかぶる巨大なやつだ。




「あー、暑い!」


夫、忌々しそうにヘッドフォンを頭から剥ぎ取りテーブルに置いた。




そ、そりゃ、暑いであろう。
そんな巨大なイアーマッフルのようなヘッドフォン…。




何でそんな巨大なヘッドフォンつけてるの?
と聞きたかったが、口をききたくないのでやめておいた。




あんなヘッドフォンつけて電車に乗っている人、見たことない。
外を歩いている人だって、あんなヘッドフォンつけてない。

音を漏らしたくない、とかの世間様に配慮なさった上での行動なのであろうか。
しかし、いまどきのイヤホンは性能がいいから、そうそう音が漏れることはないであろうに。

車内で音楽を聴いている人はいっぱいいるが漏れ聞こえる音なんて感じたことないし。


恥ずかしくないのかな…。







825. 胃が破裂しそうなワタクシ 3

その翌日。


一晩胃もたれに苦しんだワタクシ。

持ち前の貧乏性が邪魔をし、お寿司を捨てられない。


とりあえず、いくらはきれいにすくい取り、遊びにきた近所の猫にあげた。


で。



残りのお寿司、傷んじゃっててやばいのかな〜と思いつつも、お昼にワタクシ、いただいた。

あたるかな〜。
あたったらどうしようかな〜。
まあ、それでもいいや〜。


で、いまんとこ何ともないので、あたらなかったようである。




夫の一瞬で空気を凍らせる技、どっかほかで有効に使えないものであろうか。

Vシネとかで、総会屋役とか上手にできそうだわ。

ぎゃんぎゃん吠える末端やくざじゃなくて、ちょっと上のほうのやくざとか。

冷酷な殺し屋とか。



824. 胃が破裂しそうなワタクシ 2

さて。


夕食は作らなくていいし、夫は出かけたし。

なんとなく自由な気持ちであったワタクシ。


しかし。



しか〜し。



時たま起こる恐怖の暴食がこのとき起きてしまったのであった。



兆候は朝からあった。

ジャンクなモノが食べたい。
硬いものをかじりたい。
そんな気持ちがどっかにあった。

だから夫のために昼食を作ったときに、わざわざ料理を作っているにもかかわらず作った料理は食べないでジャンクなモノをわざわざ作って食べてしまっていた。


夫がいない。
その開放感で、恐怖の暴食もなりを潜めるかと思いきや…。
逆!!!


買い物に行ったときに買ってしまっていたスナック菓子とおせんべいをおもむろに取り出し、食べてしまったのであった。


一口でやめておけばいいものを、一袋食べなくてはいけないのだ。

全部食べきらなくてはいけない。
残してはいけない。
全部食べきって初めて極楽浄土に行けるのだ。
涅槃はまだか。
ニルヴァーナはまだか。
この煩悩を吹き消してくれる穏やかな場所にいつたどり着けるのか。


というわけで、食欲で食べているのではないのである。
味覚で味わっているわけではないのである。


で、ワタクシはスナック菓子を一袋とせんべいを一袋、食べつくした。
気持ち悪いくらいお腹が苦しい。
口の中がしょっぱくてつらい。
お茶を飲んでもしょっぱさが消えない。


で。


今度は冷凍庫からアイスを取り出し貪り食ったのである。
2個も。
アイスは昼間2個食べているのに、さらにまたである。

で、ふたたび

涅槃はまだか。
ニルヴァーナはまだか。
この煩悩を吹き消して 以下同文……。



もうだめ。
もう死ぬ。

食べ過ぎて死ぬ。





満腹すぎて動けなくなりリビングで大の字になっていたら、11時に夫帰宅。


手に寿司の折り詰めを持っている。

ワタクシがスナック菓子なのに、夫はお寿司かあ〜。
とぼんやりそれを見ていたら、夫、それをワタクシの前にどん!と置いた。



「今夜中に食って。
食えないなら捨てて。
買ってからしばらく酒屋とか本屋とか歩き回ったから、だいぶ傷んでると思う。」


は?


「自分で食べるために買ったんじゃないの?」


「オレいっぱい食ってきたからもういいや。」



へ?


「私、アイスとかおせんべとかいろいろ食べちゃって、もうお腹いっぱ…。」


「じゃ、捨てれば。
あ、猫にやれば。(うちの近所には猫がいっぱいいる)」




捨てればって……。
そんな、もったいないじゃない。
でも、だいぶ傷んでるとか言ってるしなあ。
明日までもたないのかなあ。
猫にやればって…。
ワタクシがスナック菓子で近所の猫が折り詰めってのも、どうよ。


夫の手前、とりあえず中を見ないとまずいであろう。
夫が怒りだしそうだ。


折り詰めを開けるワタクシ。


!!!!!!



ワタクシ絶句。



開けたところ、いくらがびっしり敷き詰められているではないか!!!!


「なにこれ、誰かにもらったの?」

思わずそう聞いてしまったワタクシ。
夫が絶対注文しないであろうと思われれる中身を見て、もしかして誰かと一緒におすし屋さんに行って、お土産をもらったのかと思ったのだ。


するとその発言にむっとした夫、折り詰めをのぞいて、同じく絶句。



《説明》
なぜ絶句したかというと。
ワタクシ、いくらが苦手なんである。
おすしを頼むときはいくらを抜いてもらうのだ。
夫も寿司ネタの中ではいくらはあまり好きではないほうなので、夫もいくらを頼むことはない。
お寿司を持ち帰るときは必ずいくらは抜いてもらっている。



夫、びっくりしながらも
「あ、何も言わなかったからな…。」
とつぶやいていた。




いくらなんでもいくら丼〜???

そう思ってよく見ると、びっしり敷き詰められたいくらの下に、ほかの魚も隠れているではないか。
マグロとかイカとかひらめとか。


夫、どうやらバラチラシを頼んだようである。
で、おすし屋さんったら、もう閉店の時間だし、残っているいくらをサービスで乗っけちゃったのではないかと推察…。


さてどうしよう。
いくらさえどければ、とても美味しそうな折り詰め。

少しは手を付けないと夫は怒るだろう。



ワタクシ、お箸を持ってきていくらをよけてひと口ふた口、食べてみた。



で、本当に口をついてこんな言葉が飛び出しちゃったのだ。


「いくら大盛り特注って感じ〜。」




はい、ここで空気が変わりました!
一瞬で凍る空気。



夫、ワタクシをにらんで静かにひと言。
「そんなこと、するわけないじゃないか。」



ひいいいいいい〜!
ついうっかり、地雷踏んじゃった〜!!!


「そ、そんなことはわかっているわよ。
見た目の感想を言ったのよ。」


ワタクシも言い返す。
空気が変わっても絶対ビビらず言葉を返す、と固く心に誓ったのだ。


夫はワタクシへの嫌がらせのためにいくらを特注で大盛りにしたのではないかと疑われたと思って瞬間湯沸し器と化したのである。




とりあえず3口くらい食べて、冷蔵庫にしまった。



そして、胃散を飲んだけど、さっぱり消化は促進されず、一晩中苦しんだのであった。




823. 胃が破裂しそうなワタクシ

うう、胃がもたれる……。



昨日、ワタクシはとんでもない食生活を送ってしまった。




大いに反省。




朝食はメロンを食べた。
ここまではよかった。


昼食。
夫のためにはきちんと食事を作った。
ところが、ワタクシはご飯とかおかずとかのきちんとしたものが食べたくなかった。
無性にジャンクフードが食べたかった。
しかし、家にはそういうものがない。


で。


タコスを作ろうと思って買っておいたタコスの皮(ハードタイプ)を細かく割り、チーズをまぶしてオーブンで焼いた。

タコス8枚分をこのようにして食し、さらに冷凍庫からアイスクリームを取り出し2個食べた。
そして、食べ終わってから反省した。



ここまでも、まだよかった。



この時点で十分反省していたワタクシだったのに、その後、こんなものは序の口であったというようなとんでもない状態になっていく。



夕方、食材の買出しにスーパーへ出かけたワタクシ。

普段は絶対買わないようにしているお菓子売り場でおせんべいを買ってしまった。
やめようと思っても手が勝手におせんべいをかごに入れてしまう。

さらにアイスクリームも大量にかごに入れてしまう。
アイスは夫が大好きでよく食べているので、冷凍庫には欠かさないのだ。
夫のためには買っても、ワタクシは普段はそんなに食べないのだが。



で、スーパーから帰宅したらテーブルの上にメモ書きが。


『夕食いらない』




夫はワタクシが買い出しに行っている間に出かけた様子。
夕食は外で食べるからいらないということか。
じゃ、夕食作らなくていいんだ。
キッチン暑いから、夕食を作らなくていいのはありがたい。
冷蔵庫に食べるものはいっぱい残っているから、作らなくっても大丈夫。


夕食は作らなくていいし夫はいないし、あーよかった、と思ったワタクシ。


しかし、この後とんでもないことになっていく。



(続く)


822. やりすぎ?

最近リハビリに励んでいる。


ダイエットにもなることだし、プールでウォーキングを張り切ってやっていたら、ひざが痛い……。



張り切ってやっている、とはいっても、ストレッチを20分してからプールで1時間くらい歩くだけである。

多くても週3回くらいである。

運動が過ぎるというほどではないのだが。



リハビリやって古傷をさらに傷めてしまっては本末転倒。


ゆるゆるとやっていこう。


記事検索
Categories
livedoor プロフィール

waraeruwa

TagCloud
  • ライブドアブログ